Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

「社会を良くする仕事をつくる」イベントレポート(後編)

2013年12月18日



「社会を良くする仕事をつくる」イベントレポート(後編) | あしたのコミュニティーラボ
Tokyo Work Design Week 2013(TWDW)に出展した「あしたのコミュニティーラボ」がテーマに選んだのは、「社会を良くする仕事のつくりかた」です。11月21日、東京・渋谷ヒカリエに、社会課題の解決を仕事にする3人の実践者を壇上に迎え、ソーシャルイノベーションにつながるような働き方に関心のある参加者が集まりました。後編ではトークセッションを中心に、社会課題の解決にどのように関わってゆけるのかを考えます。

前編はこちら

社会課題を解決する「新しい仕事」が求められている

ここからはトークセッション。町井さんが3人に質問を投げかけます。

町井 向田さんは化粧品ビジネスを事業として立ち上げ、ネパールの女性に仕事を提供していますが、将来的にどのようなビジョンで女性たちの自立支援を展開するのでしょうか?

「バケツの穴を塞ぎたい」、今やる必要のあることを、一歩一歩やっていきたいと向田さんは言います。貧困のゆえに子どもたちが人身売買の犠牲にならないよう、地域の母親のために現地で化粧品工場をつくって雇用を生み、女性の経済的な自立と地位の向上を目指すことを今後10年間の目標としています。社会課題の解決というと高邁で格好よく聞こえるが、実際のところ99%は地道な作業の連続で、遠くの目標に向かって一歩一歩を積み重ねていくしかない、というのが向田さんの本音です。

町井 松田さん、TFJの1期生フェローは学校に赴任してどんな活動をしているのでしょうか。

現場は修羅場で苦労していて、それは自分の経験からいっても想定内、と松田さん。ただすでに化学反応は起きています。徹底して「褒める」ことで子どもたちの自尊感情を高め、「やればできる」と思わせ、子どもたち同士でも褒め合わせる。それによって子どもたちに笑顔が戻り、学習動機につながって、定期考査の平均点も上がりはじめました。教育の本質は、子どもたちにエンジンをかけ自ら学ぶ習慣を身につけさせること。その成果を少しずつ現場から吸い上げ、体系化して、フェローのみならず教育委員会や文部科学省にも共有してもらい、日本の教育のあり方に一石を投じたい、と松田さんは考えています。

町井 大企業の中で社内ベンチャーを実践しているのが生川さんですが、大きな組織を一定の方向に動かすときに留意していることは何でしょうか。

自分の部門や会社だけ儲かればよいという発想ではなく、社会課題に対してアライアンスを組むパートナーと市場を創造することによって新たなビジネスモデルが生まれ経済循環が回るはずだから、ここで投資しておきましょう、と役員に提案する。それが生川さんの答え。団塊の世代が75歳になる2025年までに「親孝行モデル」で1000億円規模の市場を生み出したいと、生川さんは考えています。

社会課題に気づき、ソリューションを提供するタグボートのような先導役が松田さんの属する「NPO」の役割とするなら、その事業をタンカーのようにスケールアウトし、多くの人に提供できるサービスとして継続性のある事業化を目指すのが生川さんの属する「企業」の役割。そしてその2つの間を行き来する向田さんの仕事は、今後ネパールの国づくりに関わるプロジェクトにつながる可能性を持っている。町井さんはそんなふうに総括しました。

現場を知り琴線に触れることが行動につながる

ここまでの話をふまえ、働き方についてどんな気づきが得られたか、これから取り組んでみたい仕事は何か、登壇者も交えグループディスカッションが行われました。最後は登壇者との質疑応答タイムです。

質問のなかで町井さんが「とても本質的」と指摘したものがありました。「東日本大震災をきっかけに行動を起こせた人、起こせなかった人。その差は何か」。

頭で考えるより先に本能で現地に行き、現実を目の当たりにすると「何かできないか」という衝動に駆られる。その体験の有無ではないか、と生川さんは考えます。現場を知り琴線に触れることで行動につながる、というわけです。

まだ取り組みたい仕事を見つけていない人も、いつか琴線に触れる出来事に出会うはず。今の仕事を通じての出会いで自分の立ち位置が見つかると、そこが社会課題につながっていることもある。町井さんはそう語りました。

やりたいことがわからない人に「試し食い」を勧めたのは松田さん。メニューを前にしてあれこれ迷っていても、食べてみなければわかりません。それと同じこと。たとえば週末や夜の時間を利用して何らかの社会課題の活動に取り組んでみる。そうやって自分の琴線に触れるテーマを探していけばいい。その一歩を踏み出せればいつか見つかるはず、と松田さんは言います。

向田さんは1年前に、今のネパールの仕事とはまったく関係のない新しい出会いに感銘を受け、その世界にも一歩足を踏み入れたそうです。一事に没頭しているように見えて、1人の人間の中にも多様な側面があります。使命感を持って何かに取り組んでいないことに対して後ろめたく思わず、そのとき興味をもったことを試してみるくらいの姿勢で臨んでみては、と向田さんも考えます。

社会課題の解決、と最初から大上段に構えてしまうと肩に力が入り過ぎて空回りしがち。とりあえず、いくつかの活動の現場を体験してみて「琴線に触れること」探しからスタートするのが、遠くに見えていた課題を身近に引き寄せる第一歩なのかもしれません。

前編はこちら


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ