Special
あしたのコミュニティーラボでは、メインテーマに沿って特集を展開します。

【特集】「旅」は地域を変えるのか?


「旅」は地域を変えるのか?
持続可能な地域をつくるには、何が必要なのでしょうか。近年では、ふるさと納税や都心で島根のソーシャルな事例を学び、島根との関わり方を考える「しまコトアカデミー」などの事例をはじめ、その地域に定住することなく「関心をもって関わっていくこと」も地域活性の1つであるという考え、つまり「関係人口」に注目した活動も増えてきています。
今回は、ゲストハウスや民泊といった、日常とは違うサードプレイスを地域につくる取り組みを中心に、すでに生まれはじめている、定住にとどまらない気軽な「地域とのつながり方」を考えていく特集です。関係人口から交流人口を増やし、地域を中心にしたゆるやかなで持続可能なコミュニティーをつくりあげていくための新しいトレンドと、そこから生まれる地域の循環モデルの形を、事例やコミュニティーづくりを実践してきた専門家のインタビューから考えていきます。

Discussions 座談会・対談

立場の異なる方々にそれぞれの視点でお話をいただくトークセッションコンテンツ。今回は、「旅×関係人口」をテーマに、実践者の対話から新たな地域活性の方法を学びます。

「旅」は地域を変えるのか?
【イベントレポート】「旅」は地域を変えるのか? 関係人口から考える、新たな地域活性の方法を探る
地域と関わる方法として、「旅」はどんな役割を果たせるのでしょうか。そんな疑問から、今、地域活性や旅、民泊などの活動にかかわる実践者たちが新たな旅の役割について、ディスカッションを行います。
●田中輝美(ローカルジャーナリスト)
●小林希(旅作家)
●岩沢隆太(株式会社百戦錬磨)
●横田洋輔(富士通デザイン株式会社)
●高野一樹(富士通デザイン株式会社) 続きを読む

Opinions 識者の視点

各界の専門分野を持つスピーカーから、問題提起と課題解決のヒントを学ぶインタビューコンテンツ。今回は、「地域と関わること」を通じて未来の地域やコミュニティーのありかたを考えるためのヒントを伺います。

あしたのコミュニティーラボ
自分なりのやり方で地域と関わるには? 地域との関わりを「関係人口」から考える
「移住」はハードルが高く、一過性の「交流」では長続きしない一方で、離れていても地域に愛着をもち、応援し、地域の役に立つことができるのではないか。今回は、ローカルジャーナリストとして島根県を拠点に発信を続ける田中輝美さんに、ご自身の体験を踏まえ「関係人口」について聞きました。
●田中輝美(ローカルジャーナリスト) 続きを読む
あしたのコミュニティーラボ
「表現」で風通しのよいコミュニティーを生み出す
在籍する会社や肩書き、職種等にとらわれず、複数のコミュニティーを行き来する生き方・働き方を選択する人が増えているいま、コミュニティーのあり方が問われているのではないでしょうか。コミュニティー創出に関する研究・実験的活動に注力してきた文化活動家でありアーティストの、アサダワタルさんに新たなコミュニティーの形について伺いました。
●アサダワタル(文化活動家・アーティスト、博士) 続きを読む

Cases 事例紹介

テーマに基づき、課題解決に取り組む人々や事例を取り上げるケーススタディ。今回は、「つながりを生む民泊」をキーワードに、民泊という新たな潮流の可能性を探ります。

あしたのコミュニティーラボ
“民泊解禁”で拡がる、軽やかなライフスタイルとは
都内で民泊スタイルの生活を楽しむ、ある「勢力」。「ホテル・旅館に泊まらない」「現地観光やグルメにも興味がない」という彼らの「旅」の目的は何なのか。そこから見えたのは「旅」が本質的に持っている「出会い」——彼らが求める人生観そのものでした。
●モテアマス三軒茶屋 続きを読む
あしたのコミュニティーラボ
民泊は地域を活性化できるのか? 長野県北アルプスの事例から考える
民泊ユーザーの増加に伴い、社会あるいは地域全体ではどのような影響が及ぶのでしょうか。長野県北部で展開されている民泊(ゲストハウス)を基盤に、個人の新たな働き方、地域での交流人口増の兆しから新たな経済の拡がりの可能性、社会的価値を探ります。
●LODEC Japan 続きを読む

特集一覧へ戻る




  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ