歯からQOL向上を目指す予防歯科プロジェクト

【予防歯科プロジェクト】ついに、自分でも知らなかった「歯のリスク」が明らかに!? ──“予防歯科”を歯医者さんで体験してみた(後編)

2017年3月17日



【予防歯科プロジェクト】ついに、自分でも知らなかった「歯のリスク」が明らかに!? ──“予防歯科”を歯医者さんで体験してみた(後編)

歯や口腔内の環境は人によってまったく違うもの。だから、それぞれに合った対処をしなければ、根本的にむし歯はなくせません。むし歯になったら駆け込む”のではなく“一生、自分の歯で過ごすために通う”という「予防歯科」。歯科受診は3、4年ぶりという「あしたのコミュニティーラボ」編集部スタッフの浜田さんによる、“予防歯科初体験記”。むし歯を防ぐ「予防歯科」の考え方に触れた前編を経て、後編ではいよいよ浜田さんの検査結果が告げられます。受診を通じて、どんな気づきが得られたのでしょうか?

【予防歯科プロジェクト】むし歯にならないための診療とは? ——“予防歯科”を歯医者さんで体験してみた(前編)

気になる検査結果は?

いよいよ、わたしの検査の結果を教えてもらいました。

ドキドキしましたが、結果は良好。「唾液の量は充分で、歯を守る力が強い」との評価をもらいました。ちょっとうれしい。

同時に、レントゲン写真の見方についても詳しく教えていただきました。正常な状態と、むし歯や歯周病になった状態では、どのような違いとして表れるか。銀歯にしたり神経を治療した跡がどんなふうに見えるか。自分の写真を見ながら説明されると一目瞭然です。説明を受けながら、自分の歯に対する興味と関心がふつふつと湧き起こってきました。

花岡さんは、さまざまなたとえを交えながら、わかりやすく丁寧に検査結果を伝えてくれました
歯科衛生士の花岡さんは、さまざまなたとえを交えながら、わかりやすく丁寧に検査結果を伝えてくれました

レントゲンの結果、自分では取れない歯石がこびりついているのがハッキリわかりました。幸いむし歯はありませんでしたが、神経を抜いている歯があるとわかり、驚きました! ぜんぜん記憶にない。「胃を摘出した人がいたら、きっと年月日まで答えられます。でも『歯を抜いたのはいつ?』と聞かれても答えられない人がほとんど」と花岡さん。まさにわたしのことです……。

検査結果を受けてうれしかったのはむし歯の原因菌がゼロだったこと! さらに、唾液の状態、飲食回数(朝昼晩と、たまにおやつの4回)もセーフでした。逆に赤信号が灯ったのは、むし歯の経験(過去6本)、プラーク(細菌)蓄積量、フッ素の使用状況。

むし歯の原因菌がほとんどいないという、いい結果でした!
むし歯の原因菌がほとんどいないという、いい結果でした!

先ほどの「蛇口とバケツ」(前編参照)にたとえると、わたしのバケツは大きくて水もそれほど溜まっていないとのことです。

検査結果はどこからでも確認できる

最初に登録した「歯科患者向けクラウドサービス」には検査やメンテナンス、治療のデータがアップロードされ、歯科から帰ってからも見られます。

クラウドに保存された検査結果は、スマホでどこでも確認できます
クラウドに保存された検査結果は、スマホでどこでも確認できます

その都度、検査結果を紙で渡されてもきっと失くしてしまうので、クラウドに履歴が蓄積されるのはありがたいと思います。将来、治療が必要になったときは役立つはずです。しかも、引っ越しなどで同じ病院に通えなくなっても、引越し先に予防歯科医が見つかればデータを引き継いで治療してもらうことが可能です。いつでもどこでもスマートフォンからアクセスできるので、普段から口腔内の健康を意識するきっかけにもなるかもしれません。

歯磨きで口内環境を改善

3日目には、検査結果を踏まえたケアの方法を教えてもらいます。わたしの場合、口内環境改善への近道は「フッ素の塗布」でした。フッ素配合の練り歯磨きを勧められました。

驚いたのはその使い方です。磨いて泡を吐き出した後は、おちょこに半分くらいのごく少量の水を口に含んで約10秒ゆすぐだけ。歯全体に行き渡ったフッ素を洗い流さず、ふんわり残して定着させるためだと教えてもらいました。

わたしの場合、むし歯にならない可能性を29%から71%まで劇的に向上できるそうです
わたしの場合、むし歯にならない可能性を29%から71%(左図)まで向上できるそうです

花岡さんいわく、わたしの口のなかは、「細菌もゼロで唾液の量も多く、歯を守る力が強い」とのこと。「フッ素配合練り歯磨きで、少量水の1回ゆすぎを1年続ければ、むし歯にならない可能性が今の29%から71%へ劇的に向上します」と励まされました。

「歯の出血」にも危機感を

また、「歯周病」についても教えてもらいました。日本人の30代ではなんと8割が歯周病にかかっているんだそうです。でも気づいている人は少ないのだとか。その歯周病のサインの1つが歯茎からの出血。「手足から血が出ていたら『なんで?』とびっくりするのに、歯茎から血が出てもあまり驚かないのは変だと思いません?」との花岡さんの言葉に、思わずうなずいてしまいました。

歯茎から血が出てもあまり驚かないのは変だと思いませんか?
歯茎から血が出てもあまり驚かないのは変だと思いませんか?

細菌がくっつきやすい汚れの膜を「バイオフィルム」というそうで、その量も歯周病のサインの1つです。わかりやすくたとえると、洗面所の排水溝などに付着する“ドロドロ”もバイオフィルムの一種。要するにこれと同様のものが口腔内にあって(!)、時間が経つと歯石がこびりついてしまうんだそうです。院長の畑慎太郎先生は「ドブ掃除」という言葉で説明をされていました。イメージにしっくりくる、納得のたとえでした。

食後すぐの歯磨きは歯に悪い!?

通院中、衛生士の花岡さんからは、わたしの歯に合わせた指導をたくさん受けました。なかでも特に驚いたのは、食後すぐの歯を、ブラシでゴシゴシこするはやめたほうがいいということ。今まで、食べたらすぐ磨くほうがいいとばかり思っていたのですが……。

その理由は、以前教えてもらった「脱灰」と「再石灰化」のせい。食事によって口腔内が酸性に傾き、歯のミネラル分が排出される「脱灰」が起こってから、唾液の力でミネラルを補い中性に戻す「再石灰化」までは、正常に働いても30〜40分かかるそう。それまでの間は、むしろ歯の表面が脆くなっているんだそうです。

人の歯は食事をするごとに脱灰と再石灰化を繰り返しています
人の歯は食事をするごとに脱灰と再石灰化を繰り返しています

間食をダラダラ食べ続けたり、甘い飲み物をちびちび飲まないほうがいいというのも、思ってもみなかった意外なアドバイスでした。驚きだけでなく、理由が明確で、納得感が高いことも印象的でした。

歯と歯の間、歯茎と歯の間は歯ブラシでは磨ききれません。検査薬で調べたら、わたしも磨き残しがたくさんありました。

そこで、デンタルフロスの正しいやり方を教えてもらいました。自分の歯にぴったりフィットできるので、ホルダータイプのものより指に巻いて使うタイプのものがお勧めだそうです。夜寝る前にフロスをかけて、汚れを落としてから歯磨きをするのがいい、と教わりました。

指に巻いて使うタイプのデンタルフロスがお勧めだそうです
指に巻いて使うタイプのデンタルフロスがお勧めだそうです

レントゲン写真で見ると、歯と歯茎の間にトゲトゲの小さい異物があるのがハッキリわかりました。これは長い時間をかけてこびりついた歯石です。機械による洗浄では落とせず、手による「土木作業」で除去しました。

以上で、初回から3度にわたる予防歯科体験は終了。今後は2、3回に分けて歯石クリーンニングの処置が続き、その後メンテナンスに移行するんだそうです。

“オーダーメイド”な予防歯科は新たな選択肢になる

自宅に帰って、花岡さんに教わったとおりにデンタルフロスをやってみたら、汚れがたくさん取れました。スッキリして気持ちも良かったです。

歯磨き後のゆすぎは「おちょこに半分くらいの水で1回だけ」と聞いたときは、泡が口に残ってむしろ気持ち悪いのではないかと心配でした。でも花岡さんお勧めの味の残らないマイルドな練り歯磨きを使ってみたら、まったく気持ち悪さは感じませんでした。

体験受診してみて思ったのは、予防歯科は「自分も知らない自分のことを教えてくれるところ」だということです。持って生まれたわたしの特性や今のクセ・習慣、そして少し先の未来に起こるかもしれないことを教えてくれる場所です。マンツーマンのメイク指導や漢方の処方など「既成のものではなく、自分にあったことをしたい」という思いを持つ人たちには特にフィッットするのではと感じます。予防歯科も1つのオーダーメイドなので、周りの人にも勧めたいと思いました。

いろんな人に「予防歯科に行ったんだけど」と意識的に話してみたら、たいていの人は興味をもってくれました。意外な発見だったのは、定期的に歯のメンテナンスに通っている人が身近にいたことです。その人は予防歯科について熱く語ってくれました。ふだんはそんな話はしないのに──。きっと予防歯科の潜在的なニーズは高いに違いない、そう感じました。

歯科のようすアップルデンタルセンターのみなさんと

歯を大切にすることは、自分の体丸ごとを大切にすること、向き合うことにつながると思います。あわただしい毎日のなかでは、ついつい忘れがちになってしまいますが、わたしもこれから花岡さんに教えてもらった自分にあった対処をしっかり習慣に取り入れて、口のなかから健康を保っていきたいです。

【予防歯科プロジェクト】むし歯にならないための診療とは? ————“予防歯科”を歯医者さんで体験してみた(前編)


【予防歯科プロジェクト】ついに、自分でも知らなかった「歯のリスク」が明らかに!? ──“予防歯科”を歯医者さんで体験してみた(後編)

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!


活動報告目次


Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ