注目のキーワード
ものづくり

多様なバックグラウンドにしか、イノベーションの火種はない――exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(後編)
多様なバックグラウンドにしか、イノベーションの火種はない──exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(後編)
2016年10月06日

SF映画のサイボーグのようにメカニカルなデザインの電動義手。従来の義手のイメージを一新した「Handiii」はデジタルファブリケーションの活用によって劇的なコストダウンも成し遂げた。個人のニーズに応じたカスタマイズが可能で、マイナスをプラスに転化できる身体拡張ツールとして電動義手を普及させたい──。この思いをどのように広げていったのか、大企業とベンチャー双方の経験をもつexiii Inc. CEOの近藤玄大さんにソーシャルイノベーションを生み出し、持続させる方策について聞いた。

続きを読む
誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから――exiii Inc. CEO 近藤玄大さん インタビュー(前編)
誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから──exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(前編)
2016年10月06日

メカニカルなデザインの電動義手。従来の義手のイメージを一新した「Handiii」は、3Dプリンターというデジタルファブリケーション機器の活用によって劇的なコストダウンも成し遂げ、大きな注目を集めている。開発者で、exiii Inc. CEOの近藤玄大さんが挑んでいるのは、「義手を必要とする人たちの目線に立ったソーシャルイノベーション」にほかならない。その想いを実現するために重ねてきた取り組みとは。前後編で伺う。

続きを読む
【UXで考える伝統工芸2】2つのワークから浮かび上がってきたコンセプト
2016年02月24日

みなさま、こんにちは。プロジェクトメンバーの内野 結夏です。 2015年12月、石川県金沢市でワークショップを開催しました。今回のワークショップでは伝統工芸の“手染め”と、のれんなどの“製品”のUXに着目し、それぞれの良さを考えました。ワークショップでは、参加者と一緒に実際に手染めされた製品に触れて気づきを得ました。 職人さんとの対話や、のれんやのぼりなどの製品に触れることで、手染めの製品には、丈…

続きを読む
“放課後活動”が日本のものづくりに新風を巻き起こす?──放課後ものづくりサークル「品モノラボ」(3)
2015年11月09日

ものづくり好きが集う「品川ものづくりラボ(以下、品モノラボ)」。隔月開催の“meetup”の様子と、コミュニティー発足の経緯に迫った前2回に続き、最終回では、「実験の場」として活用されるべく、品モノラボが掲げた新たなテーマと、日本のものづくりにおける放課後コミュニティーの価値について考える。

続きを読む
常連化6割のコミュニティーの秘訣は“ゆるさ”と“アツさ”!?  ──放課後ものづくりサークル「品モノラボ」(2)
2015年11月06日

品川をキーワードにものづくり好きが集う「品モノラボ」。隔月開催のmeetupの様子に迫った前回に続き、第2回は発起人である田中章愛さん、運営メンバーの古賀由希子さんに“ゆるくてアツいコミュニティー”のつくり方について伺った。

続きを読む
売り上げ個数100個達成!
放課後活動で“趣味とビジネスの間”を学ぶ ——放課後ものづくりサークル「品モノラボ」(1)
2015年11月05日

ものづくり好きの人々が集まるオープンなコミュニティー「品川ものづくりラボ(通称:品モノラボ)」。周辺にものづくり企業が多く、通勤や出張の乗り換え駅である品川という地の利を活かし、隔月で毎回60名前後が集い作品制作やものづくりの話題に花を咲かす。

“放課後活動”が活気づく運営のコツとは? また、昼の“競争”する企業人としてではなく、夜の“共創”する個人としてのものづくりは、本業、ひいてはものづくり産業にどのような影響を及ぼすのだろうか。全3回で追う。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ