注目のキーワード
常葉大学

わかもののシビックプライドの先には、まちの未来がある? ――静岡でまちとわかものの接点を探る(後編)
わかもののシビックプライドの先には、まちの未来がある? ──静岡でまちとわかものの接点を探る(後編)
2017年08月03日

働き方や生活の仕方がより柔軟になる現代において、地域に愛着を持ち、より良く変えたいという思いを持つ若者の存在は非常に重要だ。では、それぞれの地域において、どんなアクションが行われているのだろうか。今回の舞台は人口流出、特に若年層の人口減少が大きな課題となっている静岡市。
地元の私立大学である常葉大学造形学部の「シビックプライド研究会」では、5年間にわたり地元・静岡市の人々が郷土のどんな点に愛着や誇りを感じているのか、調査を重ねてきた。一方、静岡県立大学出身の学生が創設したNPO法人「わかもののまち静岡」は、まちづくりや政策立案に若者の声が反映できる機会や環境をつくるべく活動を続けている。都市の未来を築く基盤となるかもしれないシビックプライドの種を、2つの活動から探してみたい。
(TOP画像提供:NPO法人わかもののまち静岡)

続きを読む
デザイン教育の未来を模索する「未来デザイン研究会」――静岡でまちとわかものの接点を探る(前編)
デザイン教育の未来を模索する「未来デザイン研究会」 ──静岡でまちとわかものの接点を探る(前編)
2017年08月03日

カツオの漁獲量、ピアノの輸出額など数多くの日本一を持ち、県内地域ごとに産業や観光に特色を持つのが静岡県だ。その県庁所在地である静岡市は2015年、政令指定都市としてはじめて人口が70万人を割り、名古屋や東京といった大都市への交通利便性も手伝い、主に若年層の流出が大きな課題になっている。
現在、さまざまな地域で「若者」をどうひきつけるか、移住プランの立案やプロモーションが活発になるなか、その地域に住む若者たちは自らの地域をどう考え、どうアクションしているのか。今回は静岡を舞台に、その学びと実践の実際を見てみよう。前編は、静岡県内で最大規模の私大・常葉大学の造形学部が舞台。デザインを学ぶ学生たちが参加する「未来デザイン研究会」を訪問し、地域や企業をフィールドに本質的な価値を導く学びを実践する大学生のデザイン教育の今を追った。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ