Opinions
各界の専門分野を持つ有識者の方々から、社会を変えるイノベーションのヒントを学びます。

“イノベーションを生みやすい仕事の進め方や働き方”に求められる条件とはなんだろう。そのために個人と組織はどうあるべきか。世界に通用する人材を養成する「グローバルアジェンダセミナー」などを主宰し、イノベーティブな活動に取り組む企業や個人の取り組みを数多くサポートしてきた一橋大学名誉教授の石倉洋子さんに話を伺う。

“社内起業家”を潰さないためのしくみづくり ――石倉洋子さんインタビュー後編

“過去の延長では成長できない時代”を前提に

――「日本企業にはイノベーションが必要だ」と言われ続けていて、あしたのコミュニティーラボでもその種や事象を多く取り上げてきました。しかし、そもそも、「イノベーション」という言葉で何を言い表そうとしているのか、「なぜイノベーションが求められているのか」、今回はそこからお伺いしたいと思います。

石倉 イノベーションを「技術革新」と訳してしまうと、<研究開発費を増やす>とか<補助金を出す>といった話になりがちですが、私は新しい「もの」「こと」すべてがイノベーションだと思っています。みなさん大げさに考えすぎるのですね。ICTの進歩で競争がグローバルになって、今日と明日で同じ仕事をしていたら成長は望めない時代になりました。

かつては新しい「もの」「こと」を市場に出せば、しばらくそれで企業は優雅に暮らせていけましたが、今はすぐにまねされてしまうので、次から次へと新しい「もの」「こと」を数多く生み出さなければなりません。それも過去の延長線でない「もの」「こと」を。


一橋大学名誉教授 石倉洋子さん

――大きな成功体験があったりするとなおさらですが、過去の延長線を断ち切るのはなかなか容易ではありません。

石倉 特に自前主義で同じ人が長くいる、多くの日本企業では難しいと思います。けれどそれでは新しい「もの」「こと」は基本的に生まれないんです。だから外の人や違う人を入れる、というのですが、最近ちょっとそれは時代遅れかもしれない、と感じています。

たとえば、幹部の女性比率や社員の外国人比率を上げたからといって、それだけで新しい「もの」「こと」が生まれるわけではありません。外の人や違う人をうまく「活用」したほうがいい。組織に抱え込むのではなく、外にいるプロフェッショナルのスキルや知恵を案件ごとに活用し、次から次へと新しい人たちと新しい「もの」「こと」を生み出す。いうなれば「人材のクラウドソーシング」化です。世界のグローバル企業ではその傾向が強くなりつつあります。

事例調査は、“新しくないこと探し”

――外の人をうまく活用するには、社内での仕事の進め方や外の人との関わり方を根本的に見直さなければなりませんね。

石倉 聞いた話ですが、初めて外部にデザインを外注しようとしたら、要件を出そうにもそもそも自分たちが何を求めているのかわからなくなって要件が定義できずに困った、と。なあなあで内輪仕事を進めていれば、わかったような気になっているけれど、いざ外に説明しようとすると、ハタと立ちすくむ。何が欲しいのかよくわからない。でも、新しい「もの」「こと」ってほとんどそうじゃないですか。得意先にユーザーヒアリングしたって何も出てきません。それはなぜか。今あることの延長線だからですよ。

ハードやスペックがどうのこうのではなく、それによって生活がどう変わるのか、どんな新しい体験をしてほしいのか、そこから考えないといけません。

――となると、今まで誰も見たことのない、“本当にイノベーティブなこと”をするには、マーケティングとの整合性をどう考えたらいいのでしょう。ニーズはあるのか? マーケットはあるのか? と上司に問い詰められて潰される企画は数知れません。

石倉 今までのように業界分析してビジネスプランをつくれ、というパターンを踏襲していたら、いつまでたっても新しい「もの」「こと」は出て来ません。そもそも業界自体の境目がハッキリしなくなっているのですから。日本の会社は何かというと「事例を出せ」でしょ? 事例があるなら新しくないわけですよ。

そうではなく、おおよそでいいから、どんどんプロトタイプをつくって使ってもらい、これは全然違うよとダメだしされて出直し、ここはこうしたらいいよ、と指摘されまた改良する、というプロセスを踏めばいいんです。

――想定するより先に、プロトタイプをつくって可能性があるかないかマーケットで試してみる「リーンスタートアップ」的な手法が重要だと。

石倉 そうです。以前は、サービスやソフトはそれができるけれど、ものづくりは設備が必要だからお金がかかる、と言われていました。でも今は3Dプリンターを使えば個人にも簡単にできてしまう。どこからスタートするのか、発想を変えないといけません。

過去の延長ではなく、まったく新しいイノベーションを起こすために必要なのは「外部の活用」と「リーンスタートアップ的手法」だと語る石倉さん。後編では、最近注目が集まる企業の中の起業家、“社内起業家”が育つためのリーダーマネジメントを中心に話を伺う。

“社内起業家”を潰さないためのしくみづくり ――石倉洋子さんインタビュー後編続きを読む

石倉 洋子 いしくら・ようこ

一橋大学名誉教授

バージニア大学大学院経営学修士(MBA)、ハーバード大学大学院 経営学博士(DBA)修了。マッキンゼー社でマネジャー。青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授などを歴任。
日清食品ホールディングス社外取締役、ライフネット生命社外取締役、双日社外取締役。世界経済フォーラムのGlobal Agenda Council のメンバー。「グローバル・アジェンダ・ゼミナール」「ダボスの経験を東京で」など、世界の課題を英語で議論する「場」の実験を継続中。専門は、経営戦略、競争力、グローバル人材。

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ