注目のキーワード
場づくり

【座談会】福祉を違う角度から見たら、人間の可能性が見えてくる!?――「超福祉展2016」の展示から考える(後編)
2017年03月14日

障害者をはじめとするマイノリティと、マジョリティの間にある “心のバリア”を取り除こうとする「超福祉展」は、多様性が重要となるこれからの時代において、その突破口を開く新たな試みだ。2016年11月に行われた3回目の超福祉展に参加したNPO法人ピープルデザイン研究所・田中真宏さん、Takramのデザインエンジニア・緒方壽人さん、富士通株式会社の本多達也さんに、これからの「超福祉」を語ってもらった。「未来の場づくり」をテーマにした鼎談、後編。

続きを読む
【座談会】福祉を超え、「日常」を伝える場づくりとは――「超福祉展2016」の展示から考える(前編)
2017年03月14日

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(以下、「超福祉展」)の3回目が2016年11月8日(火)~14日(月)、東京・渋谷ヒカリエを主会場として開催されました。障害者をはじめとするマイノリティとマジョリティの間にある“心のバリア”を取り除き、ダイバーシティー(多様性)の実現を目指すまちづくりの1つである「超福祉展」は、多くの人たちが福祉そのものを“自分ゴト”化するきっかけを提供する先進的な取り組み。

主催のNPO法人ピープルデザイン研究所ディレクター・田中真宏さん、企画展示「Take the Next Step」をディレクションしたTakramのデザインエンジニア・緒方壽人さん、髪の毛で音を感じるユーザーインターフェース「Ontenna」(オンテナ)を同展示に出品した富士通株式会社の本多達也さんに「超福祉展」を振り返ってもらいました。前後編でお届けします。(TOP画像提供:NPO法人ピープルデザイン研究所)

続きを読む
場でイノベーションを起こすために必要なのは“創造性” ――富士通フォーラム2016イベントレポート
2016年06月23日

富士通フォーラム2016(2016年5月20日)で開催されたトークセッション「イノベーションが生まれる場(BA)をどうつくるか」。企業や団体などが、場づくり、コミュニティーづくりに情熱をむけているなか、その場を本当に価値のあるものにするために必要な「人」に焦点をあて、4名の実践者たちがディスカッションを行いました。

今回は、グローバルな価値を創造できる人材を育成する東京大学「i.school」のエグゼクティブ・ディレクターの堀井秀之さん、米Techshopと富士通が提携して展開する会員制DIY工房「テックショップジャパン」株式会社 代表取締役社長の有坂庄一さん、あしたのコミュニティーラボ柴崎辰彦代表をパネリストに迎え、イノベーションを起こす場づくりについて考えました。モデレーターは株式会社QUANTUM代表取締役社長兼CEOの高松充さんです。

続きを読む
【訪問記】テクノロジー×音楽フェス「POST」が映す、大垣市の新しい地域活性
2016年02月05日

市を挙げてイノベーションに取り組む大垣市 あしたのコミュニティーラボ編集部の佐々木哲也です。海外ではSXSWに代表されるテックイベントが、日本でも行われたことをご存じでしょうか? それがビジネス・テクノロジー・ミュージックの3つの要素を掛け合わせた地方創生フェス「POST」(2015年10月開催)です。今回、富士通としてプロダクトを出展したことに加え、大垣という地域でこの3要素がどのように融合する…

続きを読む
オープンイノベーションを活性化する“5つ”の条件とは――HAB-YU、未来を共創する場づくりに向けて(後編)
2015年12月15日

「場づくり」「アイデアを着実に生み出すツール」「それをまとめ上げる人材」など、オープンイノベーション活動を継続するにあたって、必要となる項目はどの程度あるのだろうか。今回は、富士通デザインが行う研究プロジェクトであるHAB-YU、さらに、そのリアルな場であるHAB-YU platformを通じて、企業がオープンイノベーション活動を行うために必要なしくみや要素について伺う。全2回の後編。

続きを読む
潜在的な課題を掴み、未来を描き出すプロセスから見えてくるもの――HAB-YU、未来を共創する場づくりに向けて(前編)
2015年12月14日

企業におけるオープンイノベーションの動きが活況を呈している。一方、つくった場やプログラムが思うように機能せず、当初の目的が風化してしまう場合が存在することも確かだ。では、企業がオープンイノベーション活動をはじめ、継続するためにはどんな要素が必要になるのだろうか。富士通デザイン株式会社が森ビル株式会社と連携し運営するオープンイノベーションプラットフォーム「HAB-YU」は、2014年9月の開設から1年、当初想定していた以上の成果を見せているという。今回は、HAB-YUの取り組みを例に「企業がオープンイノベーションを推進するために必要な要素としくみ」を前後編で探ってみたい。(TOP画像提供:富士通デザイン株式会社)

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ