地域から起こるこれからのワークライフスタイル探求プロジェクト

【コラム】地域と企業がともにつくるワークスタイルの未来とは?

2015年6月4日



【コラム】地域と企業がともにつくるワークスタイルの未来とは?

京都を訪問した第2回、そして山形・庄内を訪問した第3回、2つのフィールドワークでは現在広告会社で伝統工芸に関連したプロジェクトを展開するGO ONプロジェクトの各務(かがみ)亮さんと、元広告会社勤務で、現在は山伏を生業にする株式会社めぐるんの加藤丈晴さんに話を伺いました。

フィールドワークの2カ所目として訪れた京都の各務さんが「仕事のきっかけは“公私混同”」と話したように、「“自分のやりたいことを仕事にする“と自分ごと化され⇒それによって仕事に対してモチベーションが上がり⇒前向きに挑戦することでイノベーションも起きやすくなる」ということが対話を通じて理解できました。

また、加藤さんからは、都市と地域ではそれぞれで仕事をするにあたってのゴールが「都市=市場における1位のポジション獲得、地域=循環経済をまわす」とコメントをもらいました。それはつまり、働くうえでの目指す方向性が異なることで、そこで行う仕事もおのずと異なってくるという示唆が得られました。

続く、各務さんをゲストに迎えた第2回のダイアローグイベントでは「都会と地域の働く目的の違いを理解して、視点を変える」ことによって、新しいアイデアが生まれやすくなることがわかりました。

第2、3回フィールドワークと第2回イベントでの気づき
・仕事のきっかけは「公私混同」ではじまる?
・自身の足元(日本)に答えがある
・地域も変革を求めていて、よそ者にそのきっかけを期待している

上記の気づきをもとに、今回はプロジェクトの終盤に行った第4回のフィールドワーク、そして第3回のダイアローグイベントを振り返ります。

「地域のマイナス」をプラスに変える

4回目のフィールドワークは「地域と企業のこれからの関係性」を探すために、「ないものはない」というキャッチフレーズを掲げ、地域全体で活性化に取り組む島根県海士町を訪問しました。

tcolumn3-1
今回はフィールドワーク その4、ダイアローグイベント その3を実施しました

2008年に海士町に移住し、「持続可能な未来に向けて行動する人づくり」を目指す株式会社巡の環を起業した阿部裕志さんを中心として、移住のきっかけとなった方々や島の移住後に阿部さんと地域とつないだ自治体の方たちにインタビューを実施。阿部さんは時間をかけて海士町のことを地域の人から教えてもらい「学び上手」になることから地域になじみ、地域で関係性をつくってきました。

tcolumn3-2
株式会社巡の環 代表取締役 阿部裕志さん

また、7年をかけて海士町を見てきた経験から、これからの地域と企業の関係についての考えを伺うと「最先端の地域課題を資源と考え、新規ビジネス開発や実証実験の場」との答え。地域単独ではなく、企業ともに解決していければと話していました。第1回のゲストだったハバタクの丑田さんも同様のことを話しており、共通点を感じました。

tcolumn3-3
町民の方へのインタビュー風景

そして、東京に戻り、阿部さんをゲストに迎えて都市に住む40名の方とダイアローグを実施。今回の大きなテーマは「都市と地域、それぞれのワークスタイルの困りごと」です。私もテーマオーナーとして、参加者の方と一緒にダイアローグを行いました。

tcolumn3-4

今回のフィールドワークやイベントでの対話を通し「“地域で働く”という行為によって、新しいイノベーションが起きやすくなるかもしれない」という仮説がわき上がってきました。それはつまり、地域と都会の両方で働き、お互いの気づきをそれぞれに持ちこみ新しい価値を生む「兼業会社員」という働き方です。

今回のワークスタイル 2つの気づき
今回のフィールドワークとイベントを通じて「地域と企業のこれからの関係性」が見えてきました。

・地域の課題を「資源」と考え、企業とともに解決法を探る。企業はそこから出たアイデアを新しいビジネスのシーズとして社会に還元していくことができるのではないか
・地域と都会の両方で働き、お互いの気づきをそれぞれに持ちこむ「兼業会社員」がこれからの新しい働き方の指針になるのではないか

この振り返りでフィールドワークとイベントが全て終了しました。これまでの活動を通じた気づきから、新しいワークスタイルの姿をさらに深堀りします。地域と都市での新しい働き方を探った今回の調査研究を振り返り、いったい何が得られたのか、プロジェクトメンバーによるまとめは後日こちらでお伝えします。お楽しみに。


【コラム】地域と企業がともにつくるワークスタイルの未来とは?

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!


活動報告目次


Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ