Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

4月12日〜13日にかけて行われた、あしたラボ主催の「さくらハッカソン2014」。全体のモデレーターを務めた佐々木哲也さん(富士通総研)が、アイデアソンモデレーター石井力重さん(アイデアプラント)、ハッカソンモデレーター山寺純さん(Eyes,JAPAN)と共に、イベントを通じて感じたこと、気づいたことを議論しました。5月16日に行われたトークセッション「ハッカソンから生まれた東北を元気にするアイデア」の模様をレポートします。

「イノベーションを起こす最強チームをつくるには」 ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(1)
生活者主導の時代に求められるビジネスの形 ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(2)
共創を実現するために必要なこととは? ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(3)

「内」と「外」の入り交じる良さが出ていた

あしたのコミュニティーラボでは、リアルイベントの一環として、社会課題を解決するためのサービスやプロダクトを実際に生み出すための試みを続けていきます。その第1弾として実施したのが「さくらハッカソン2014」でした(詳細についてはレポートとムービーをご覧ください)。

「Fujitsu Forum2014」のセミナー「ハッカソンから生まれた東北を元気にするアイデア」では、ハッカソン全体のモデレーターを務めた佐々木哲也さん(株式会社富士通総研チーフシニアコンサルタント)が、1日目のアイデアソンパートをモデレートした石井力重さん(アイデアプラント代表)、2日目のハッカソンパートをモデレートした山寺純さん(株式会社Eyes,JAPAN代表取締役社長)に感想を聞き、こうした試みの意義についてディスカッションしました。


株式会社富士通総研チーフシニアコンサルタント 佐々木哲也さん

山寺さんの受けた印象は、参加者の笑顔が目立つ楽しいハッカソンだったこと。1日目のアイデアソンできっちりアイデアが出ていたので、時間は短かったものの、すみやかに制作にとりかかれて、いい形でアウトプットを出すことができた。下準備と運営がしっかりしていた、と評価しました。


Eyes, JAPAN代表取締役社長 山寺純さん

石井さんは、年間50件以上のワークショップをファシリテートしますが、一企業によるクローズド型か、市民によるオープン型の2種に分かれ、今回のような企業同士あるいは学生も含めたミックス型は初めての経験だったと言います。オープンの場合は、あまり使えるリソースがないが、今回は富士通のテクノロジーを使えて、アイデアを実装する際のサポートを受けられるなど、「内」と「外」が入り混じっていることの良さが出ていた、とのこと。


アイデアプラント代表 石井力重さん

最優秀賞のさくら賞に輝いた「TOHOKU BYCECLE MAP」(羽生ジャパンwith BAチーム)は、ツーリングのソーシャルコミュニケーションプラットホーム。まずメンバーを募り条件を設定しイベントを作成します。自転車で走った道はGPSとドライブレコーダーで記録。走行距離の競争やルート開拓など独自の旅を企画し東北を発見するためのアプリです。

東北をめぐる交通手段として環境に優しい自転車に着目したこと。フラッシュモブ的な人の集め方。ゲームフィケーションを使ったアイデア。多角的に見て優れていた、と山寺さんは語ります。プレゼンムービーの完成度も高かったです。一見、簡単なアイデアのようですが、技術的にもビジネス的にも凝ったアイデアが入っており、何よりも実現性の高さが審査員から評価されました。

イノベーションに不可欠な「失敗の許される場」として

今回のハッカソンは平均を上回る成果、と石井さんは言います。

良かったのは事前の準備の緻密さと、当日の臨機応援な対応。スタッフ側の闊達で明るい雰囲気がうまく参加者に浸透していました。また、エンジニアとデザイナーが入り交じって互いにクリエイティビティが触発されたことも良い結果を生み出した要因となりました。会場となったTBWA\HAKUHODOのイノベーションスタジオQUANTAMのすばらしさも石井さんは指摘します。クリエイティブワークには場所の設定も重要です。

企業間を横断したワークショップだと知財関係の制約が多いため、得てして差し障りのない、おもしろみのない話しか出てこない傾向がある、と石井さんは指摘します。その点今回は、オープンに使える技術を設定して、知財に関する問題をクリアし、ストッパーを外した座組がうまかった、と石井さん。

今、単独でイノベーションを起こせる会社はない、と山寺さんは断言します。山寺さんが経営するベンチャー企業でさえ、そうだと言います。ハッカソンのように、外部の人材と揉み合いながら1つのプロダクトを生み出していくチャレンジは非常に意義深い試み。山寺さんは今回のハッカソンで、会津大学の学生にも参加してもらいました。最優秀賞のチームにもその1人がメンバーに。社会人が学生に負けると悔しいから発奮する。そんな効果をねらってのことです。

一方で山寺さんは課題も指摘します。参加者がマジメすぎて「ソーシャルエンジニアリング」ができなかったこと。山寺さんの言うソーシャルエンジニアリングとは、石井さん、山寺さんはじめ、会場にいる審査員に参加者が積極的に話しかけること。

「ルールブックに書いていないことは何をやってもいい」のだから、審査員に質問したり、意見を求めたり、「勝ちにいく」ための果敢なコミュニケーションに「社交技術」も発揮してほしい、とのことでした。

ハッカソンやワークショップは「失敗の許される場」と石井さん。イノベーションが生まれるには、失敗を恐れず、何度でもチャレンジする機会が与えられることが必要です。そうした場に参加して、社外のスキルの高い人たちに揉まれながら、チームの一員として楽しく武者修行して帰ってくる。他流試合のハッカソンに参加することは、そうした教育研修的な効果もあります。

あしたのコミュニティーラボでは、今回の「さくらハッカソン2014」のような具体的な成果につながる「共創」のワークショップやイベントを、これからも随時、開催していきます。ぜひご期待ください。

「イノベーションを起こす最強チームをつくるには」 ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(1)
生活者主導の時代に求められるビジネスの形 ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(2)
共創を実現するために必要なこととは? ――Fujitsu Forum2014セミナーレポート(3)


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ