Cases
社会課題を解決する先進的なアプローチをご紹介します。

世話してあげたくなるロボットが限界集落を救う!?――鹿児島県「共創のまち・肝付プロジェクト」(後編)
2017年06月07日

作家、カレル・チャペックが戯曲「ロッサム万能ロボット会社」で、「ロボット」という造語を使ったのが、1920年のこと。それから間もなく100年の時が経とうとしている。空想から始まったロボットという概念も、この100年間で産業化が進み、産業用ロボットの誕生など世界の近代化を牽引してきたことは事実だ。

では、ロボットは労働力なのか?――そんな人類にとって長年のテーマも「共創のまち・肝付プロジェクト」では実証されている。2015年「共創のまち・肝付プロジェクト」のスタートとともに始まった、通称「キモPプロジェクト」だ。その企画運営協力に参画したのは、テクノロジー領域における「共創の場づくり」を行う株式会社たからのやま。鹿児島県肝付町の高齢者介護施設にやって来た感情認識ヒューマノイドロボット・Pepperと高齢者との交流から、どんなことが見えてきたのか。株式会社たからのやまの2人に、プロジェクトから見えた成果を伺った。(TOP写真提供:株式会社たからのやま)

続きを読む
過疎化の進む田舎町を日本の最先端にする方法――鹿児島県「共創のまち・肝付プロジェクト」(前編)
2017年06月07日

お年寄りがスマホを片手にまちを歩き、徘徊する認知症高齢者を捜索する――。そんな徘徊模擬訓練が鹿児島県の東南部にある肝属郡肝付町の新富(にいとみ)地区で実施されている。JAXAのロケット発射台と観測所がある地域として有名な同地は、2015年から、製品開発・研究の実証の場として企業・大学・市民にフィールドを提供する「共創のまち・肝付プロジェクト」としても全国の注目を集め、産官学民協働によるさまざまなプロジェクトが進行している。テクノロジーを活用したまちの「未来づくり」のプロジェクトの様子を通じて、生活に寄与するテクノロジーの在り方を考えた。前後編でお伝えする。

続きを読む
ビジョナリーが描く“パラダイムシフト”と、“未来のつくり方” ──特集「創発のデザイン〜発散を収斂させるためのヒント〜」vol.4
2017年06月02日

福島県のスキー場(アルツ磐梯)で行われたFUKUSHIMA Hackathon 2017には、今年も日本を代表する専門家が集い、ハイコンテクストなセミナーが開かれていた。医療、社会変動やAI(Artificial Intelligence)にまつわる未来予想図──。果たして、彼らが注目するパラダイムシフトとは? これからイノベーションを志す人々がおさえるべき「未来のつくり方」のヒントを探るべく、編集部は現地を訪問した。ビジョナリーからの声に、大いに考えをめぐらせてほしい。

続きを読む
資生堂とパルコはなぜSXSWに出展したのか? ──特集「創発のデザイン~発散を収斂させるためのヒント~」vol.3
2017年05月12日

今年の「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」(会期は2017年3月10〜19日)にも、日本から多くの企業が出展した。電機、IT系の大手企業やスタートアップが中心であるなか、企業ブースである「TRADE SHOW(展示会)」には資生堂とパルコの姿があった。化粧品、そして小売の両社が、なぜSXSWに出展したのか? そこから見えてきた、創発を引き寄せる3ステップとは? あしたのコミュニティーラボ編集部(黒木昭博、武田英裕)が、次なる事業領域の拡張に積極的な企業・団体の動向を通じて、イノベーション創発までの可能性を考える特集「創発のデザイン」の第3回としてお届けする。

続きを読む
海外×テクノロジーの未来に近づく? 「Tech Open Air」ワールドツアー東京に行ってみた ——特集「創発のデザイン〜発散から収斂へ〜」vol.2
海外×テクノロジーの未来に近づく? TOAワールドツアー東京に行ってみた ──特集「創発のデザイン〜発散を収斂させるためのヒント〜」vol.2
2017年04月28日

「TOA」(Tech Open Air)は、毎夏、ドイツのベルリン市街で開催されるアート&テクノロジー・カンファレンスだ。2016年のTOAでは約2万人を動員するなど、注目を集めている。このたび、そのTOAのスピンオフイベントとして、日本国内では初となる「TOAワールドツアー東京」が開催された。TOAから見えてきた創発をデザインするための場づくりとは? (以下すべて、画像提供:TOA運営事務局/撮影:Futoshi)

続きを読む
リーンな仮説・検証からOne to One to Socialを実現する ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(対談編)
2017年04月27日

2016年6月に行った大分大学経済学部との共創アイデアソンから生まれた、大分FCの「タオルチケット」。その後生まれたver.2はファンを中心に高い評判をもたらし、短期間でほぼ完売という成果を挙げた。このプロジェクトは、昨今、注目されている新規事業の立ち上げ手法「リーンスタートアップ」の応用の一例といえる。プロジェクトの中心メンバーである株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の河野真之さん、ファシリテーターとして関わってきた富士通総研チーフシニアコンサルタントの黒木昭博さんの2人の対話から、産学におけるリーンなプロジェクトのつくり方のヒントを学ぼう。

続きを読む
クラブと地域の未来をつくる余剰時間のススメ ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(追跡編)
2017年04月27日

2016年9月、あしたラボでは、Jリーグ大分トリニータの運営母体・株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の共創プロジェクトに迫った(詳しくはリンク先を参照のこと)。大分大学経済学部とのプロジェクト「タオルチケット」は、その後短期間で第2弾を実施。さらに地域における新たな価値創出をねらうべく、連携の輪を拡げつつある。そもそも大分FCは、地域に根差すプロスポーツクラブとしてどのような未来への展望を描き、施策を考えているのだろうか──編集部は再び大分FCを訪ねた。大分FCのいまに迫る“追跡編”と、「タオルチケットver.2」のプロジェクトからノウハウを学ぶ“対談編”の2本立てでお送りする。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ