注目のキーワード
本田正浩

世話してあげたくなるロボットが限界集落を救う!?――鹿児島県「共創のまち・肝付プロジェクト」(後編)
2017年06月07日

作家、カレル・チャペックが戯曲「ロッサム万能ロボット会社」で、「ロボット」という造語を使ったのが、1920年のこと。それから間もなく100年の時が経とうとしている。空想から始まったロボットという概念も、この100年間で産業化が進み、産業用ロボットの誕生など世界の近代化を牽引してきたことは事実だ。

では、ロボットは労働力なのか?――そんな人類にとって長年のテーマも「共創のまち・肝付プロジェクト」では実証されている。2015年「共創のまち・肝付プロジェクト」のスタートとともに始まった、通称「キモPプロジェクト」だ。その企画運営協力に参画したのは、テクノロジー領域における「共創の場づくり」を行う株式会社たからのやま。鹿児島県肝付町の高齢者介護施設にやって来た感情認識ヒューマノイドロボット・Pepperと高齢者との交流から、どんなことが見えてきたのか。株式会社たからのやまの2人に、プロジェクトから見えた成果を伺った。(TOP写真提供:株式会社たからのやま)

続きを読む
過疎化の進む田舎町を日本の最先端にする方法――鹿児島県「共創のまち・肝付プロジェクト」(前編)
2017年06月07日

お年寄りがスマホを片手にまちを歩き、徘徊する認知症高齢者を捜索する――。そんな徘徊模擬訓練が鹿児島県の東南部にある肝属郡肝付町の新富(にいとみ)地区で実施されている。JAXAのロケット発射台と観測所がある地域として有名な同地は、2015年から、製品開発・研究の実証の場として企業・大学・市民にフィールドを提供する「共創のまち・肝付プロジェクト」としても全国の注目を集め、産官学民協働によるさまざまなプロジェクトが進行している。テクノロジーを活用したまちの「未来づくり」のプロジェクトの様子を通じて、生活に寄与するテクノロジーの在り方を考えた。前後編でお伝えする。

続きを読む
地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集” とは? ――イベントレポート(前編)
2015年01月28日

あしたのコミュニティーラボではこれまで地域が抱える課題に挑む、先進的な取り組みを紹介してきました。その先進的な活動を行う実践者たちは、誰にどのようなメッセージを伝えているのでしょうか。今回登壇いただいたのは、地域ならではの資産を活かすことで地域を元気にしようする3人で、情報を形にして発信する、「編集」という行為が活動に大きく関連しているのが共通点です。活動において“地域”からどんな情報を得、それを伝えているのか。ほかの地域での活動にも展開できるであろう、“編集方法”と問題意識を共有しました。前編は実践者たちが現在行っている活動と、その背景について説明します。

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】 12月4日(木)、六本木で「地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集”」する方法を語ろう
2014年11月14日

原田博一、高橋博之、本田正浩、木村健一(敬称略) 地域を再編集し、イノベーションを起こす方法を学ぼう!! 12月4日(木)、「あしたのコミュニティーラボ」では、まちづくりとテクノロジーをテーマとするトークイベントを開催します。 タイトルは、「地域をつなぎ、地域の未来をつくる“情報の再編集”とは?」。 地域にある資源を活かして新しいしくみを生み出したり、さらにそれをエンパワーするようなテクノロジーを…

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ