注目のキーワード
コミュニティ・ユース・バンク

若者&地域の参画で達成する地域内“志金”循環モデル構想──コミュニティ・ユース・バンク momo(後編)
2017年12月18日

コミュニティ・ユース・バンクmomoは2005年の設立以来、541名から約4,800万円超の出資金を集め、62の事業に対し融資を実行してきた。近ごろその活動には、地域金融機関、地方行政も大きな関心を示している。後編ではmomoによる融資審査の様子とともに、次世代の担い手であるボランティアスタッフ「momoレンジャー」にも話を聞いた。NPOバンク参画者の思い、そしてmomo代表の木村さんの話から見えてきた「地域内“志金”循環モデル構想」とは?(TOP画像提供:コミュニティ・ユース・バンクmomo)

続きを読む
地域の共助を生み出す、名古屋発「お金の地産地消」のしくみづくり──コミュニティ・ユース・バンク momo(前編)
2017年12月18日

いまだ日本ではNPOや社会起業家に対する金融機関の融資は実行されにくい。とりわけ地域のなかでお金をまわすしくみをつくるためには、地方銀行や、信用金庫や信用組合といった地域金融機関の存在がカギとなる。そうしたなかでいま注目されているのがNPOバンクだ。東海地方初のNPOバンクとして2005年に始動した「コミュニティ・ユース・バンクmomo」もそんなNPOバンクの1つ。金融機関との協調融資も推し進める人物の1人で、「お金の地産地消」を掲げながら名古屋を拠点に活動するmomo代表理事の木村真樹さんに、これからの地域金融による「共助」のかたちについて話を伺った。前後編でお送りする。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ