Opinions
各界の専門分野を持つ有識者の方々から、社会を変えるイノベーションのヒントを学びます。

誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから――exiii Inc. CEO 近藤玄大さん インタビュー(前編)
誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから──exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(前編)
2016年10月06日

メカニカルなデザインの電動義手。従来の義手のイメージを一新した「Handiii」は、3Dプリンターというデジタルファブリケーション機器の活用によって劇的なコストダウンも成し遂げ、大きな注目を集めている。開発者で、exiii Inc. CEOの近藤玄大さんが挑んでいるのは、「義手を必要とする人たちの目線に立ったソーシャルイノベーション」にほかならない。その想いを実現するために重ねてきた取り組みとは。前後編で伺う。

続きを読む
エコシステムづくりの同心円をどう拡げるか──NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男さん(後編)
2016年07月19日

20年間で500名もの社会起業家を輩出してきたNPO法人ETIC.。代表の宮城治男さんは、「社会に出るとき、自分の可能性を閉じてしまう生き方を選んでしまうのはもったいない」と、1990年代からインターンシップ事業に乗り出した。それから約20年、学生に限らず、社会課題解決を担うメンバーを増やし続ける活動を続けている宮城さんに、エコシステムをどうつくり、ビジネスとソーシャルをどうブリッジさせてきたのか、そのヒントを聞いた。宮城治男さんインタビュー後編。

続きを読む
20年の積み重ね、その1歩をどう歩み出したか?──NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男さん(前編)
2016年07月19日

イノベーション創発は、世のなかに新たな価値を問い、多くの人を巻き込むことでもある。では、今先駆者と呼ばれているソーシャルイノベーションの実践者は、さまざまな人を巻き込みコトを生み出すためにどんなエコシステムをつくりだしているのだろうか。

今回は20年間で次代を担う起業家リーダーを500名以上生み出したNPO法人ETIC.の代表理事の宮城治男さんにお話を伺った 。困難な社会課題の解決に挑む社会起業家もETIC.の提供するプログラムから数多く巣立っている。未踏の道を歩むパイオニアを育成するエコシステムはどのように築かれていったのか。そして既存の企業で社会課題に向き合おうとしている人たちにどんなヒントを提供できるのだろうか。前後編でお届けする。

続きを読む
【座談会】ハッカソンをクリエイティブな場に様変わりさせる方法 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(後編)
2016年05月16日

「IoT × Security Hackathon 2016」(レポートはこちら)をきっかけとしてはじまった今回の座談会。こうしたハッカソンもまた、アイデア創発の一連のコミュニティーとして重要なものだ。しかしそこで生まれたアイデアが“がらくた”ばかりでは本末転倒。後編では、ハッカソンがクリエイティブな場として機能するためにはどうすればよいのか、3名にお話を伺った。

続きを読む
【座談会】社会を変える出口戦略と、エコシステム形成の可能性 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(前編)
2016年05月16日

エンジニア・デザイナーが一堂に会し、未だかつてないプロダクト・サービスを創発していくハッカソン。ここで生まれた“イノベーションの種”が間断なく社会実装されるしくみができれば、日本にもイノベーション創出の渦が巻き起こっていく。いわばハッカソンは、「個人と社会をつなぐ装置」といえそうだ。しかし「企業」という組織のなかにその装置を取り入れるのはなかなかハードルが高く、現状、「社会を変えたい」という強い想い・使命を持った個人を、企業がうまく活用できているとは言いがたい。

今回は、アルツ磐梯スキー場で開催された「IoT × Security Hackathon 2016」(レポートはこちら)の関係者を集め、「個人—企業(組織)—社会」をうまくつなぎ合わせ、個人の想いを“イノベーションの種”として社会に実装し課題を解決する、そんな“エコシステム形成の可能性”をテーマに話をしていただいた。

続きを読む
小さくても鋭い「作品」をつくるカギは「共感」 ──株式会社スマイルズ 遠山正道さん(後編)
2016年05月09日

やりたいことを貫き通すには、「共感」が重要だと「Soup Stock Tokyo」を立ち上げた株式会社スマイルズの遠山正道さんは話す。では、その考えを元にした株式会社スマイルズは、どのように社員を支え、鼓舞しているのだろうか。遠山正道さんのビジネス、そして会社に対する思いを聞いた後編。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ