Cases
社会課題を解決する先進的なアプローチをご紹介します。

買った雑貨を「チョイ足し」で自分流にカスタマイズできる。「あらゆる人々の手によるモノづくり」の入口が大きく開かれた。FabLab Shibuya ×LOFT × 無印良品のコラボレーションから生まれた、小売業初の常設パーソナルデジタル工房「&Fab」。ユーザーの新鮮な感動とアイデアは企業とファブラボにも今までにない気づきを与えている。「つくり手」と「贈り手」と「使い手」が一体となった新しい共創の試みを、体験しながら探ってみた。

「&」でつながる「つくり手」と「買い手」 ──&Fab(2)
ユーザーと共有した挑戦・不安・喜びのドキドキが新しい可能性を生み出した ──&Fab(3)

世界にたった1つのギフト

西武渋谷店モヴィーダ館7階「LOFT&」(ロフトアンド)の一角にあるのが「&Fab」(アンドファブ)。LOFTと無印良品で購入した商品をここで加工できる。レーザーカッターやUVプリンターを使い、アイデア次第で「世界に1つだけのモノ」に生まれ変わるのだ。

今回、あしたのコミュニティーラボ(以下、あしたラボ)のスタッフが試したのは、透明なアクリルブロックに写真をプリントしたものと、グラスの底に写真をプリントしたもの。前者は、「さくらハッカソン2014」参加者の記念写真にあしたラボのロゴマークを組み合わせて。後者は、結婚1周年のスタッフの個人的なアニバーサリーグッズで、最近家族の一員になった子猫の写真をペアグラスの底に。

アクリルフォトは、&Fabで特に人気が高い。「結婚する友人へのギフトとして、2人の写真をプリントしてあげたりとか、お孫さんの写真をプリントしておじいちゃんおばあちゃんにプレゼントするご夫婦がいらしたりとか。手元に置いときたい、デスクでいつも見られる、というアイテムとしてはアクリルフォトが不動の人気です」と&Fabスタッフの山本詠美さん(FabLab Shibuya)は語る。


アクリルフォト(上)と操作手順を説明する&Fabスタッフの山本詠美さん

ペアグラスの底に、いとしの子猫

さくらハッカソン2014の写真データにロゴをレイアウト。写真のトリミングやロゴの大きさ、配置などの要望を伝えながら、山本さんがPCを操作する。名入れや修理などの「預けたら後はお任せ」ではなく、あくまで作業の主体はユーザー側にあり、&Fabスタッフは付きっきりのサポートというスタンス。デジタル工房ならではの製作体験が楽しめる。

UVプリンターで、まず紙に印刷し確認した上でアクリルブロックにプリント。ヘッドからインクを吹き付けた後に紫外線のLEDライトの光でインクを硬化させる、というしくみを山本さんが説明してくれる。アクリルブロックにキズや指紋が付いているとインクの性質上、目立ってしまうらしく、表面をチェックしてからプリントする。このあとレーザーカッターでロゴを刻印し「さくらハッカソン2014アクリルフォト」が完成。ちなみに、デジタル工作機器の操作はすべて&Fabスタッフが一緒にやってくれる。40分ほどの所要時間で完成だ。あしたラボが主催した初のハッカソンにふさわしいオリジナル記念グッズができた。


さくらハッカソン2014の参加者集合写真をプリントしたアクリルフォト

さて、底に子猫のいるペアグラスのほうは──。丸型で底の平面部が狭いグラスなので、UVプリンターでフルカラー印刷すると写真が小さくなり、レーザーカッターで刻印すると多少大きくできるがモノクロになる。今回はUVプリンターでフルカラー印刷することに。選んだ写真は、ソファに座っている子猫。切り抜きでプリントするので、輪郭に添って周囲を消すトリミング作業を&Fabスタッフに操作を教えてもらいながら、タブレット上で行う。グラスの高さをUVプリンターが読み込むためのマスキングテープも貼って、手づくり感がみなぎる。

意外に簡単な作業で、こんなに完成度が高くできるとは! 互いにグラスを傾けるたびかわいい子猫が目に入る。たった200円のグラスに1個1,800円の加工料で金額に換算できない付加価値が生まれた。感激の「チョイ足し」カスタマイズだ。

編集部も体験した&Fabでの加工体験。素材として購入した商品が、いとも簡単にかけがえのない価値を持つものに変わる。とっておきのプレゼントを探しに訪れる人が後を絶たないのも納得だ。第2部では、&FabをLOFT&にオープンさせた意図について、渋谷ロフト・LOFT&担当の菅井進さんにお話を伺った。

「&」でつながる「つくり手」と「買い手」 ──&Fab(2)へ続く
ユーザーと共有した挑戦・不安・喜びのドキドキが新しい可能性を生み出した ──&Fab(3)

関連リンク
&Fab
LOFT&


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ