Columns
あしたのコミュニティーラボ編集部のコラムをはじめ、ちょっと一息つける連載記事を更新中。
肩の力を抜いてご覧ください。

あしたのコミュニティーラボ これまでのあゆみ

2017年01月20日



あしたのコミュニティーラボ これまでのあゆみ | あしたのコミュニティーラボ
「豊かな社会」のあり方を見つめてきた〈あしたのコミュニティーラボ〉も、2017年にはオープン5周年を迎えます。これを記念して、〈あしたのコミュニティーラボ〉がたどってきたこれまでのあゆみを、1つの表にまとめてみました。詳細は、各リンクからご覧ください。

あしたのコミュニティーラボ年表
2012年 4月 ▼ サイトオープン
ラボのはじまり ICTに秘められた可能性とは?
8月 ▼ 【特集】豊かな社会を考える
初の特集では、「豊かな社会」について考えを深めました。
9月 ▼ 【特集】「学び」の場で、つながるもの。
未来社会への具体的なアプローチとして、これからの「学び」について特集しました。
11月 ▼ 【特集】豊かな働き方を求めて
変化する「働き方」から、生き方の多様性を考えました。
2013年 1月 ▼ 【特集】豊かな社会をつくる:ものづくり
1人でつくるから「みんなでつくる」へ。新しい時代のものづくりについて特集しました。
4月 ▼ 【特集】豊かな社会をつくる:みんなでまちを元気に!
人任せにはもうしない、「参加」と「協働」による「地域づくり」について特集しました。
6月 ▼ 【特集】「あしたのコミュニティーラボ」1周年記念:社会を動かす「共創」
これからの未来を築くためのキーワード「共創」。社会への広がりを特集しました。
9月 ▼ 【特集】ソーシャルファブリケーションがもたらす未来
個人的なものづくりにとどまらない、“社会を巻き込んだものづくり”を特集しました。
11月 ▼ 【特集】社会課題を「仕事」に変える
社会課題とビジネスをどう成立させるか、先進的な取り組みを特集しました。
2014年 3月 ▼ 【特集】“健康”が社会を豊かにする?
1人ひとりのQOL向上によって、どのような豊かさが得られるかを特集しました。
6月 ▼ 【特集】東北に学ぶ、地域活性の実践モデル
東北で行われている、地域ならではの地域活性化の先進的な取り組みを特集しました。
11月 ▼ 【特集】未来が生まれる場所をつくる
新しい価値を生み出すための“場づくり”にフォーカスした特集を展開しています。
2015年 3月 ▼ 【特集】地域を地域資源で変える、次の一手
地域資源を編集し、どう新しい価値を地域にもたらすか、先進的な取り組みを特集しました。
6月 ▼ 【特集】21世紀のこれからを生きるための“学び”とは?
社会を変える、学びとは何か。社会課題解決を目指す学びを特集しました。
9月 ▼ 【特集】モノの価値を高める、つながりの“結い方”
コミュニティーから生まれるものづくりにフォーカスした特集を展開しています。
2016年 2月 ▼ 【特集】社会課題は誰が解決するのか?
社会課題解決のアクションを継続・拡大するため企業がどのようなアプローチができるのかを特集しました。
5月 ▼ 【特集】多様な働き方から、イノベーションは生まれる?
個人の働き方がイノベーションを起こす? 先進的な取り組みを特集しました。
8月 ▼ 【特集】“変革”なしに社会課題は解決し得ない
“社会課題解決に取り組み続けるための変革”をキーワードに特集を展開しています。


※各項目をクリックすると詳細へ飛びます。

2012年 4月

▼ サイトオープン

ラボのはじまり ICTに秘められた可能性とは?

2012年4月、富士通株式会社の上嶋裕和常務(当時)と、株式会社インフォバーンの小林弘人代表取締役CEOの対談から、〈あしたのコミュニティーラボ〉はスタートしました。
初期の記事は、さまざまな識者へのインタビュー記事が中心。ICTを利用して「豊かな社会」をつくっていくためのさまざまなヒントを示していただきました。また、ICTを利用した未来社会の創造をテーマとした「富士通フォーラム」のセミナーレポートもお届けしました。

<対談>
ICTは人に寄り添う時代へ(富士通上嶋裕和常務(当時)×インフォバーン小林弘人代表取締役CEO)
http://www.ashita-lab.jp/special/18/

<インタビュー>
ソーシャル時代のコミュニケーションのために(ループス・コミュニケーションズ斎藤徹代表取締役)
http://www.ashita-lab.jp/special/23/

<インタビュー>
本質を見据え、社会に貢献する企業活動を(Think the Earth上田壮一理事)
http://www.ashita-lab.jp/special/27/

<インタビュー>
「人」への共感が示すソーシャルメディアの可能性(コミュニケーション・ディレクター佐藤尚之さん)
http://www.ashita-lab.jp/special/43/

<インタビュー>
日本人の「おもてなし」は、世界基準のサービスを生み出す(パーソナルコーチ上田比呂志さん)
http://www.ashita-lab.jp/special/46/

<インタビュー>
「ホンマ」が生み出すこれからのビジネス ~アドボカシー・マーケティングの発想~(エイチ・アイ・エス山岡隆志事業開発室長)
http://www.ashita-lab.jp/special/224/

<イベントレポート>
【富士通フォーラム2012 セミナーレポート】人・企業・社会を取り巻く変化をいかに捉えるか? 豊かで夢のある未来社会について、視聴者・来場者も参加し議論を展開。
http://www.ashita-lab.jp/special/50/

2012年 8月

▼ 【特集】豊かな社会を考える

初特集 「豊かな社会」を考える

(提供:虎岩雅明さん)

2012年8月からは、「特集」形式でのコンテンツ展開がスタート。最初のテーマは、ずばり「豊かな社会を考える」。〈あしたのコミュニティーラボ〉のテーマでもある「豊かさ」を多様な視点から見つめる旅が、ここからはじまりました。

●【特集】豊かな社会を考える
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2012_08/

<座談会概要>
日本の豊かさのゆくえ ~この時代に何を選択するか~
http://www.ashita-lab.jp/special/294/

<座談会レポート>
「日本の豊かさのゆくえ 〜この時代に何を選択するか〜」座談会レポート
http://www.ashita-lab.jp/special/432/

<インタビュー>
つながれば、ぼろ儲け!? 山崎亮が語るコミュニティーデザインという仕事。
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/385/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/410/

<事例>
「あと一押し」の元気をもたらすWebサービス 地域SNS「あみっぴぃ」(千葉県千葉市)
http://www.ashita-lab.jp/special/359/

<事例>
「おきゃくに行こうよ!」が若者の合言葉に イベント「土佐のおきゃく」(高知県高知市)
http://www.ashita-lab.jp/special/393/

2012年 9月

▼ 【特集】「学び」の場で、つながるもの。

未来社会への具体的な切り口 次世代の人材をつくる「学び」

(提供:堀達司さん)

「豊かな社会」についての考えを深めたあとは、具体的なテーマに基づく特集を展開しています。
まずは「教育」。学び続ける大人と将来を担う子どもたち、それぞれの今とこれからの「学びの場」を取り上げました。

●【特集】「学び」の場で、つながるもの。
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2012_09/

<イベント概要>
これからの「教える」と「学ぶ」を考えよう!「学び」の場で、つながるもの。
http://www.ashita-lab.jp/special/453/

<イベントレポート>
「これからの「教える」と「学ぶ」を考えよう! 「学び」の場で、つながるもの。」座談会レポート
http://www.ashita-lab.jp/special/515/

<インタビュー>
五大陸で、チャンスに火をつけろ! 学びから世界を変える大学生・税所篤快の挑戦
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/486/
(下) http://www.ashita-lab.jp/special/501/

<事例>
ICTの活用で、学校を「学び合う場」に
http://www.ashita-lab.jp/special/539/

<事例>
Webに渦巻く「やる気のかたまり」で学ぶ
——「情熱増幅装置」としてのオープンエデュケーション
http://www.ashita-lab.jp/special/550/

2012年 11月

▼ 【特集】豊かな働き方を求めて

「働き方」から考える、生き方の多様性

「教育」に続くテーマは、「働き方」。人生の大半を占める働く時間をいかに豊かにするか。働くうえでのコミュニケーションから、多様化する働き方を見つめました。

●【特集】豊かな働き方を求めて
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/1301-2/

<イベント概要>
理想の働き方のために。~コミュニケーションから「シゴト」を考える。~
http://www.ashita-lab.jp/special/593/

<イベントレポート>
働くってどういうこと? 「コミュニケーションから理想の働き方を考える」イベントレポート
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/651/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/657/

<インタビュー>
「働きがいのある会社」にするために僕が実施した3つのカイゼン
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/598/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/610/

<事例>
社外で働く人たちは日本に1300万人!?——もう他人事ではない「テレワーク」という働き方
http://www.ashita-lab.jp/special/617/

<事例>
四国の山里で働くという選択——IT企業が惹きつけられる町・徳島県神山町
http://www.ashita-lab.jp/special/637/

<書評>
2025年、あなたはどこでどう働いている? リンダ・グラットン『ワーク・シフト』をめぐって
http://www.ashita-lab.jp/special/581/

<スピンオフイベント概要>
2/15(金)「ICTが実現するワークスタイル」について考えよう!「ソフトウエアジャパン2013」内にてトークセッションイベントを開催します!!
http://www.ashita-lab.jp/special/760/

<スピンオフイベントレポート>
企業は社員に何を支援できる?「近未来のワークスタイル」イベントレポート
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/807/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/822/

2013年 1月

▼ 【特集】豊かな社会をつくる:ものづくり

「ひとりでつくる」から「みんなでつくる」へ 新しい時代のものづくり

(提供:FabLab Kamakura)

3つ目のテーマは「ものづくり」。21世紀の産業革命ともいわれる「MAKERS」ムーブメントを手がかりに、日本のものづくりのこれからについて考えました。

●【特集】豊かな社会をつくる:ものづくり
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2013_01/

<イベント概要>
企業が『MAKERS』から学ぶこと ~共創がもたらすものづくりを考える~
http://www.ashita-lab.jp/special/786/

<イベントレポート>
企業が『MAKERS』から学ぶこと イベントレポート
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/838/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/848/

<インタビュー>
社会に接続するDIY——ソーシャルネットワークからソーシャルファブリケーションへ:田中浩也インタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/717/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/730/

<事例>
ものづくりがつなぐ、地域コミュニティー——ファブラボ鎌倉(FabLab Kamakura)
http://www.ashita-lab.jp/special/741/

<事例>
愛好家とメーカーが共創したビール「百人のキセキ」——「百人ビール・ラボ」
http://www.ashita-lab.jp/special/768/

<書評>
ウェブでの「共創」から始まる21世紀の産業革命 クリス・アンダーソン『MAKERS』を読む
http://www.ashita-lab.jp/special/693/

2013年 4月

▼ 【特集】豊かな社会をつくる:みんなでまちを元気に!

人任せにはもうしない 「参加」と「協働」による「地域づくり」

(提供:松戸まちづくり会議)

これまで自治体や一部の有志に委ねられていたコミュニティーづくりは今、市民が自ら参加する動きへと変貌を遂げています。「参加」「協働」をテーマにした新しい地域づくりを特集しました。

●【特集】豊かな社会をつくる:みんなでまちを元気に!
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/special_archives2013_06/

<イベント概要>
理想の働き方のために。コミュニケーションから「シゴト」を考える。
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/593/

<イベントレポート>
地域コミュニティーの先進事例から学ぶ——人と社会を動かす コミュニケーションのヒント
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1004/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1016/

<インタビュー>
あなたの暮らしがガラリと変わる!?オープンデータの今——庄司昌彦インタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/873/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/898/

<事例>
松江に行けば優秀なエンジニアに出会える——Ruby City MATSUE Project
http://www.ashita-lab.jp/special/925/

<事例>
オープンデータ発、鯖江から世界へ——データシティ鯖江
http://www.ashita-lab.jp/special/957/

<事例>
面倒くさいことを楽しむ? 新旧市民の共創による「クリエイティブな自治区」──MAD City(千葉県松戸市)
http://www.ashita-lab.jp/special/980/

2013年 6月

▼ 【特集】「あしたのコミュニティーラボ」1周年記念:社会を動かす「共創」

そして「共創」へ あしたの〈あしたのコミュニティーラボ〉

人や組織がオープンにかかわり新たな価値を生み出す「共創」はそのアプローチを変えながら社会へ広がっています。日本各地に根づきつつある新しい「共創」の取り組みを特集しました。

●【特集】「あしたのコミュニティーラボ」1周年記念 社会を動かす「共創」
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2013_07/

<イベント概要>
【1周年記念イベント】7/5(金)東京・二子玉川で「社会を動かす“共創”」を語ろう
http://www.ashita-lab.jp/special/1042/

<イベントレポート>
1周年記念イベントレポート 「社会を動かす“共創”」を考える
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1239/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1240/

<インタビュー>
今、広がる「共創」と〈あしたラボ〉の未来
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1065/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1068/

<事例>
体験ルポ “共創”の現場をゆく
——ファブラボ鎌倉(FabLab Kamakura)で「MAKERS」への第一歩!
http://www.ashita-lab.jp/special/1145/

<事例>
体験ルポ 共創の現場をゆく——
みんなで一緒に「未来に良いこと」しよう!「AQUA SOCIAL FES!! 2013」
http://www.ashita-lab.jp/special/1175/

<事例>
体験ルポ 共創の現場をゆく——観光クラウド「Myルートガイド」で青森を楽しむ!
http://www.ashita-lab.jp/special/1203/

2013年 9月

▼ 【特集】ソーシャルファブリケーションがもたらす未来

パーソナルファブリケーションにとどまらない、社会を巻き込んだ“ものづくり”

社会にその価値を共有しようとするものづくりの考え方をあしたのコミュニティーラボは「ソーシャルファブリケーション」と位置づけました。個人的なものづくりにとどまらない、新しいものづくりの形を探った特集です。

●【特集】ソーシャルファブリケーションがもたらす未来
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2013_09/

<イベント概要>
【日本ファブラボ会議2013】8/30(金)東京・六本木で「Fabの未来」を語ろう
http://www.ashita-lab.jp/special/1277/

<イベントレポート>
「日本ファブラボ会議2013」イベントレポート——第1部「ファブラボのいま」
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1404/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1405/

<イベントレポート>
「日本ファブラボ会議2013」イベントレポート——第2部「あしたのFabのカタチ」
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1406/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1407/

<インタビュー>
ものづくりは、社会課題を解決できる——義足エンジニア・遠藤謙インタビュー
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/1382/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/1389/

<事例>
移動型ファブラボでものづくりを楽しむ子どもたち——「FabFes」in いわき市立平第四小学校
http://www.ashita-lab.jp/special/1307/

<事例>
鹿児島の茶畑を変えたパーソナルファブリケーション——プロジェクト「カモ」の挑戦
http://www.ashita-lab.jp/special/1326/

<事例>
Scratch(スクラッチ)がもたらすクリエイティブな学びのサイクル——プログラミング学習の可能性
http://www.ashita-lab.jp/special/1352/

<事例>
あしたのコラム【第16回】音を楽しむ ~Fab9の取材から~
http://www.ashita-lab.jp/special/1376/

<事例>
原理と現場をつなぐ、大切さを伝えたい——釧路高専「カモ」ワークショップ
http://www.ashita-lab.jp/special/1472/

2013年 11月

▼ 【特集】社会課題を「仕事」に変える

“よいこと”を継続していくための仕事、しくみづくり

社会貢献から「ソーシャルイノベーション」へ。課題解決するための参加者の範囲が広がり、さらにより主体的に、周りを巻き込む動きへと変化しています。継続するために、ビジネスとして成り立たせるための先進的な取り組みを行う方々を特集しました。

●【特集】社会課題を「仕事」に変える
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2013_11/

<イベント概要>
【Tokyo Work Design Week 2013】「社会をよくする仕事」の可能性について語ろう
http://www.ashita-lab.jp/special/1488/

<イベントレポート>
「社会を良くする仕事をつくる」イベントレポート
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/1605/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/1606/

<インタビュー>
社会課題に参加するきっかけをつくる——Change.org ハリス鈴木絵美インタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/1541/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/1557/

<事例>
高齢者の「旅に出たい!」を助けたい——介護旅行「あ・える倶楽部」のトラベルヘルパー
http://www.ashita-lab.jp/special/1527/

<事例>
やりたいからやる。ボランティアではない、手話ビジネス——シュアール 大木洵人さんの信念
http://www.ashita-lab.jp/special/1562/

<事例>
高齢者を皆で支え合う社会に向けて——「親孝行モデル」というソーシャルイノベーション
http://www.ashita-lab.jp/special/1583/

<事例>
定点観測:「田舎だけど都会」な山里、神山——今年も町の人たちに会いに行ってきた。2013年冬
http://www.ashita-lab.jp/special/1632/

<事例>
企業に必要なのは「共通善に基づいた目的」。『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか』を読む。
http://www.ashita-lab.jp/special/1679/

2014年 3月

▼ 【特集】“健康”が社会を豊かにする?

QOL向上がもたらす新たな価値づくり

1人ひとりのQOL(クオリティー・オブ・ライフ)向上が求められるなか、向上がもたらす新たな効果や豊かさにフォーカスした本特集。医療の分野にとどまらない、生活の豊かさをもたらすものについて特集しました。

●【特集】“健康”が社会を豊かにする?
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2014_03/

<イベント概要>
3/13(木)東京・西麻布にて、「健康ビジネスにおけるコミュニティー」の可能性を語ろう
http://www.ashita-lab.jp/special/1824/

<イベントレポート>
ヘルスケアビジネスの新しい可能性~「コミュニティーで健康を支える」というアプローチ~ イベントレポート
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/2171/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/2172/

<イベントレポート>
漢方医学の歴史に、ICTで新たな幕開けを
―― 北里大学「漢方診療標準化プロジェクト第1回シンポジウム」 イベントレポート
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/2366/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/2367/

<イベントレポート>
漢方医学から世界標準をつくる ISO/TC249における北里大学・富士通の挑戦
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/3109/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/3110/

<インタビュー>
FUKUSHIMA発、ヘルス2.0への飽くなき挑戦——山寺純インタビュー
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/1799/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/1800/

<事例>
東西医学を統合したヘルスケアシステムをつくる——健康寿命を延ばす、豊かな社会への挑戦
http://www.ashita-lab.jp/special/1697/

<事例>
スローサイクリングで、まちおこし——しまなみ海道ゆっくり自転車旅のすすめ
http://www.ashita-lab.jp/special/1833/

<事例>
健康であり続けるためのプラットフォームのつくり方
http://www.ashita-lab.jp/special/1861/

<事例>
ペットは家族と社会をどうつなぐのか
http://www.ashita-lab.jp/special/1913/

2014年 6月

▼ 【特集】東北に学ぶ、地域活性の実践モデル

“私たち”だからこそできる地域活性

さくらハッカソン2014

東日本大震災から3年。東北地方では復興とともに、地域活性化の先進的な取り組みとなる活動も精力的に行われています。他の地域に先がけて行われている新しい地域活性化の取り組みと、そこに関わる方々を特集しました。

●【特集】東北に学ぶ、地域活性の実践モデル
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2014_06/

<イベント概要>
【さくらハッカソン2014】 4月12(土)・13日(日)「東北に人を呼ぶアイデア」をカタチにしよう!
http://www.ashita-lab.jp/special/1929/

<イベントレポート>
「さくらハッカソン2014」 イベントレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/2219/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/2246/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/2282/
(4)http://www.ashita-lab.jp/special/2283/

<座談会>
東北を元気にするアイデアをEyes,JAPANと考えてみた——「さくらハッカソン2014」に向けて
(前編)http://www.ashita-lab.jp/special/2093/
(後編)http://www.ashita-lab.jp/special/2108/

<インタビュー>
領域を超えデザインの射程距離を伸ばしたい——NOSIGNER 太刀川英輔さんインタビュー
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/2391/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/2392/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/2393/
(4)http://www.ashita-lab.jp/special/2394/

<事例>
アイデアを生む「遊び」のある働き方とは? ——福島発ベンチャー、Eyes,JAPANのワークスタイル
http://www.ashita-lab.jp/special/2057/

<事例>
東北のフロントランナーと共創するために——『3YEARS 復興の現場から、希望と愛を込めて』を読む
http://www.ashita-lab.jp/special/2199/

<事例>
生活者が食の作り手に「恋」する関係へ——『東北食べる通信』が目指す日本版CSA
http://www.ashita-lab.jp/special/2440/

<事例>
観光するだけじゃない。被災地の旅行会社だからこそできるツアーとは?
——「ふくしま復興かけはしツアー」
http://www.ashita-lab.jp/special/2489/

2014年 11月

▼ 【特集】未来が生まれる場所をつくる

実践がもたらす、新しい場、新しい価値

サイトオープンから2周年。<あしたのコミュニティーラボ>の記念特集は「未来が生まれる場所をつくる」。新しい価値を生み出す“場”づくりにフォーカスし、リアルな場、対話の場など、さまざまな場の形を特集しています。

●【特集】未来が生まれる場所をつくる
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2014_11/

<イベント概要>
未来が生まれる場所をつくる——ソーシャルイノベーションを体験する
http://www.ashita-lab.jp/special/2850/

<イベントレポート>
「未来が生まれる場所をつくる——ソーシャルイノベーションを体験する」 イベントレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/3229/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/3230/

Fujitsu Forum2014セミナーレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/2530/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/2531/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/2532/
(4)http://www.ashita-lab.jp/special/2533/

CEATEC2014 セミナーレポート
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/3419/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/3420/

<インタビュー>
未来が生まれる場所をつくる——西村勇也さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/2602/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/2603/

「イノベーションを起こす」はもう古い——リバネス丸幸弘さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/2899/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/2900/

イノベーションを大げさに考えても仕方ない——石倉洋子さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/2918/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/2919/

人と人、社会にある課題を解決する「インクルーシブデザイン」という考え方——九大 平井康之准教授インタビュー
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/3346/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/3347/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/3348/

<事例>
自治体発、熱い起業家を引き寄せる本気のイノベーション支援とは?——大阪イノベーションハブ
http://www.ashita-lab.jp/special/2732/

<事例>
ユーザーのアイデアが「世界に1つだけのモノ」をつくりだす——&Fab
http://www.ashita-lab.jp/special/2784/

<事例>
“発散”と“収束”の繰り返しが学びを変える——立教大学佐々木ゼミの挑戦
http://www.ashita-lab.jp/special/2857/

<事例>
“町のお医者さん”が大学病院に変わる日——かがわ遠隔医療ネットワーク
http://www.ashita-lab.jp/special/2947/

<事例>
初の国産ボブスレーに詰まった、日本の意地——下町ボブスレーのこれから
http://www.ashita-lab.jp/special/2978/

<事例>
空を通じて、社会起業家と企業がWin=Winの関係を築く——ANA「Blue Wing」
http://www.ashita-lab.jp/special/3000/

<事例>
暗黙知を形にするリーダーが“場”を変える
——『実践 ソーシャルイノベーション——知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO』を読む
http://www.ashita-lab.jp/special/3059/

<事例>
オープンデータがもたらす、まちの記憶と地域の交流——ヒストリーピン
http://www.ashita-lab.jp/special/3083/

<事例>
ITが子どもの人生を変え、世の中を変える——Life is Tech!
http://www.ashita-lab.jp/special/3127/

<事例>
BOPビジネスと「ワクワクするモノづくり」をつなぐ場所——途上国の課題に挑む「See-D contest」
http://www.ashita-lab.jp/special/3186/

<事例>
コンピューターの歴史からひもとくプログラミング学習——PEGレポート
http://www.ashita-lab.jp/special/3254/

<事例>
子どもが楽しめる“プログラミング”ってどんなもの? PEGプロジェクトブース体験レポート
http://www.ashita-lab.jp/special/3256/

<事例>
新たな共有資産は、田舎に眠る——NPO法人えがおつなげて
http://www.ashita-lab.jp/special/3274/

<事例>
本気で成果をあげるハッカソンのつくり方——「未来のふつう」を具現化する「GUGEN」
http://www.ashita-lab.jp/special/3389/

<事例>
起業? 支援? 大企業が場をつくる理由——EdTech Lab (β) by BenesseとHAB-YU platform
http://www.ashita-lab.jp/special/3582/

2015年 3月

▼ 【特集】地域を地域資源で変える、次の一手

地域の資源を組み直し、価値を生む

人、モノ、観光、食など、その地域に存在する地域資源は、地域の個性を際立たせ、地域をより活性化していくのに欠かせません。さまざまな資源を用いて地域を活性化する人や事例を紹介し、新たなコトの編み方を考える特集を展開しました。

●【特集】地域を地域資源で変える、次の一手
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2015_03/

<イベント概要>
説明未来が生まれる場所をつくる——ソーシャルイノベーションを体験する
http://www.ashita-lab.jp/special/2850/

<イベントレポート>
地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集” とは?——イベントレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/3893/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/3894/

イノベーターが示す新時代の“働き方”——ぼくらの仕事のつくり方 これからの“働く”を考える
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/3790/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/3791/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/3792/

<インタビュー>
“JK”にも開かれた、オープンな鯖江づくり その途中——jig.jp 福野泰介さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/3700/
(舌)http://www.ashita-lab.jp/special/3701/

企業での“仕事”を“志事”へと変える——クロスフィールズ小沼大地さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/3661/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/3672/

<事例>
高知の山奥で、起業家の卵を育てる ——土佐山アカデミー「EDGE CAMP」
http://www.ashita-lab.jp/special/3457/

<事例>
“アートの力”で障がいのある人と社会の接点をつくる——たんぽぽの家アートセンターHANA
http://www.ashita-lab.jp/special/3366/

<事例>
地球をハックせよ! グリーンITの潜在能力を引き出す——Green Hackathon TOKYO
http://www.ashita-lab.jp/special/3533/

<事例>
地域課題を解決する人材のつくり方——政策創造プロジェクト
http://www.ashita-lab.jp/special/3677/

<事例>
自治体初、オープンデータ活用加速を民間企業・NPOとともに——データシティ鯖江、次の一手
http://www.ashita-lab.jp/special/3729/

<事例>
酪農生産に科学的見地を取り入れたパイオニア——北海道・JA浜中町の人を枯渇させない地域づくり
http://www.ashita-lab.jp/special/3913/

<事例>
中小企業活性化の秘策は学生にあり? ——“産学官金”連携による「知財活用アイデアプレゼン全国大会」
http://www.ashita-lab.jp/special/3941/

<事例>
浪江町が挑む“町民のための”タブレットづくり——浪江町タブレットを利用したきずな再生・強化事業
http://www.ashita-lab.jp/special/4092/

<事例>
危機感の共有が生んだ攻めの一手——海士町・島前高校魅力化プロジェクトが見据えるまちづくり
http://www.ashita-lab.jp/special/4229/

<事例>
「常識」が通じないなら「超常識」で立ち向かえ ——震災後20年の神戸に学ぶプロジェクトデザイン
http://www.ashita-lab.jp/special/4441/

<事例>
地域を元気にする“コンテンツ”とは? ——食とマンガを軸にした新潟市の取り組み
http://www.ashita-lab.jp/special/4954/

2015年 6月

▼ 【特集】21世紀のこれからを生きるための“学び”とは?

社会の複雑さを反映した、新たな学び方を探る

複雑化する社会の現状を知り、足りない知識やスキルを学び活かすことで、社会課題を解決していく――。社会を変えていくためにどんな学びのアプローチが可能なのかを、さまざまなステークホルダーの方々と考える特集を展開しました。

●【特集】21世紀のこれからを生きるための“学び”とは?
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2015_06/

<イベント概要>>
社会人の“これからの学び”を最新潮流から考える
http://www.ashita-lab.jp/special/4198/

<イベントレポート>
社会人の“これからの学び”を最新潮流から考える ——イベントレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/4924/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/4925/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/4926/

<インタビュー>
“自分はこれでいいのか”「学び」はそこからはじまる ——東大 中原淳准教授インタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/5157/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/5158/

<事例>
危機感の共有が生んだ攻めの一手 ——海士町・島前高校魅力化プロジェクトが見据えるまちづくり
http://www.ashita-lab.jp/special/4229/

<事例>
大学生との共創活動の先に企業が見出したものとは ——立教大学佐々木ゼミとの8カ月
http://www.ashita-lab.jp/special/4016/

<事例>
ソーシャルイシューは数学で解決できる? ——九大×富士通の数理共同研究
http://www.ashita-lab.jp/special/4688/

<事例>
「広い世界へ〜ごじょうめで、世界一周〜」。世界を知り地域も知る“グローカル”な授業 ——ハバタクが進める新しい学びの場づくり
http://www.ashita-lab.jp/special/5010/

2015年 9月

▼ 【特集】モノの価値を高める、つながりの“結い方”

社会的なインパクトを与える「ものづくり」を考える

複雑化する社会の現状を知り、足りない知識やスキルを学び活かすことで、社会課題を解決していく――。社会を変えていくためにどんな学びのアプローチが可能なのかを、さまざまなステークホルダーの方々と考える特集を展開しました。

●【特集】地域を地域資源で変える、次の一手
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2015_09/

<イベントレポート>
イノベーションを引き起こす「共創型アプローチ」のすすめ ——イベントレポート
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/5275/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/5276/

<インタビュー>
変わるものづくり産業、その未来像 ——Sony CSL 北野宏明所長インタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/5456/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/5457/

<事例>
“宇宙ビジネスビックバン”の波に乗り、月面ローバーは進む
——『「夢みたい」を現実に。』HAKUTOの挑戦
http://www.ashita-lab.jp/special/5315/

<事例>
タブレットが浪江町に“新しいつながり”をつくる ——浪江町タブレットを利用したきずな再生・強化事業
http://www.ashita-lab.jp/special/4543/

<事例>
“宇宙ビジネスビックバン”の波に乗り、月面ローバーは進む
——『「夢みたい」を現実に。』HAKUTOの挑戦)
http://www.ashita-lab.jp/special/5315/

<事例>
やっぱりロボットは東大に入れない!? ——人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」
http://www.ashita-lab.jp/special/5414/

<事例>
広がる、越境するFabの試み ——生活に根づくデジタルファブリケーションの展望とは
http://www.ashita-lab.jp/special/5189/

<事例>
100年以上変わらぬ黒板にイノベーションを! ——異業種連携による「みらいのこくばんプロジェクト」
http://www.ashita-lab.jp/special/5522/

<事例>
縫製工場を束ね新たな価値を“仕立てる” ——服づくりのクラウドソーシング「sitateru」
http://www.ashita-lab.jp/special/5548/

2016年 2月

▼ 【特集】社会課題は誰が解決するのか?

社会課題解決に、企業はどう関われるのか

ソーシャルイノベーションを「継続・拡大」するために、企業には何ができて、何をしていくべきなのか。社会課題の克服に向けて、新たなステージに入ったソーシャルイノベーションの領域と企業の役割について特集しました。

●【特集】社会課題は誰が解決するのか?
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2016_02/

<イベント概要>
社会課題は誰が解決するのか? ─社会における企業の役割を考える─
http://www.ashita-lab.jp/special/5719/

<イベントレポート>
社会課題は誰が解決するのか? 社会における企業の役割を考える——イベントレポート
http://www.ashita-lab.jp/special/6022/

<インタビュー>
企業とユーザーの気持ちをつなげる「デザインの原則」とは
——電通・岸勇希さんの「コミュニケーションデザイン」
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/6166/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/6167/
(3)http://www.ashita-lab.jp/special/6168/

ソーシャルインパクトを生む組織とは——ファンドレイザー山元圭太さんの社会課題解決
(1)http://www.ashita-lab.jp/special/6430/
(2)http://www.ashita-lab.jp/special/6431/

<事例>
Ingressでつくる、あたらしいまちのストーリー
http://www.ashita-lab.jp/special/5578/

<事例>
企業発の地域貢献を継続させるヒント
http://www.ashita-lab.jp/special/5908/

<事例>
オープンガバメントの種は“神戸市”に眠る
http://www.ashita-lab.jp/special/5693/

<事例>
ものづくりベンチャーと2人3脚―オムロンベンチャーズがすすめる「コトづくり」
http://www.ashita-lab.jp/special/5796/

<事例>
“入口封じ”と“出口づくり”でホームレス問題を解決する ——NPO法人Homedoor
http://www.ashita-lab.jp/special/5669/

2016年 5月

▼ 【特集】多様な働き方から、イノベーションは生まれる?

個人の働き方が、社会課題解決につながる?

個人の想いからスタートした社会課題解決へのアクションを、世のなかに広めるためには、企業の支援、個人が働く企業の存在が大きな役割を果たすのではないか?社会課題の克服に向けて、新たなステージに入ったソーシャルイノベーションの領域と企業の役割について特集しました。

●【特集】多様な働き方から、イノベーションは生まれる?
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2016_05/

<イベント概要>
ゆるめることが企業内イノベーションにつながる?—オープンイノベーションと新しい働き方のヒントを見つけよう—
http://www.ashita-lab.jp/special/6303/

<イベントレポート>
「人間性」の解放が、企業内イノベーションを引き起こす
——若新雄純さんと考えた「新しい働き方」の可能性
http://www.ashita-lab.jp/special/6580/

<インタビュー>
イノベーションの第1歩は私と仕事のつながりを取り戻すこと——井上英之さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/6269/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/6271/

「やりたいことをビジネスで」、挑戦の裏にあるもの——遠山正道さんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/6688/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/6695/

「カッコいい!」から福祉を変える——NPO法人ピープルデザイン研究所 須藤シンジさんインタビュー
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/6466/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/6467

<事例>
専門性を社会に還元させる “ベンチャー・フィランソロピー”の可能性
——SVP東京パートナーによる投資・協働
http://www.ashita-lab.jp/special/6537/

<事例>
鯖江の移住事業から見えた、オープンイノベーションの起こし方
——福井県鯖江市「ゆるい移住」プロジェクト
http://www.ashita-lab.jp/special/6566/

2016年 8月

▼ 【特集】“変革”なしに社会課題は解決し得ない

個人の働き方が、社会課題解決につながる?

企業が社会課題に挑むには、これまで行ってきたビジネスとは異なるしくみ、アプローチが必要です。“社会課題解決に取り組み続けるための変革”をキーワードに、持続性のある事業を生み出すためのエコシステム形成と、そこの変革をもたらす「ヒント」について特集しました。

●【特集】“変革”なしに社会課題は解決し得ない
http://www.ashita-lab.jp/special_archives/2016_08/

<イベントレポート>
場でイノベーションを起こすために必要なのは“創造性”
——富士通フォーラム2016
http://www.ashita-lab.jp/special/6877/

<インタビュー>
【座談会】社会を変える出口戦略と、エコシステム形成の可能性 ——IoT × Security Hackathon
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/6715/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/6716/

20年の積み重ね、その1歩をどう歩み出したか?——NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男さん
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/6950/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/6951/

誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから——exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く
(上)http://www.ashita-lab.jp/special/7225/
(下)http://www.ashita-lab.jp/special/7226/

<事例>
石巻発、制作・教育の両輪で駆動するIT人材の育成機関
——一般社団法人イトナブ石巻
http://www.ashita-lab.jp/special/6859/

<事例>
バーチャルでリアルな、ボトムアップのしくみが大企業を変える? 
——ソニーの新規事業創出プログラムSAP
http://www.ashita-lab.jp/special/6813/

<事例>
地域発イノベーションのサイクルをいかに誘発するか
——情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] のハブ機能
http://www.ashita-lab.jp/special/6991/

<事例>
イノベーションはプロセスマネジメントで生み出せるのか?
——東京大学i.schoolのイノベーション教育
http://www.ashita-lab.jp/special/7052/

そして、新たな特集へ

あしたのコミュニティーラボでは、今後もさまざまな特集やイベント、事例紹介を通じて社会課題解決の今やそれに挑むさまざまな実践者の方々の思いをお届けします。もちろん、私たち自らも実践し、よりよい社会の実現に向けてまい進していきます。今後の企画も引き続きご注目ください。

あしたのコミュニティーラボ編集部一同

(photo:Thinkstock / Getty Images)


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!



Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ