注目のキーワード
子育て

共助による助け合い・頼り合いが社会にもたらすもの──UR都市機構×AsMama連携プロジェクト(後編)
2017年12月20日

「創業当時から、子育てという問題だけに特化してきたわけではなく、共助、助け合い、頼り合いという文化・慣習そのものを広めたかった」──。共助がもたらす社会変革とは?前編では、事業の核ともなる「地域交流イベント」と、イベントを企画・運営するママサポーターたちの活動を紹介した。後編ではAsMamaの代表取締役CEO 甲田恵子さんにお話を伺った。

続きを読む
子育てからはじめる、困りごとの”シェアリング”──UR都市機構×AsMama連携プロジェクト(前編)
2017年12月20日

「共助」という、多様な人々が混じり合うことで持続可能なしくみをつくりあげていこうとする動きが全国に広がっている。今回は、2016年12月からはじまった、独立行政法人 都市再生機構(以下、UR都市機構)と株式会社AsMama(アズママ、以下AsMama)による連携事業を例に、現場で行われている試行錯誤を深掘りしていこう。共助による子育て支援は、団地暮らしの方々に、そして社会にどんな変化をもたらすのか。UR都市機構、AsMamaの両社に話を伺った。前後編でお伝えする。

続きを読む
“まちぐるみの保育”を目指す、多世代交流拠点 ――「まちの保育園 小竹向原」
“まちぐるみの保育”を目指す、多世代交流拠点 ──「まちの保育園 小竹向原」
2016年10月21日

東京都練馬区(小竹町)と板橋区(向原)のちょうど境に位置する小竹向原駅。その駅のほど近くに、“まちぐるみの保育”というユニークなコンセプトを掲げる保育園がある。「まちの保育園 小竹向原」だ。同園を運営するのは、ナチュラルスマイルジャパン株式会社代表の松本理寿輝(りずき)さん。まちづくりの拠点を目指す同園は開園から6年、保護者と保育者、親族、地域住民、地域ワーカー……と、地道に「子どもを中心に据えて、木の年輪のように共感の輪を広げていった」という。まちの保育園は、どのようにさまざまなステークホルダーと連携を進めているのか、お話を伺った。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ