注目のキーワード
福祉

【座談会】福祉を違う角度から見たら、人間の可能性が見えてくる!?――「超福祉展2016」の展示から考える(後編)
2017年03月14日

障害者をはじめとするマイノリティと、マジョリティの間にある “心のバリア”を取り除こうとする「超福祉展」は、多様性が重要となるこれからの時代において、その突破口を開く新たな試みだ。2016年11月に行われた3回目の超福祉展に参加したNPO法人ピープルデザイン研究所・田中真宏さん、Takramのデザインエンジニア・緒方壽人さん、富士通株式会社の本多達也さんに、これからの「超福祉」を語ってもらった。「未来の場づくり」をテーマにした鼎談、後編。

続きを読む
【座談会】福祉を超え、「日常」を伝える場づくりとは――「超福祉展2016」の展示から考える(前編)
2017年03月14日

「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(以下、「超福祉展」)の3回目が2016年11月8日(火)~14日(月)、東京・渋谷ヒカリエを主会場として開催されました。障害者をはじめとするマイノリティとマジョリティの間にある“心のバリア”を取り除き、ダイバーシティー(多様性)の実現を目指すまちづくりの1つである「超福祉展」は、多くの人たちが福祉そのものを“自分ゴト”化するきっかけを提供する先進的な取り組み。

主催のNPO法人ピープルデザイン研究所ディレクター・田中真宏さん、企画展示「Take the Next Step」をディレクションしたTakramのデザインエンジニア・緒方壽人さん、髪の毛で音を感じるユーザーインターフェース「Ontenna」(オンテナ)を同展示に出品した富士通株式会社の本多達也さんに「超福祉展」を振り返ってもらいました。前後編でお届けします。(TOP画像提供:NPO法人ピープルデザイン研究所)

続きを読む
官・民の隙間に落ちてしまう人を支える地域プラットフォームとは――横浜市・リビングラボ計画(2)
2016年05月02日

ほどなく人口減少局面に入る大都市横浜では、ダブルケアや超高齢化といった困難な社会課題を克服するため、“民主導・官支援”のオープンイノベーションの取り組みがスタートしている。オープンデータを元に課題を見える化し、地域の民間資源をマッチングし解決を図るICTプラットフォーム「LOCAL GOOD YOKOHAMA」では、クラウドファンディングで資金調達に成功した13件のプロジェクトが進行中だ。3回連続の2回目。(TOP画像提供:LOCAL GOOD YOKOHAMA)

続きを読む
多様性への見えない壁を「気持ちのデザイン」で超える――NPO法人ピープルデザイン研究所 須藤シンジさん(後編)
2016年04月05日

福祉へのイメージを、マジョリティである健常者への巧みなマーケティングによって変えつつある、ピープルデザイン研究所の活動。代表理事の須藤シンジさんは、“心のバリア”を壊す重要性を訴える。洋服やシューズにはじまり、徐々に活動の裾野を広げている須藤さんが、新たに取り組む「まちづくり」とは? 福祉の概念を壊す、新たなチャレンジを聞いた後編。

続きを読む
「カッコいい!」から福祉を変える――NPO法人ピープルデザイン研究所 須藤シンジさん(前編)
2016年04月05日

若者が集まるオシャレなセレクトショップの一角にあるスニーカー。手足の不自由な人たちが「履きやすい」商品だったら「福祉」への印象はどう変わるだろうか――。

わくわくするようなコンテンツを媒介に、マイノリティとマジョリティの間を隔てる“心のバリア”を溶かしていく。国内外で「ピープルデザイン」という考えを広めようと活動を行うピープルデザイン研究所の須藤シンジさんに、社会課題解決にマーケティングの視点を取り入れ、健常者側から新たなアプローチを試みるねらいを伺った。前後編でお届けする。

続きを読む
企業の特性とかけ合わせて“働き方”を見つける ――たんぽぽの家アートセンターHANA(後編)
2014年10月30日

「95年からはじめた『エイブル・アート・ムーブメント』への関心は、企業の支援を得て次第に大きくなり、今は、障がいのある人のアート活動については国や自治体の支援も増えてきている段階」と話す森下さん。今後「たんぽぽの家」が取り組んでいく活動について伺った。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2017 あしたのコミュニティーラボ