注目のキーワード
エコシステム

地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動を知り体験する「アクティブワーキング」ツアー。第2弾となる京都府福知山市編はこれまで、企業の視点でその価値を探ってきたが、ラストとなる本稿では、同事業を企画・実施した行政にフォーカスを当てたい。開催からおよそ2か月が経過した4月下旬。今回の企画の立役者である行政・自治体担当者に再び集まっていただき、話を伺った。果たして、どのような問題意識からアクティブワーキングは行われたのか。実施した結果は地域にとっていかなるもので、どんな展開が期待できるのか。

続きを読む
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアー。第2回となる京都府福知山市編では、地域の特色にあふれたメニューがふんだんに設計されていた。本稿では、実際のアクティビティの様子をお伝えするとともに、企業にとっての参加価値に焦点を当てる。彼らは地域の現場を目の当たりにして、どんな可能性を見出したのであろうか。

続きを読む
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアーが、京都府福知山市内で開催された。2015年に宮崎県日南市で行われた初ツアー以来、自治体としては2件目の実施となる今回、あしたラボ編集部は再びツアーに同行し、地域と参加者の期待や開催までの経緯を探ってみた。本稿では、アクティブワーキングについてあらためてご紹介するとともに、企業から見た参加の価値に焦点を当てたい。彼らはどんな期待をもって、アクティブワーキングに参加したのか。

続きを読む
資生堂とパルコはなぜSXSWに出展したのか?
2017年05月12日

今年の「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」(会期は2017年3月10〜19日)にも、日本から多くの企業が出展した。電機、IT系の大手企業やスタートアップが中心であるなか、企業ブースである「TRADE SHOW(展示会)」には資生堂とパルコの姿があった。化粧品、そして小売の両社が、なぜSXSWに出展したのか? そこから見えてきた、創発を引き寄せる3ステップとは? あしたのコミュニティーラボ編集部(黒木昭博、武田英裕)が、次なる事業領域の拡張に積極的な企業・団体の動向を通じて、イノベーション創発までの可能性を考える特集「創発のデザイン」の第3回としてお届けする。

続きを読む
地域をプラットフォーム化し、ポテンシャルを形にしていく試み――官民共同で進む横須賀市「ヨコスカバレー」構想(2)
地域をプラットフォーム化し、ポテンシャルを形にしていく試み──官民共同で進む横須賀市「ヨコスカバレー」構想(2)
2016年11月25日

「日本の明日が見えるまち」として、人口流出などさまざまな課題を抱える横須賀市。そんな状況を逆手にとって地域課題を解決しようと、チャレンジ精神旺盛なスタートアップICT企業の誘致・集積を図る「ヨコスカバレー」構想が盛り上がっている。吉田市長に地域の課題を聞いた前編に続き、中編では、「企業からみた横須賀の可能性」をテーマに、旧知の仲の市長と構想を練った地元のキーマン、タイムカプセル株式会社の相澤謙一郎さんと、外からの立場で地域の企業やコミュニティーと連携の可能性を探る株式会社ビーマップの中井大さんに話を聞いた。全3編の中編。

続きを読む
吉田雄人市長に聞く、の未来――官民共同で進む横須賀市「ヨコスカバレー」構想(1)
吉田雄人市長に聞く、「日本の明日が見えるまち」の未来──官民共同で進む横須賀市「ヨコスカバレー」構想(1)
2016年11月25日

“スカジャン”や“海軍カレー”で知られる神奈川県横須賀市は2013年に「転出超過自治体」ワーストワンとして不本意な結果を得た。しかし今、チャレンジ精神旺盛なスタートアップやICT企業の誘致・集積を図る「ヨコスカバレー」構想が反転攻勢の狼煙として上がっている。活動開始からおよそ1年、そこには行政・民間企業だけでなく、今後地域を支える若者たちや、他地域からも横須賀に縁のある人々が続々集結、新たなうねりを生みはじめている。今回は、その取り組みを、2009年に33歳の若さで選出された吉田雄人市長への取材を皮切りに、さまざまな関係者の思いとそれを形にしようとするキーマンの証言を元に探った。3編でお届けする。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ