注目のキーワード
民泊

【イベントレポート】「旅」は地域を変えるのか? 関係人口から考える、新たな地域活性の方法を探る
2018年05月11日

あしたのコミュニティーラボでは、特集“「旅」は地域を変えるのか?”をとおして、民泊解禁に先駆けてゲストハウスやシェアハウスを活用しながら、自宅・職場とは異なる「サードプレイス」と関わりを持つ実践者を追いかけてきました。

そこからわかったことは、彼らは「人との出会い」を旅の目的のひとつとして大切にしているということ。そしてその「人との関わり」が関係人口・交流人口を生み、そこに地域活性化の可能性があるということです。特集の一環として2018年3月15日に開催された、あしたラボ主催のイベント「関係人口から考える、新たな地域活性の方法を探る」では、「旅」を起点に地域と関わりを持つ実践者が集合。各々の経験談から旅の可能性が探られました。

続きを読む
民泊は地域を活性化できるのか? 長野県北アルプスの事例から考える
2018年03月26日

あしたのコミュニティーラボでは「“民泊解禁”で拡がる、軽やかなライフスタイルとは」と題して、民泊解禁に先駆け、多様な生活スタイルを実践している「勢力」に迫った。

彼らが旅に求めていたのは、観光ともグルメとも違う「偶発的な人との交流」だった。民泊解禁を前に、いま国内では「新しい若者のライフスタイル」と、宿泊体験の適正なマッチングのしくみが問われている。さらにそのしくみが地域の活性化にもつながれば……。

その実践者の1人、長野県北アルプスで田舎の潜在価値を発掘し発信するLODEC Japan合同会社・たつみかずきさんのもとに伺った。

続きを読む
“民泊解禁”で拡がる、軽やかなライフスタイルとは
2018年03月14日

今年6月の「民泊解禁」が迫っている。国家戦略特別区域法、そして民泊新法施行により、訪日外国人のみならず私たち生活者も「宿泊のシェアリングエコノミー」の恩恵を受けられるようになるだろう。今回は都内で民泊スタイルの生活を楽しむ、ある「勢力」を取材した。「ホテル・旅館に泊まらない」「現地観光やグルメにも興味がない」という彼らの「旅」の目的は何なのか。そこから見えたのは「旅」が本質的に持っている「出会い」──彼らが求める人生観そのものだった。

続きを読む



  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ