UXで考えてみるプロジェクトー私たちの生活と伝統工芸の関係性ー

【UXで考える伝統工芸6】平木さんと考える、UX THINKING PROJECTのこれから(後編)

2016年7月22日



【UXで考える伝統工芸6】平木さんと考える、UX THINKING PROJECTのこれから(後編)

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。
「UXの力で伝統工芸の新たな価値を生み出し、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしたい」——。染元平木屋さんと富士通のUXチームがはじめたこの挑戦、約半年のプロジェクト期間を経て、メンバーにはさまざまな展望が見えてきています。前回に引き続き、最終回となる今回は、プロジェクトのその後をご紹介します。

【UXで考える伝統工芸5】平木さんに聞く、UX起点で得られた気づきとは?(前編)

職人でありながらコンセプトを描けることの重要性

岡田一志(以下、岡田) UX THINKING PROJECTからは、新たな発見はもちろんのこと、プロジェクトをこなしてきたからこそ見えてきた多くの反省点が浮かんできました。

個人的によかったのは、ユーザーのニーズに対する本染めの価値が見えてきたこと、本染めという技法自体にぼかしなどの秘めた可能性があったこと。改善点としては、製品化に向けた検討が足りなかったこと(特に販売方法)があったと考えています。

最後に、プロジェクトの今後について伺います。まず、今回の取り組みで生まれた成果物は今後も販売を検討していくのでしょうか。

平木良尚(以下、平木) 鯉のぼりは、これまで平木屋が注文を受けてきたのぼりと同様、注文があれば販売します。また、今回つくったいくつかの鯉のぼりは、保育園に置いてもらいました。親御さんや子どもと触れる機会が増えて、来年に注文してくれるとうれしいですね。

カップスリーブは、仕立ての細かさや本染めにかかる費用から、そのまま売るのは難しい。しかし、生活で触れるものを置き換える、という現代における新たな価値がわかったので、テーブルセンターのように染める面積が大きく仕立てもシンプルなものに置き換えて検討していきたいと考えています。

卓上の屏風については、そのまま販売してもいいですし、布の自立や「ぼかし」という本染めの秘めた可能性を活かして、ランプシェードもつくってみたいと考えています。

横田洋輔(以下、横田) ユーザー(消費者)は、触れる機会さえあれば、素直に本染めの良さをわかってくれる。これまでにないようなアイデアを変に考え過ぎず、シンプルに本染めの良さを伝えればよいと気づけたのは1つのポイントですね。

カップスリーブについても、コーヒーの染みができる(汚れる)ほど愛着が出る、という価値は布製品のイメージを変えるものだと思います。どちらかというと皮製品に近い。柿渋染めのこの価値は色々なものに活かせそうです。

岡田 今回のプロジェクトで得たこれらのヒントを活かして、今後も試行錯誤していく必要がありますね。売り方についてはいかがでしょうか。伝統工芸は付加価値をつけて高く売るものでしょうか。

平木 必ずしもそうは思いません。たとえば、神社ののぼりは平木屋でつくるのがいちばん理にかなっています。そこには実利があります。これまでの平木屋は伝統工芸品をつくっているとは思っていません。実用的工芸品をつくってきたと考えています。今後も平木屋は実利のあるものをつくっていきたい。

横田 一般的には伝統工芸は、伝統工芸品を捉えがちです。やはり本染めは伝統技法。その捉え方の違いかもしれません。

平木 職人はお客さまの要望を高い技術力を持って実現する人だと考えています。しかし、それだけでは生き残れません。このプロジェクトを通じて売り方、見せ方がとても大切だと感じました。本染めの染物は実際に見ないと売れないことがわかった。本染めに触れる機会を増やす努力をしていくことが大切だと思います。
ux6_01_3 「ふだん出会えないユーザーと触れることで得られる気づきは大きかった」と平木さん(写真中央右)は話す
岡田 最後の質問になります。本染めに触れる機会を増やすために、具体的に何か考えていることなど、今後の展望について聞かせてください。

平木 直近の目標としては、平木屋の店舗にギャラリー兼カフェをつくりたいと考えています。そこには、今回のプロジェクトで制作したのぼり型の鯉のぼりなどを置きたいですね。また、これまで平木屋にのれんなどを注文していただいたご贔屓のお店にも置いて、接点を増やしていきたいと考えています。今回のプロジェクトで平木屋の認知が上がったように、これからも本染めで染めたものを地道にWebサイトに公開していくことも大事ですね。

将来的には、コアなファンがいる少し変わった染元になりたい。そこには、話し好きな職人がいる。そして、平木屋がつくったものをユーザーの方が周りに講釈を語り、SNSなどを通して自慢してほしい。自慢するところまでのUXを考えていきたい。そして、何年経っても、金沢の片町にある平木屋で買ったんだと言われるような染元でありたいです。
現在の平木屋は工房。時折、観光客が訪れる
現在の平木屋は工房。時折、観光客が訪れる

平木 今回、UXを起点に考えてみて、気づくこともたくさんありました。むしろ、家を継ぐ前の私はUXを考えるほうに近かったのですが(編集部注:平木さんはデザイン経営学を学生時代に専攻)、修行を重ねるうちに、職人の目線になっていた。職人はどうしても実現性からものづくりを行います。どちらが正しいわけではない、どちらも大切なことです。今回、第三者としてUXチームに入ってもらってよかったと思います。

岡田 富士通のUXアプローチもユーザーの目線だけではなく、エンジニアの目線で実現性を確認することを大切にしています。そのなかで一度、理想的なコンセプトを描くことが大切だと考えています。そのうえで実現性を踏まえて製品に落とし込む。この取り組みもここで終わってはダメ。平木屋の製品としてより良いものにブラッシュアップし、職人とユーザーの接点も増やしながら、本染めが身近にある生活を実現していきましょう。

おわりに -編集後記-

全6回にわたり「UX THINKIG PROJECT #1 伝統工芸を考える」をご覧いただき、ありがとうございました。プロジェクトもいったんの区切りを迎え、半年にわたる連載もここで終了します。

今回のプロジェクトの目的は、UXで考えてみることで本染めの新たな価値を生み出すこと。今回生まれた3つの成果物が、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしていくかどうかはまだわかりません。しかし、本染めを知らない若者や都心に住む人々と、本染め(職人)とのこれからの関係性のあるべき姿について、兆しが見えてきたのではないでしょうか。

今後、平木さんを中心に、今回のプロジェクトで得た本染めの新たな可能性を活かして、実用的工芸品へのピボット、新たな売り方を検討していきます。もちろん私たちもご支援しながら、です。引き続き、染元平木屋、UX THINKING PROJECTを応援いただければ幸いです。

私たち富士通のUXチームとっては、UXデザインプロセスの可能性を検証するためにはじめたこの挑戦でしたが、やってみると四苦八苦。クラウドファンディングは適切なタイミングだったのか、売り方を含めた顧客体験全体を検討しても良かったのではないか、など、課題も多くありました。

しかし、UXを起点としたアイデア創出のワークショップやプロトタイプによるユーザー評価など、UXで考えてみることは、ICTに限らず新たな価値を生み出すことができると実感しています。今後も、今回のプロジェクトで得た学び、課題をクリアにしながら挑戦を続けていきます。

最後に。もし、新たなプロダクトやサービス、システムの企画・開発に挑戦したいと考えている方がいらっしゃれば、私たち富士通のUXメンバーにお声掛けください。ユーザーの気持ちを大切にしながら、新たな価値をあなたとともにつくり上げていきますよ!

本プロジェクトメンバーへのお問い合わせは、あしたのコミュニティーラボのFacebookページからメッセージをお寄せください。ご連絡、お待ちしております。

【UXで考える伝統工芸5】平木さんに聞く、UX起点で得られた気づきとは?(前編)


【UXで考える伝統工芸6】平木さんと考える、UX THINKING PROJECTのこれから(後編)

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!



Lab



  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ