Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

「日本ファブラボ会議2013」イベントレポート ——第2部「あしたのFabのカタチ」(後編)

2013年10月04日



「日本ファブラボ会議2013」イベントレポート ——第2部「あしたのFabのカタチ」(後編) | あしたのコミュニティーラボ
FabLab Japan Networkと〈あしたのコミュニティーラボ〉がタッグを組み、2013年8月30日(金)に行われたイベント「日本ファブラボ会議2013」。第2部の後半は、Fab(=パーソナルファブリケーション)が世の中にもたらす可能性について来場者全員で議論しました。白熱のディスカッションの様子をお伝えします。

前編はこちらから

多種多様な「Fabを読み解くキーワード」

ここまでの議論を踏まえて、会場の参加者が登壇者も交えて9グループに分かれ、テーブルディスカッションが行われました。テーマは「Fabを通じて何がしたい?」。以下は、ディスカッションリーダー(敬称略)が各グループの意見をまとめた結果発表です。それぞれの回答から、Fab、そしてファブラボを読み解くキーワードが見えてきます。

 

■「Human」
江渡浩一郎(ニコニコ学会β実行委員長)グループ

これからのFabは、「人づくり」「ものづくり」「まちづくり」「文化づくり」に分けられるのではないか。産業になるのかならないのか、という議論が続いたが、結局のところ、ファブラボは手段であり、ものづくりを通じて産業を起こすのではなく、まちづくりや文化づくりにつながる、という結論になった。その結果として広い意味での産業に結びつくのではないか。

 

■「Hub」
塩澤豊(オートデスク株式会社技術営業開発)グループ

Fabを使って、国や地域を超えた活動ができればいい。そのとき、ファブラボが「ハブ」になって何かが起こればすばらしい。ギークの集まりのようなイメージがあるが、デザインなど他の要素がもっと欲しい。企業の中にファブラボをつくってもよいのでは。そんな意見が出たが、個人的には、ファブを子どもに体験させて将来に役立てたい。自分も父親が日曜大工をしている背中を見てエンジニアになったので。

 

■「Children」
阿部和広(青山学院大学講師/津田塾大学非常勤講師)グループ

子どものことに集約して議論した。子どもと一緒にFabで遊びたい、アイデアを共有したい。子どもたちは、ものをつくることでしか学べないのではないか。そうであるなら、ファブラボ自体を学校にしてしまおう。ではそのとき大人はどうするのか。結局、大人も子どもではないだろうか。大人と子どもを分ける必要はない。大人は子どものサブセットに過ぎないのではないか。

 

■「Life」
松嶋倫明(株式会社NHK出版 書籍編集者)グループ

自分のものをカスタマイズしたい。半製品を活用したい。社会問題の解決策としてもファブラボを使いたい。たとえば交差点にプロジェクションを設置する、盲導犬にGPSを付けるなど。ファブラボのネットワークを広げるために、「Yahoo!知恵袋」的な「FabLab知恵袋」や、ファブラボ版クックパッドのようなものをつくったらどうか。そうやってアイデアを共有できたらすばらしい。

 

■「Space」
萩原富三郎(株式会社良品計画品揃開発担当部長)グループ

意見交換やアイデアを実現したい。そんな場として、スポーツジムみたいな感覚のプラットフォームにしてはどうか。最初から社会貢献や自己実現を入口にしてしまうと、あまり人は集まらないかもしれない。お金をそんなにかけなくても、やりたいことが実現できる場があるのはワクワクする。世のため人のためは、次のステップでもいいのではないか。

 

■「Public」
相部範之(すすたわり/株式会社SUSUBOX代表取締役)グループ

ファブラボは、今はまだマーケットがあるかどうかわからないのにエンジニアの興味だけでつくっている段階ではないか。文系の人も集めて、地元の銭湯のような場として開けっぴろげに議論できたらいい。これまで日本ではことごとくうまくいかなかった、競合する企業同士が集まって新しいものづくりのできる場にもなれれば。その際、知財の概念は根本的な再構築が必要になるだろう。

 

■「Opportunity」
岡崎亜沙子(富士通株式会社)グループ

ファブラボは1つの契機。ものづくりの場だが、もの以外の価値を新しく文脈づける場でもある。たとえば製造業とサービス業を結びつけて従来の貨幣経済の枠組みを超えた新しい価値の循環が生まれる可能性も感じる。そうしたハイブリッド型の価値創造の機会として、個人個人の文脈に位置づけることができ、次の一歩を踏み出すきっかけになるのがファブラボではないか。

 

■「Network」
丸山峻平、高岡泰仁(凸版印刷株式会社)グループ

高校生から社会人まで幅広い年齢層の間で議論ができた。出た結論は「ファブラボとは世の中を楽しくするヒントを提供してくれる場所」。その背景にはいろいろな人の交流があること。考えてみればこれは、地域における「おばあちゃんの知恵袋」的な役割を果たすのではないか。そうやってファブラボを通じ地域のネットワークを広げていきたい。

 

■「Action」
津田和俊(FabLab Kitakagaya)グループ

結論は「あした、釜石でFabしよう」。釜石からの参加者が2人、農水省で農業のICT化に取り組んでいる参加者が1人メンバーにいたので、そういう結論になった。足元の地域資源を暮らしに役立てることが、震災からの復興につながる。農業や漁業にファブラボを組み合わせて新しい事業モデルの成功事例をつくりたい。それをたとえば釜石など具体的な地域再生の実践を通じて実現したい。

テーブルディスカッションではこのように多種多様な議論が交わされました。それ自体がファブラボ的な光景だったといえるでしょう。このイベントで生まれたネットワークやFabのイメージから、何か新しいプロジェクトが起こるかもしれない。そんなことを期待させる賑わいが、懇親会でも続いていました。

〈あしたのコミュニティーラボ〉では、今回の議論で出たワンフレーズをモチーフにしたオブジェを、FabLab Shibuyaと協働でつくりました。データは下記からダウンロードできます。また、FabLab Shibuyaを訪れると、このデータを出力してもらえます。 ファブラボがコンセプトとして掲げるMake(つくる)――Learn(まなぶ)――Share(わかちあう)の循環を、ぜひ疑似体験してみてください。
 

ダウンロードはこちらから
※データの出力については検証を行っておりますが、利用は自己責任でお願いいたします。
※これらのデータはクリエイティブコモンズに基づき配布いたします。原作者のクレジット(氏名、作品タイトルなど)を表示し、改変した場合には元の作品と同じCCライセンス(このライセンス)で公開することを条件に、営利目的での二次利用もできます。

All Data Created by :Fablab Shibuya(K.Inoue) / あしたのコミュニティーラボ


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ