Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

アイデアソンは「いずれなくなってしまう」?――アイデアソン・サミット2017(3)
2017年04月04日

多様な背景を持った人々が、1つのテーマに対してアイデアを出す「アイデアソン」。アイデアを出すプロセスを通じて、共通言語をつくり、人が育つ。さまざまな効果がある一方、ビジネスのアイデアがすぐに得られると過度な期待をされているのも事実だ。全国各地でアイデアソンを開催し、アイデアソンを広めてきた実践者たちが一堂に会した「アイデアソン・サミット2017」は、アイデアソンの課題抽出や、さまざまなセクターでのアイデアソンの有効性を、参加者同士が2日間徹底議論する場として、今回はじめて開催された。

サミットは、最後のプログラム「アイデアソン・サミットフォーラム」に移った。モデレーターは、主催者である高知大学 地域協働学部 コミュニティデザイン研究室の須藤順さん。パネリストとして株式会社富士通総研の佐々木哲也さん、そして2日間の司会進行を務めたエイチタス株式会社の原亮さんを迎えた。3名の語り合いから見えた、アイデアソンの未来像とは? 3本立ての最終回。

続きを読む
アイデアソンは「魔法の杖」ではない――アイデアソン・サミット2017(2)
2017年04月04日

各地のアイデアソンの盛り上がりの一方で、アイデアソンの意味が当初の意味とは違う形で解釈され、さまざまな課題も生まれている。そんななかで、主に運営者を集め開催された「アイデアソン・サミット」。アイデアソンの課題をその場で改善していった1日目の「アイデアソン解体新書」に続き、2日目は「アイデアソン・カンファレンス」が開催された。参加者を領域の近い関係者の集う4グループに分け、各テーマには3名のモデレーターを配置の上、2時間のディスカッションが行われた。カンファレンス後には各テーブルのモデレーターが登壇。参加者全員に議論の内容がシェアされた様子をお届けする。全3回の2回目。

続きを読む
アイデアソンの課題を、アイデアソンで解決する!?――アイデアソン・サミット2017(1)
2017年04月04日

企業・地方自治体・大学など、全国各地でアイデアソンが開催され、ほんの少し前までは認知度の低かった「アイデアソン」という言葉も、この数年で徐々に広まりつつある。しかし、そうした現状について、多種多様なアイデアソンを開催してきた高知大学 地域協働学部 コミュニティデザイン研究室・須藤順さんは「アイデアソンは今、過渡期を迎えているのではないか?」と警鐘を鳴らす。特にアイデアソン運営側の人たちにとっては「即時的な効果を求められる」「単なるワークショップと混同されがち」といった悩みも多い。

そうした課題を解決すべく、アイデアソン関係者を集めた「アイデアソン・サミット2017」が2017年2月4~5日に開催された。3つのパート(アイデアソン解体新書、カンファレンス、フォーラム)に分けられた2日間のプログラムからは、アイデアソンにまつわるさまざまな課題が見えてきた。3本立てで、その様子と、アイデアソンの課題、そして未来について考える。まず(1)では、「アイデアソン解体新書」の模様をお伝えする。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】“一生もの”の健康は「予防」から 暮らしとビジネスの未来を変える「予防歯科」のポテンシャルを学ぼう
2017年02月23日

「歯の予防」は暮らしに、ビジネスに、どう役立つ? 3/19(日)、これからの暮らし・企業の取り組みにインパクトを与える、健康・ヘルスケアの「予防」に着目したイベントを開催します。なかでも、ふだん見落とされがちな「歯」の予防をテーマに、家庭や地域における暮らし、ビジネス(事業、経営)など、私たちに与える影響やその価値、未来を変えるポテンシャルについて考えます。 従業員の健康悪化によって企業経営が脅か…

続きを読む
【イベントレポート】クオリティオブ“ライフタイム”で考える――ひと中心のヘルスケアイノベーションのヒントはどこにある?
2017年02月07日

ユーザー視点で新しいヘルスケアビジネスを生むためのヒントはどこにあるのでしょうか。2016年12月20日、東京・六本木のHAB-YU Platformで、ヘルスケアビジネスをテーマにしたイベントが開催されました。今回は、一般的に医療や健康という文脈でとらえられがちな「ヘルスケア」を「生活のQOLを向上させるアプローチ」と位置づけ、子育てシェア、女性のキャリア支援、予防歯科など幅広いテーマを題材に、「自分自身の生活を、中長期、生涯にわたって豊かにするにはどんなアプローチが可能なのか」を参加者が共に考えました。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】【無料トークイベント】「暮らし」の課題を解決する生活者視点のサービスをどうつくる? ──12/20(火)東京・六本木で、これからのビジネスのヒントを見つけよう
2016年12月02日

「一生涯」×「ユーザー視点」で考える、ヘルスケア・イノベーション 12/20(火)、あしたのコミュニティーラボでは、「ユーザー視点で見るヘルスケアビジネスの可能性」をテーマにしたイベントを実施します。 ひとが生涯にわたって、よりよい選択・生活をできることは、理想的な「豊かさ」の1つといえます。しかし、超高齢社会に伴う社会福祉費用の増加や、経済格差による貧困の拡大、育児環境における地域での協力体制の…

続きを読む
【学生限定オープンイベント】あしたラボUNIVERSITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 参加申込受付中!
【受付終了いたしました】【学生限定イベント】あしたラボUNIVERSITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 参加申込受付中!
2016年11月16日

あしたラボUNIVESRITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 2017年1月、あしたラボUNIVERSITYとして初のハッカソンを開催します。 「私のスキル、アイデアをぶつけてやる!」という学生の方のご参加をお待ちしています! 【受付終了いたしました】 2015年2月、『あしたのまちHack~私のまちの魅力を100倍にするアイデアソン~』。 2016年2月、『大ガッコソン!~常…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ