Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

アイデアソンの課題を、アイデアソンで解決する!?──アイデアソン・サミット2017(1)
2017年04月04日

企業・地方自治体・大学など、全国各地でアイデアソンが開催され、ほんの少し前までは認知度の低かった「アイデアソン」という言葉も、この数年で徐々に広まりつつある。しかし、そうした現状について、多種多様なアイデアソンを開催してきた高知大学 地域協働学部 コミュニティデザイン研究室・須藤順さんは「アイデアソンは今、過渡期を迎えているのではないか?」と警鐘を鳴らす。特にアイデアソン運営側の人たちにとっては「即時的な効果を求められる」「単なるワークショップと混同されがち」といった悩みも多い。

そうした課題を解決すべく、アイデアソン関係者を集めた「アイデアソン・サミット2017」が2017年2月4~5日に開催された。3つのパート(アイデアソン解体新書、カンファレンス、フォーラム)に分けられた2日間のプログラムからは、アイデアソンにまつわるさまざまな課題が見えてきた。3本立てで、その様子と、アイデアソンの課題、そして未来について考える。まず(1)では、「アイデアソン解体新書」の模様をお伝えする。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】“一生もの”の健康は「予防」から 暮らしとビジネスの未来を変える「予防歯科」のポテンシャルを学ぼう
2017年02月23日

「歯の予防」は暮らしに、ビジネスに、どう役立つ? 3/19(日)、これからの暮らし・企業の取り組みにインパクトを与える、健康・ヘルスケアの「予防」に着目したイベントを開催します。なかでも、ふだん見落とされがちな「歯」の予防をテーマに、家庭や地域における暮らし、ビジネス(事業、経営)など、私たちに与える影響やその価値、未来を変えるポテンシャルについて考えます。 従業員の健康悪化によって企業経営が脅か…

続きを読む
【イベントレポート】クオリティオブ“ライフタイム”で考える──ひと中心のヘルスケアイノベーションのヒントはどこにある?
2017年02月07日

ユーザー視点で新しいヘルスケアビジネスを生むためのヒントはどこにあるのでしょうか。2016年12月20日、東京・六本木のHAB-YU Platformで、ヘルスケアビジネスをテーマにしたイベントが開催されました。今回は、一般的に医療や健康という文脈でとらえられがちな「ヘルスケア」を「生活のQOLを向上させるアプローチ」と位置づけ、子育てシェア、女性のキャリア支援、予防歯科など幅広いテーマを題材に、「自分自身の生活を、中長期、生涯にわたって豊かにするにはどんなアプローチが可能なのか」を参加者が共に考えました。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】【無料トークイベント】「暮らし」の課題を解決する生活者視点のサービスをどうつくる? ──12/20(火)東京・六本木で、これからのビジネスのヒントを見つけよう
2016年12月02日

「一生涯」×「ユーザー視点」で考える、ヘルスケア・イノベーション 12/20(火)、あしたのコミュニティーラボでは、「ユーザー視点で見るヘルスケアビジネスの可能性」をテーマにしたイベントを実施します。 ひとが生涯にわたって、よりよい選択・生活をできることは、理想的な「豊かさ」の1つといえます。しかし、超高齢社会に伴う社会福祉費用の増加や、経済格差による貧困の拡大、育児環境における地域での協力体制の…

続きを読む
【学生限定オープンイベント】あしたラボUNIVERSITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 参加申込受付中!
【受付終了いたしました】【学生限定イベント】あしたラボUNIVERSITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 参加申込受付中!
2016年11月16日

あしたラボUNIVESRITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~ 2017年1月、あしたラボUNIVERSITYとして初のハッカソンを開催します。 「私のスキル、アイデアをぶつけてやる!」という学生の方のご参加をお待ちしています! 【受付終了いたしました】 2015年2月、『あしたのまちHack~私のまちの魅力を100倍にするアイデアソン~』。 2016年2月、『大ガッコソン!~常…

続きを読む
【イベントレポート】ソーシャルイノベーションの出発点はどこにある?
【イベントレポート】ソーシャルイノベーションの出発点はどこにある?
2016年10月18日

ソーシャルイノベーション実現のための第1歩は、「自分を知ること」から。自分のなかに他者を引きつけるだけの強い想いを見つけることができれば、シンボリックなテーマやメッセージのもとに共感者が集まり、大きな活動の原動力になっていくのではないか。

9月13日、大手町の「TIP*S」で開催されたイベントは、そんな仮説のもと企画されました。4名の登壇者の刺激的なトークと、会場全員参加のワークショップによって、地域づくりに携わりたいと集まった参加者たちは、どんな気づきを持ち帰ったのでしょうか。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ