注目のキーワード
各務亮

「人間性」の解放が、企業内イノベーションを引き起こす——若新雄純さんと考えた「新しい働き方」の可能性
2016年04月22日

社内外との共創・協働で課題を解決する「オープンイノベーション」が注目を集めています。果たして、企業がオープンイノベーションを起こすには何が必要で、どんなことに取り組んでいけばよいのでしょうか。あしたのコミュニティーラボでは、そのヒントは企業人の「働き方」にあると考え、「ゆるめることが企業内イノベーションにつながる?——オープンイノベーションと新しい働き方のヒントを見つけよう」と題したイベントを開催。企業のなかで、各々が仕事を楽しみながら自らイノベーションを起こすには。そのヒントを紹介します。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】ゆるめることが企業内イノベーションにつながる?—3/15(火)、オープンイノベーションと新しい働き方のヒントを見つけよう—
2016年02月29日

イノベーションを起こすヒント「ゆるめる」 3/15(火)、あしたのコミュニティーラボでは、「働き方」と「企業におけるオープンイノベーションの可能性」を掛け合わせたテーマによるイベントを行います。 社会の変化のスピードが速まり、企業が提供するモノやサービスのサイクルはますます短くなっているといわれています。複雑化する社会において、企業は常にビジネスの軌道修正を求められていますが、すべてを1社で取り組…

続きを読む
ものを通して自分という“人間”の覚悟を伝える――京都・GO ONを訪問して(3)
2015年04月28日

「公私混同」をキーワードに自らの仕事をつくり、京都で独自のワークライフスタイルをつくる各務亮さん。伝統工芸の職人さんと一緒にものをつくり、それを人の元に届ける。その過程には「地域でリセットすること」が欠かせないと言います。各務さんの仕事の方法、そしてGO ONプロジェクトから見えてくる地域で仕事を行うこと、そしてものづくりに関わる仕事をすることの意味とは。ミニフィールドワーク振り返り、全3回の最終…

続きを読む
「公私混同」を仕事に変えるために必要だった「京都」――京都・GO ONを訪問して(2)
2015年04月27日

10年間の海外での勤務経験を経て、現在京都で「GO ON」としてプロジェクトユニットを組む、電通京都の各務亮さん。「自分でやり過ぎない」「“関係者”を見定めて、その人たちの思いを重要視する」という信念を持ち、京都という「地域」で独自のワークライフスタイルをつくりあげています。ミニフィールドワークの振り返り第2回は、そんな各務さんが、「京都」、そして所属する「広告会社」という枠のなかで起こそうとして…

続きを読む
海外をみたからこそ、今いる場所“京都”が輝いてみえた――京都・GO ONを訪問して(1)
2015年04月24日

「地域の特色を生かしたイノベーションを起こすワークスタイル」を探求する今回のプロジェクト。第2回のゲストは大手広告会社で、京都工芸品の伝統を海外に伝える「GO ON」プロジェクトを推進する各務(かがみ)亮さんです。各務さんはもともとアジア諸国を行き来し、文字通りグローバルに活躍されていた働き方から、現在は京都という地域(ローカル)に大きく転換し活動しています。今回はミニフィールドワークでのお話をも…

続きを読む
今の仕事から少し踏み出すためのキーワードとは これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第2回イベントレポート(3)
2015年04月21日

仕事のきっかけは公私混同で良いのでは? 参加者同士によるテーマディスカッションでは、ワークスタイルから出発した8つのトピックスが会場から出されました。ダイアローグでは、「どんなトピックスでもいいのですが、他人のアイデアを聞きたいこと、自分ごとであることが条件」(西村さん)です。会場の8人から出たトピックスは以下の通り。 ●「仕事のきっかけは公私混同で良いのでは」 ●「マルチロールなワークスタイルを…

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ