注目のキーワード
サステナビリティ

予防歯科の実践で、「病気知らず」に? ──メンテナンス重視の医療に取り組む日吉歯科診療所(後編)
予防歯科の実践で、「病気知らず」に? ──メンテナンス重視の医療に取り組む日吉歯科診療所(後編)
2016年12月12日

「庄内地域に住む人々の口腔内の健康状態を世界一にする」というビジョンを掲げ、“なったら通う”から“ならないために通う”へと歯科医像を変革した日吉歯科診療所。熊谷崇理事長は37年前から疾患の発症・再発を予防する医療プログラムを実践してきた。では、その具体的な変化・効果はいかほどなのか。患者に寄り添い口腔内の健康維持をサポートする歯科衛生士と、メンテナンスに通院する患者の声を通じて、予防医療がQOL(生活の質)に及ぼす影響を考えてみる。

続きを読む
「予防医療」があなたの生涯を変える ──メンテナンス重視の医療に取り組む日吉歯科診療所(前編)
「予防医療」があなたの生涯を変える ──メンテナンス重視の医療に取り組む日吉歯科診療所(前編)
2016年12月12日

人のQOL(生活の質)を考えるうえで、健康状態を支える「医療」は重要な要素の1つだろう。今回の特集では、生涯(ライフタイム)を通じて健康であり続けるための“QOL=クオリティ・オブ・ライフタイム”という視点から、「予防医療」の価値に着目してみたい。そこで、私たちが訪問したのは、山形県酒田市。「口腔のケア」が全身の健康を保つ、QOL向上の隠れた重要分野であることはあまり知られていない。実は、ここ酒田市には市人口(約10万5,000人)の3割が受診し、1割以上が定期的なメンテナンスに通う日吉歯科診療所がある。37年前からむし歯や歯周病の発症・再発を予防する医療プログラムを実践。「庄内地域に住む人々の口腔内の健康状態を世界一にする」というビジョンを掲げ、“(むし歯や歯周病に)ならないために通う”歯科医像を確立した熊谷崇理事長に、なぜ予防医療が望ましいのか、話を伺った。

続きを読む
“上山集楽”には、なぜ企業が熱視線を送るのか? ――上山集楽みんなのモビリティプロジェクト(後編)
“上山集楽”には、なぜ企業が熱視線を送るのか? ──上山集楽みんなのモビリティプロジェクト(後編)
2016年09月06日

上山集楽みんなのモビリティプロジェクトは一過性の取り組みではない。むしろ重層的な課題にメスを入れるために、非常に多様な領域と実装までの綿密なプロセスが設計されていることが特徴だ。ヒアリング調査に参加したメンバーは、当プロジェクトについて「課題が生まれている、その場にまで行かないとただの絵に描いた餅で終わってしまう」と説明する。地域住民が本当に必要とするモビリティを実装することで、限界集落だった上山地区にはどんな未来が訪れるのか。引き続き、活動の中心メンバーに話を伺っていく。

続きを読む
限界集落で進む、新型モビリティの社会実装 ――上山集楽みんなのモビリティプロジェクト(前編)
限界集落で進む、新型モビリティの社会実装 ──上山集楽みんなのモビリティプロジェクト(前編)
2016年09月06日

日本国中どこにでも、地域課題が山積している。行政のみならず、民間企業、地域住民といったステークホルダー同士が手を取り合って活動をすることが、以前に増してはるかに一般的になってきたのではないだろうか。

岡山県美作市にある上山(うえやま)地区では、都市部からの移住メンバーが中心となって「棚田再生」を主目的とした組織が結成され、現在、地域のさまざまな価値創造に従事している。その一連の活動から2015年末にスタートしたのが「上山集楽みんなのモビリティプロジェクト」だ。地域・企業・住民のそれぞれに、どんなメリットをもたらそうとしているのか。活動の中心メンバーに話を伺った。

続きを読む
260年受け継がれる伝統の技が、いまも必要とされる理由 ──染元平木屋が現在に伝える仕事と、これから
2015年12月28日

石川県金沢市片町。ここに創業から約260年の老舗・染元平木屋がある。加賀藩御用達の染元としての歴史をもちながら、技術革新や効率性が追い求められる現代においても、昔ながらの技術や仕事は地域を越えて愛され続けている。そんな老舗に、昨年、若き跡取りが帰ってきた。最近では染物のまったく新たな体験を発掘し、これまでにない価値を創造する、「UXで考えてみるプロジェクト」(富士通グループとの共創プロジェクト)もスタート。伝統の名に甘んじず、イノベーティブな発想で新たなチャレンジに挑む、老舗の仕事観に迫る。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ