注目のキーワード
大分トリニータ

リーンな仮説・検証からOne to One to Socialを実現する ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(対談編)
2017年04月27日

2016年6月に行った大分大学経済学部との共創アイデアソンから生まれた、大分FCの「タオルチケット」。その後生まれたver.2はファンを中心に高い評判をもたらし、短期間でほぼ完売という成果を挙げた。このプロジェクトは、昨今、注目されている新規事業の立ち上げ手法「リーンスタートアップ」の応用の一例といえる。プロジェクトの中心メンバーである株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の河野真之さん、ファシリテーターとして関わってきた富士通総研チーフシニアコンサルタントの黒木昭博さんの2人の対話から、産学におけるリーンなプロジェクトのつくり方のヒントを学ぼう。

続きを読む
クラブと地域の未来をつくる余剰時間のススメ ──地域のハブを担う、大分トリニータ運営の裏側(追跡編)
2017年04月27日

2016年9月、あしたラボでは、Jリーグ大分トリニータの運営母体・株式会社大分フットボールクラブ(大分FC)の共創プロジェクトに迫った(詳しくはリンク先を参照のこと)。大分大学経済学部とのプロジェクト「タオルチケット」は、その後短期間で第2弾を実施。さらに地域における新たな価値創出をねらうべく、連携の輪を拡げつつある。そもそも大分FCは、地域に根差すプロスポーツクラブとしてどのような未来への展望を描き、施策を考えているのだろうか──編集部は再び大分FCを訪ねた。大分FCのいまに迫る“追跡編”と、「タオルチケットver.2」のプロジェクトからノウハウを学ぶ“対談編”の2本立てでお送りする。

続きを読む
「アイデア創発→社会実装」の道は、「地域還元」にも続いてゆく ——大分トリニータによる共創プロジェクト(後編)
「アイデア創発→社会実装」の道は、「地域還元」にも続いてゆく ──大分トリニータによる共創プロジェクト(後編)
2016年09月28日

株式会社大分フットボールクラブ(以下、大分FC)の集客戦略は、地元大学とのアイデアソンに限ったものではない。「地元IT企業との共創」によるWebサービスもスタートさせており、今年3月からスタートしている「トリニータアンバサダー」もその1つだ。

これらの企画・開発・運営における重要なパートナーとなるのが、地元のITベンチャー・イジゲン株式会社。大学、そしてITベンチャーと共創することで、大分FCは地元・大分県にどんな価値をもたらそうとしているのか。引き続き、大分FCの取り組みに迫っていく。

続きを読む
トリニータはなぜプロサッカークラブが地域との共創を目指すのか? ——大分トリニータによる共創プロジェクト(前編)
大分トリニータはなぜ地域との共創を目指すのか? ──大分トリニータによる共創プロジェクト(前編)
2016年09月28日

2015年12月、大分トリニータにとってチーム初となる「J3降格」が決定した。2008年にナビスコ杯(現ルヴァン杯)を制覇した同チームにとって、「J3降格」はチーム運営に大きな痛手となっている。かつて平均2万人に達した観客動員も現在は1万人を下回るまでに……。

2016年、チームを運営する株式会社大分フットボールクラブは新体制のもとでスタートを切った。新たに着手した集客戦略では、地元の大学&企業を共創パートナーとして活動を行っている。チームの集客戦略でありながら、早くも地域を巻き込み、拡がりを見せつつある共創活動。そこにはどんなねらいや可能性があるのか。関係者の証言をもとに、前後編でお伝えする。

続きを読む
「共体験」のすすめ──大分大学×大分トリニータ アイデアソン
2015年12月21日

こんにちは、あしたのコミュニティーラボ編集部の福村です。10月24日(土)、大分大学経済学部とJリーグの大分トリニータを運営する大分フットボールクラブ(以降、大分FC)、富士通総研が共同で開催したアイデアソンを運営サポートしました。 立教大学とのアイデアソンや社内ハッカソンなど、さまざまなイベントに関わるなかで、ある仮説を持つようになってきました。それは、共体験、つまり「1つの同じ空間を共に体験す…

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ