Cases
社会課題を解決する先進的なアプローチをご紹介します。

「人のためになる経験」が生徒の主体性を育む?──モチベーションを高める広尾学園の教育システム(前編)

2017年09月29日



「人のためになる経験」が生徒の主体性を育む?──モチベーションを高める広尾学園の教育システム(前編) | あしたのコミュニティーラボ
学びの周辺環境が目まぐるしく変化する現在、生徒の創造性・主体性を育む教育が重要視されつつある。そんななか、ユニークで革新的な教育システムを採用しているのが広尾学園中学校・高等学校だ。決して有名難関大学への進学だけを目的にしているわけではない。6年間の中高一貫教育のなかで、あらゆる選択のできる「多様性のある学校」を目指し、革新的な教育システムを作り上げている。ここで進められている教育改革とは? 前後編でお伝えする。(TOP画像提供:広尾学園中学校・高等学校)

「世界の誰も答えを知らない問題」へのアプローチを教えるための秘訣とは? ──モチベーションを高める広尾学園の教育システム(後編)

どん底の8年間を経て、生徒数が回復

広尾学園中学校・高等学校(以下、広尾学園)は、1918年に設立した「順心女学校」を前身としている。2007年に順心中学校・高等学校から今の名前に改称。同時に共学化の道を選択した。

広尾学園の全校生徒数は6学年で1,651名(2017年6月現在)。かつてはこれを上回る生徒数だった時代もあるが、少子化の波には抗うことができず、1990年代に入ってからは出生数低下に伴い、生徒数は下降の一途をたどった。とくに1,000名を下回った1999年から共学化までの8年間を「どん底だった」と副校長の金子暁さんは振り返る。

1989〜2015年までの全校生徒数の推移
1989〜2015年までの全校生徒数の推移

「90年代はじめ1,800名近くいた生徒数は8年間で半分に。10年間で3分の1にまで減少しました。こうなると何をやっても変わらない……。このままでは学校が消滅するのではという危機に瀕し、当校も改革の道へと歩みはじめたのです」(金子さん)

広尾学園 中学校 高等学校 副校長の金子暁さん
広尾学園 中学校 高等学校 副校長の金子暁さん

共学化を前に、具体的な改革に着手。まずは生徒数回復を目標に「進学校化」への下地をつくった。そして2011年からの5年間を「教育活動の高度化」の時期と位置づけ、新たな改革にも着手した。それが、インターナショナルコースと医進・サイエンスコースの拡充だった。

2グループで構成される広尾学園のインターナショナルコース

現在、広尾学園には3つのコースが開設され、いずれのコースも、中学2年までに中学主要科目を終え、中学3年と高校1〜2年のうちに高校主要科目の修了を目指し、最終的には難関大学への進学を目標としている。2018年度、広尾学園中学校は国際生入試・一般入試を合わせ240名募集しているが、このうちおよそ半分を「本科コース」、残りの半分を「インターナショナルコース」および「医進・サイエンスコース」(詳細は後編)の生徒で構成する予定だ。

まずはインターナショナルコースについて、同コース統括長の植松久恵さん(英語科教諭)に話を伺った。

インターナショナルコースは1学年につき80名ほど。21名の外国人教員、9名の日本人教員がクラス担当を持ち、生徒たちを指導しているという。植松さんはその統括長として、チームの目標設定や人材マネジメントを担当している。

インターナショナルコース統括長の植松久恵さん(英語科教諭)
インターナショナルコース統括長の植松久恵さん(英語科教諭)

かつて民間企業に勤めていた植松さんは「ずっと教員になりたいという気持ちがあって」、転職サイトで募集を見たのをきっかけに、教員免許を持たないまま、2009年7月に広尾学園へ“転職”した。しばらくは本科コースの教務スタッフとして働いていたが、教員免許を取得後は英語科教諭となり、後にインターナショナルコースを担当するようになった。

共学化以前から海外帰国子女の受け入れ指定校第1号だったこともあり、広尾学園のインターナショナルコース(2007年設置)は、英語力のある生徒を対象にしたプログラムとしてスタートしている。2010年からは、入学時の英語力は問わず、基礎から英語力を伸ばしていけるスタンダードグループ(SG)が加わり、英語力のある生徒を対象としたアドバンストグループ(AG)の2つで構成されるようになった。

「英検(1級〜5級)のレベルで言えば、AGは1級、準1級、2級レベル。SGは入学時こそ未取得レベルですが、中学1年生の6月には5級、4級をダブルで合格している子がほとんどです。中学卒業レベルと言われる3級も中学1年終わり頃にはほとんどが取得していますし、半分くらいは準2級を取得、なかには2級(高校卒業レベル)を取得する生徒もいます」(植松さん)

「人のためになる」ことが成長を後押しする

SGの生徒のなかには中学卒業時にAGレベルまで英語を習得している生徒も多く、中学の間にAGへ転籍していく生徒もいる。なお、高校進学時にSGはなくなり、生徒は本科、医進サイエンス、インターナショナル(AG)の3コースのなかから、自分の選びたいコースを再び選択することとなる。

中学校から高校に進学するタイミングで、AGとSGという区別はなくなる(提供:広尾学園 中学校 高等学校)
中学校から高校に進学するタイミングで、AGとSGという区別はなくなる(提供:広尾学園 中学校 高等学校)

中学校でもAGはすべての授業を英語で行うため、AGとSGのカリキュラムには一部違いがある。しかし、AGの生徒とSGの生徒は同じクラスに在籍している。そのねらいについて、AGの生徒が目標となることでSGの語学力が向上するのはもちろんだが、「SGの生徒の存在が、AGの生徒たちにもよい影響を与えることがある」と植松さんは話す。

それが顕著に表れるのが、年1回の恒例行事・けやき祭(文化祭)だ。けやき祭では、中学1年時からすべての生徒が来場者を前にプレゼンテーションを行わなければならない。部活動や委員会、さらには研究活動の成果など、生徒自らがテーマを設定するが、インターナショナルコースの場合は「英語でのプレゼンテーション」が必須となる。

インターナショナルコースの生徒はけやき祭で「英語でのプレゼンテーション」が必須となる(提供:広尾学園中学校・高等学校)
インターナショナルコースの生徒はけやき祭で「英語でのプレゼンテーション」が必須となる(提供:広尾学園中学校・高等学校)

「けやき祭は10月です。中学1年生は入学して間もなく準備をはじめることになります。授業ではまだ過去形・未来形なんて教えていない段階で、『I will talk about〜』なんて文章を書き、それを当日までに覚えなければいけません。ふだんの授業にしてもプレゼンテーションの準備にしても、AGの子たちがSGの子たちをサポートしてくれる。なかには当日、自分のプレゼンテーション以上に緊張してSGの子を見守っているAGの子もいる。『人のためになる』という経験を通じて彼ら自身も成長していける点が、インターナショナルコースの大きな特徴だと思います」(植松さん)

植松さんは、生徒たちにどんな大人になってほしいと考えるのか。

「自分の人生に対して、また世の中の動きに対して、ロマンを持った人になってほしいです。世の中の動きに対して批判的な視点を持っていてもいいですが、ならば自分はどう動くかという部分を考えてほしい。そしてロマンが感じられる実現したいことが見つかったのだとしたら、それを積極的に実践し、まわりを巻き込める——そんな大人になってほしい」(植松さん)

中等・高等学校の「絶対的な使命」とは?

進学塾SAPIXの偏差値によれば、広尾学園の2018年度予想偏差値はおおよそ55〜58に推移する。大学への合格実績では、早慶上理ICU、GMARCHといわれる有名大学、はたまた国公立大学、医学部医学科、海外進学校への合格者も増えており、進学校化としての改革は成功の兆しを見せている。

しかし副校長の金子さんいわく、広尾学園よりも偏差値が下まわる学校のほうが進学実績のよいことが多く「進学校としての歴史がまだ浅い当校は、進学実績という点ではまだまだ」と話す。それにも関わらず、広尾学園への出願者は着実に増えている。なぜなのか。

「やはり10代の子たちや親御さんの考え方自体が、大きく変わってきているのだと思います。つまり、進学だけではない“学校の価値”が求められているのかもしれません。一般的なイメージとしてあるのは、小学校までは元気にやっていた子どもたちが、中学校に入ると顔が曇りだし、高校に入ると目が死んでいくみたいな(笑)。そういう子どもがそのまま大学へと進学し、卒業して社会に出ていく……ではいけない。何が学校の価値を決めるかといえば、生徒のモチベーションを育むことなのではないでしょうか? そのための環境とチャンスをどれだけ生徒に提供できるか——それが今の中等学校・高等学校の絶対的な使命になっているのではないかと思います」(金子さん)

広尾学園中学校・高等学校が推し進める「生徒のモチベーションを育む教育」の核はどこにあるのか。後編では、任意で行われる生徒1人ひとりの「研究活動」を重視し、学ぶ楽しさを体感させる「医進・サイエンスコース」の取り組みを通じて、その真髄に迫りたい。

「世界の誰も答えを知らない問題」へのアプローチを教えるための秘訣とは? ──モチベーションを高める広尾学園の教育システム(後編)へ続く


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ