注目のキーワード
エコシステム

水産流通の再構築による「日常のなかのおいしさの体験」とは? フーディソンがつくる“食の感動”(後編)
2018年04月12日

小売店での失敗、飲食店向け卸売りへのシフトチェンジ、そして仕入れ先のデータベース化……。いくつかのプロセスを踏んだ末、飲食店向け鮮魚仕入れシステム「魚ポチ」が誕生した。同サービスは1,500種類から「次の日に使いたい鮮魚」を注文できるECサービスだが、株式会社フーディソン代表取締役CEO・山本徹さんは「なにもITありきで考えているわけではない」と強調する。「すべてを置き換えるのは難しい」と言われる水産流通にITを組み込む上で見据えるべきポイントとは? 後編をお届けする。(TOP画像提供:株式会社フーディソン)

続きを読む
日本の水産業にエコシステムを築く フーディソンがつくる“食の感動”(前編)
2018年04月12日

日本近海で漁獲される魚は3,000~4,000種といわれている。多種多様であるにも関わらず、ふだんの食生活で口にする魚は、アジ、イワシ、サンマ……と限定されたものばかりではないだろうか。それは定番魚と言われる魚が、大量かつ安価に水産流通網に乗りやすいことが一因となっている。「世界の食をもっと楽しく」、そんなミッションを掲げる株式会社フーディソンは水産流通プラットフォームの再構築を図るべく、さまざまな施策に乗り出している。

その1つが飲食店向け鮮魚仕入れシステム「魚ポチ」。まったく異業種から参入した株式会社フーディソン代表取締役CEO・山本徹さんは、1人のサンマ漁師との出会いから水産業の世界へ飛び込むことになった。フーディソンが取り組む、水産業のエコシステム構築のヒントとは? 前後編でお伝えする。

続きを読む
地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動を知り体験する「アクティブワーキング」ツアー。第2弾となる京都府福知山市編はこれまで、企業の視点でその価値を探ってきたが、ラストとなる本稿では、同事業を企画・実施した行政にフォーカスを当てたい。開催からおよそ2か月が経過した4月下旬。今回の企画の立役者である行政・自治体担当者に再び集まっていただき、話を伺った。果たして、どのような問題意識からアクティブワーキングは行われたのか。実施した結果は地域にとっていかなるもので、どんな展開が期待できるのか。

続きを読む
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアー。第2回となる京都府福知山市編では、地域の特色にあふれたメニューがふんだんに設計されていた。本稿では、実際のアクティビティの様子をお伝えするとともに、企業にとっての参加価値に焦点を当てる。彼らは地域の現場を目の当たりにして、どんな可能性を見出したのであろうか。

続きを読む
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアーが、京都府福知山市内で開催された。2015年に宮崎県日南市で行われた初ツアー以来、自治体としては2件目の実施となる今回、あしたラボ編集部は再びツアーに同行し、地域と参加者の期待や開催までの経緯を探ってみた。本稿では、アクティブワーキングについてあらためてご紹介するとともに、企業から見た参加の価値に焦点を当てたい。彼らはどんな期待をもって、アクティブワーキングに参加したのか。

続きを読む
資生堂とパルコはなぜSXSWに出展したのか?
2017年05月12日

今年の「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」(会期は2017年3月10〜19日)にも、日本から多くの企業が出展した。電機、IT系の大手企業やスタートアップが中心であるなか、企業ブースである「TRADE SHOW(展示会)」には資生堂とパルコの姿があった。化粧品、そして小売の両社が、なぜSXSWに出展したのか? そこから見えてきた、創発を引き寄せる3ステップとは? あしたのコミュニティーラボ編集部(黒木昭博、武田英裕)が、次なる事業領域の拡張に積極的な企業・団体の動向を通じて、イノベーション創発までの可能性を考える特集「創発のデザイン」の第3回としてお届けする。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ