注目のキーワード
共創

【イベントレポート】人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント
2017年11月24日

試合の勝ち負けや記録を競う。プロのアスリートの試合を観戦する。2020年東京オリンピック・パラリンピックを前にして、それだけではないスポーツの楽しみ方、活用が拡がっています。今回は、去る2017年9月12日にあしたのコミュニティーラボが開催したイベント「人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント」@SIBAURAHOUSE(田町)をレポート。新たなテクノロジーやアプローチを活用した「これからのスポーツのあり方」について、実践者や専門家をゲストに招き、参加者に体験してもらいながら考えてみました。

続きを読む
オープンイノベーションを生み出す「創発のデザイン」の条件とは? ──インフォバーン・小林弘人さん×あしたラボ・柴崎辰彦代表(後編)
2017年11月08日

あしたのコミュニティーラボの特集「創発のデザイン〜発散を収斂させるためのヒント〜」の総括として、数々の人気メディアを手がけ、現在は企業のイノベーション支援を行う、BUISINESS INSIDER JAPAN発行人でもある小林弘人さん(株式会社インフォバーン代表取締役 CVO)をお招きし、「創発のデザイン」のヒントを深掘りしていきます。前編ではSXSWやシリコンバレー、ベルリンで見られる、オープンイノベーションの動向を探っていきました。では、日本で同様のエコシステムを生み出すためには何が必要なのか。「日本企業に求められることとは?」という観点から、2人の話はまだまだ続きます。(聞き手:あしたのコミュニティーラボ・柴崎辰彦代表)

続きを読む
オープンイノベーションを生み出す「創発のデザイン」の条件とは? ──インフォバーン・小林弘人さん×あしたラボ・柴崎辰彦代表(前編)
2017年11月08日

あしたのコミュニティーラボは「富士通フォーラム2017」で催されたセッション「イノベーションのエコシステムをどうつくるか?」を端緒に、複数の国内事例・識者を追いながら、読者とともに「創発のデザイン」について考えてきました。

今回はその総括として、数々の人気メディアを手がけ、現在は企業のイノベーション支援を行う、BUISINESS INSIDER JAPAN発行人でもある小林弘人さん(株式会社インフォバーン代表取締役 CVO)をお招きし、本特集のコンテンツを振り返りながら、「創発のデザイン」のヒントを深掘りしていきます。聞き手は、あしたのコミュニティーラボの柴崎辰彦代表。オープンイノベーションの必要性が社会的に語られるなか、いま世界ではどのような潮流が生まれているのでしょうか。そして、そこから見えてくる「創発のデザイン」のための条件とは──。

続きを読む
【イベントレポート】イノベーションのエコシステムをどうつくるか ──SXSW参加から考える、創発のデザイン
2017年06月28日

2017年5月18日・19日の両日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開かれた「富士通フォーラム2017」。このセミナーの1つとして開催されたのが「イノベーションのエコシステムをどうつくるか〜SXSW参加から考える、創発のデザイン〜」です。イノベーションを、単なるアイデアレベルでの討議ではなく、形にするためのアクションにはどのような創発のデザインが可能なのか、そしてそこに求められるエコシステムとはどのようなものなのか。「SXSW」をテーマに、企業・大学・地域コミュニティーという3つの領域から、多様な背景を持った登壇者とのディスカッションから考えました。

続きを読む
リーンな仮説・検証からOne to One to Socialを実現する ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(対談編)
2017年04月27日

2016年6月に行った大分大学経済学部との共創アイデアソンから生まれた、大分FCの「タオルチケット」。その後生まれたver.2はファンを中心に高い評判をもたらし、短期間でほぼ完売という成果を挙げた。このプロジェクトは、昨今、注目されている新規事業の立ち上げ手法「リーンスタートアップ」の応用の一例といえる。プロジェクトの中心メンバーである株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の河野真之さん、ファシリテーターとして関わってきた富士通総研チーフシニアコンサルタントの黒木昭博さんの2人の対話から、産学におけるリーンなプロジェクトのつくり方のヒントを学ぼう。

続きを読む
クラブと地域の未来をつくる余剰時間のススメ ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(追跡編)
2017年04月27日

2016年9月、あしたラボでは、Jリーグ大分トリニータの運営母体・株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の共創プロジェクトに迫った(詳しくはリンク先を参照のこと)。大分大学経済学部とのプロジェクト「タオルチケット」は、その後短期間で第2弾を実施。さらに地域における新たな価値創出をねらうべく、連携の輪を拡げつつある。そもそも大分FCは、地域に根差すプロスポーツクラブとしてどのような未来への展望を描き、施策を考えているのだろうか──編集部は再び大分FCを訪ねた。大分FCのいまに迫る“追跡編”と、「タオルチケットver.2」のプロジェクトからノウハウを学ぶ“対談編”の2本立てでお送りする。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ