Special
あしたのコミュニティーラボでは、毎月のメインテーマに沿って特集を展開します。

【特集】豊かな社会を考える


みなさんが描く「豊かな社会」とは、どんな姿をしていますか。 今月は、十人十色の答えが返るこの質問を、あえて識者や実践者の方々に問うてみました。座談会、 インタビュー、二つの事例紹介を通じて、みなさんと一緒に「豊かな社会」について考えます。(photo:Thinkstock / Getty Images)

Discussions 座談会・対談

「立場の異なる方々にそれぞれの立場からお話をいただくトークセッションコンテンツ。今月は、ITのアーキテクチャーに詳しい社会批評家の濱野智史さん、地域コミュニティーで実践的に活動する政策学者の西田亮介さん、国内の地域活動を支援する日本財団の町井則雄さんをお招きし、多角的な視野から「豊かな社会像」を描き出します。

日本独自の豊かな社会像とは?
「日本の豊かさのゆくえ 〜この時代に何を選択するか〜」座談会レポート
2012年8月22日(水)、東京・渋谷の「Ustream Studio渋谷」にて、豊かな社会のあり方について考える座談会「日本の豊かさのゆくえ」が行われました。モデレーター役を務めたITのアーキテクチャに詳しい社会批評家・濱野智史さん、ソーシャルビジネスや地域産業振興などを専門にする政策学者の西田亮介さん、国内外のNPO活動を支援する日本財団の町井則雄さんの3人は、どんな観点から「豊かな社会」像にアプローチしたのでしょうか。当日の模様を、詳しくレポートします。
●濱野 智史(社会批評家)
●西田 亮介(政策学者)
●町井 則雄(日本財団 経営支援グループCSR企画推進チームリーダー) 続きを読む

Opinions 識者の視点

各界の専門分野を持つスピーカーから、問題提起と課題解決のヒントを学ぶインタビューコンテンツ。今月は、日本各地で地域のつながりを生み出し続けているコミュニティーデザイナーの山崎亮さんにお話を伺います。

つながれば、ぼろ儲け!? 山崎亮が語るコミュニティーデザインという仕事。
つながれば、ぼろ儲け!? 山崎亮が語るコミュニティーデザインという仕事。
地域の課題を住民自らが解決する。そのためのさまざまなデザインを多数実践してきた山崎亮さん。そんなコミュニティーづくりのプロは、「豊かな社会」という難題をどのようにデザインするのでしょうか。
●山崎 亮(コミュニティーデザイナー) 続きを読む

Cases 事例紹介

テーマに基づき、課題解決に取り組む人々を取り上げるケーススタディ。今月は、人と人とのつながりから生まれた、「人が主役」を体現する地域づくりの事例をご紹介します。

「あと一押し」の元気をもたらすWebサービス
「あと一押し」の元気をもたらすWebサービス
この十数年、都市部や郊外において特に課題とされてきた孤立無援社会。その一つの解決策として地域SNSが注目されています。異世代交流を促し、コミュニティーの「縁」を賦活させる試みを追いました。
●西千葉地域SNS「あみっぴぃ」 続きを読む
「おきゃくに行こうよ!」が若者の合言葉に
「おきゃくに行こうよ!」が若者の合言葉に
大型SCの進出などで苦戦を強いられる都市の中心商店街。しかし、ちょっとした工夫や取り組みが光明をもたらすこともあるようです。地域一丸となっての結束とおもてなしの心が生み出したにぎわいの様子を追いました。
●「土佐のおきゃく」 続きを読む

特集一覧へ戻る




  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ