注目のキーワード
住民自治

平井県知事が描く、これからの地域モデルとは?──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(3)
平井県知事が描く、これからの地域モデルとは?──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(3)
2017年08月08日

人口が日本一少ない県だからこそ実現しやすい「住民自治による地方創生モデル」の構築を目指してスタートした、鳥取県と日本財団の共同プロジェクト。最終稿となる本稿では、鳥取県・平井伸治知事にご登場いただき、「自立的で持続可能な地方創生」について総括いただいた。なぜ5年間で総額30億円という大規模な助成を決断したのか。助成の先に見据える、理想の地域モデルとは? 

続きを読む
「鳥取県×日本財団」共同プロジェクトの挑戦──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(2)
「鳥取県×日本財団」共同プロジェクトの挑戦──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(2)
2017年08月08日

人口が日本一少ない県だからこそ実現しやすい「住民自治による地方創生モデル」の構築を目指して、鳥取県と日本財団の共同プロジェクトが2016年からはじまっている。5年間で総額30億円という大規模な助成を想定するこの社会実験は、自立的で持続性の高い取り組みに対して支援を行う。鳥取県と日本財団、それぞれの共同プロジェクトにかける意気込みはどんなものなのか。支援を受けることになった取り組みの1つである「もちがせコミュニティまちづくり」を例に、住民による自治力の向上で地域を活気づける道筋を探ってみたい。

続きを読む
鳥取県にみる“住民自治”の潜在力──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(1)
鳥取県にみる“住民自治”の潜在力──鳥取県発・自立的で持続可能な地方創生とは(1)
2017年08月08日

人口減少や高齢化が進む地方では、さまざまな課題に対して予算を配分していかなくてはならない。今後行政任せのサービスはますます立ち行かなくなり、必然的に“住民自治”の必要性が高まりつつある。そこで、「住民自治による地方創生モデル」の構築を目指しているのが鳥取県だ。2016年には、日本財団と5年間で総額30億円の助成を行うプロジェクトもスタートしている。あしたラボでは、プロジェクトを含む鳥取県内の「自立的で持続可能な地方創生」の動きについて、3回にわたり紐解いていきたい。
(1)では、プロジェクト以前より鳥取で進行している住民自治の先進的な2つの事例を紹介。「森のようちえん」の開園など町民自身で提案を実現する町政を10年前から運営してきた智頭町(ちづちょう)。そして、八頭町(やずちょう)で地域住民とともに空き家の利活用や移住促進に挑む一般社団法人ワノクニの試みだ。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ