注目のキーワード
働き方

働き方改革に必要なステップは「半径5メートルの輪を増やす」こと──【対談】at Will Work藤本あゆみさん×GCBタムラカイさん(後編)
2018年04月20日

会社組織に所属しながら、本業とは別に、自分のやりたいことを実現できるようになるには? それがグラフィックカタリスト・ビオトープ(GCB)が示す、これからの働き方改革の本質でした。では、そうした価値観が社会的に認められるために、どのような行動が必要になるのでしょうか? 一般社団法人at Will Workの藤本あゆみさんをゲストに招いたGCB対談。後編では「健全な働き方改革を、いかにして社会に広げて…

続きを読む
働き方を追求した先に見えた「ビオトープ」というチームのあり方──【対談】at Will Work藤本あゆみさん×GCBタムラカイさん(前編)
2018年04月20日

「創造的関係性をつくりだす“グラフィックカタリスト”プロジェクト」では、2017年4月から約1年、数回にわたってグラフィックカタリスト・ビオトープ(GCB)メンバーの活動をお伝えしてきました。 その間に多種多様なプロジェクトで活躍してきたGCBメンバー。GCBメンバーはこれらの活動を通じ、自身の今後の可能性や働き方について社外の方々と広く考えてきたようです。今回は本プロジェクトの総括として、GCB…

続きを読む
「保険適用外×潜在看護師」で一挙両全のサービスを!──「わたしの看護婦さん」が切り開く、介護と雇用の未来
2018年02月19日

米子市でサービスを展開する「わたしの看護婦さん」は、介護保険サービスからこぼれてしまうニーズに応えるべく、介護保険適用外のサービスで高齢者や介護に携わる人たちをサポートしている。さらにサービスの中心的担い手として、看護師資格を持ちながら現在は働いていない「潜在看護師」に注目し、介護業界に新しい風を吹き込んでいる。このサービスを運営するN.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社代表の神戸貴子さんに、「わたしの看護婦さん」が果たしていく役割とその可能性についてお話をうかがった。

続きを読む
地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
地域がアクティブワーキングを必要とする理由は? ──アクティブワーキング@福知山(3)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動を知り体験する「アクティブワーキング」ツアー。第2弾となる京都府福知山市編はこれまで、企業の視点でその価値を探ってきたが、ラストとなる本稿では、同事業を企画・実施した行政にフォーカスを当てたい。開催からおよそ2か月が経過した4月下旬。今回の企画の立役者である行政・自治体担当者に再び集まっていただき、話を伺った。果たして、どのような問題意識からアクティブワーキングは行われたのか。実施した結果は地域にとっていかなるもので、どんな展開が期待できるのか。

続きを読む
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
多種多様なインタラクションが、課題を乗り越える足がかりになる? ──アクティブワーキング@福知山(2)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアー。第2回となる京都府福知山市編では、地域の特色にあふれたメニューがふんだんに設計されていた。本稿では、実際のアクティビティの様子をお伝えするとともに、企業にとっての参加価値に焦点を当てる。彼らは地域の現場を目の当たりにして、どんな可能性を見出したのであろうか。

続きを読む
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
新しい事業機会のフロンティアは、“地域”に潜む? ──アクティブワーキング@福知山(1)
2017年07月12日

都市で働くビジネスパーソンが地方に短期滞在して、ふだんの仕事もしながら地域の産業や活動の実態に触れる「アクティブワーキング」ツアーが、京都府福知山市内で開催された。2015年に宮崎県日南市で行われた初ツアー以来、自治体としては2件目の実施となる今回、あしたラボ編集部は再びツアーに同行し、地域と参加者の期待や開催までの経緯を探ってみた。本稿では、アクティブワーキングについてあらためてご紹介するとともに、企業から見た参加の価値に焦点を当てたい。彼らはどんな期待をもって、アクティブワーキングに参加したのか。

続きを読む



  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ