注目のキーワード
よこまなプロジェクト

「新しい力を育てること」で地域の未来を変える ――よこまなプロジェクト完了報告(後編)
2016年01月15日

学校、企業、自治体の知見を持ち寄り、従来の公教育を補完する新しい教育やそこで必要となる新しい力について考える、「横浜でつくる学びの未来プロジェクト(通称:よこまなプロジェクト)」。準備期間含めおよそ10カ月にわたるプロジェクトで明らかになった、就学児を持つ保護者の課題から、参加者たちがアイデアを創出したプロセスを振り返るとともに、「新しい力」を育むために、今アクションできるアイデアの種を探ります。…

続きを読む
連続ワークショップを終えて見えてきた、「新しい学びの力」の姿――よこまなプロジェクト完了報告(前編)
2016年01月14日

暮らす場としての「横浜」を舞台に、子どもたちが「主体的な課題設定力」、「粘り強い問題解決力」を身につけるための新たな教育のあり方を考える「横浜でつくる学びの未来プロジェクト(通称:よこまなプロジェクト)」。2015年7月から8月にかけ、連続ワークショップとフィールドワークが行われました。横浜に愛着のある方が数多く参加した今回のワークショップを、すべてのセミナーを見学した、あしたのコミュニティーラボ…

続きを読む
【満員御礼】5/26、6/2、7/7
子どもたちが自ら学び抜く力を身につけるには? よこまなプロジェクト 公開ワークショップ開催
2015年04月28日

「暮らす横浜」に集う人々、専門家とともに新しい学び・教育のかたちについて考えよう! 教育の現場ではハード、ソフト両面で大転換が起きつつあります。そんななかで“住む、育つ場所としての地域”、そこにいる私たちができることはないのでしょうか。たとえば、地域に住む私たちが、現場の教員の方をはじめとした指導者を支援しながら、多くの子どもたちに探究学習をはじめとした新しい学びにアクセスしてもらうためには、どの…

続きを読む
よこまなプロジェクト
2015年04月28日

住民目線で考える、“横浜”ד学び”の課題とは? 富士通総研(以下FRI)実践知研究センターはNPO法人ミラツクと共同で、市民・行政・ビジネスマンが一緒になって、市民視点で考える新しい学びのかたちづくり「よこまなプロジェクト(横浜でつくる学びの未来プロジェクト)」をスタートします。 対象エリアは「“暮らす場所”としての横浜」。人口が東京23区に次ぐ規模である横浜は、多くの富士通グループ社員も住民、…

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ