注目のキーワード
被災地支援

ソーシャルビジネスを生み出すのは“憧れの連鎖” ──「あすびと福島」が挑む人材育成(後編)
2018年02月13日

人材育成の財源として始めた企業対象の社会人研修をきっかけに、一般社団法人「あすびと福島」では、社会人有志がメンターとなり学生がソーシャルビジネスに挑むコミュニティーが誕生している。さらにはあすびと福島による新たな事業から、社会起業家へと向かう人材も生まれ出した。一般社団法人あすびと福島の挑戦は、真の地方創生がどうあるべきかを示してくれるだろう。後編は、2017年11〜12月にかけて南相馬市で行われた社会人研修にあしたラボ編集部が帯同し、研修実施企業や新事業の関係者に話を伺った。

続きを読む
被災地から出でよ!ソーシャルアントレプレナー ──「あすびと福島」が挑む人材育成(前編)
2018年02月13日

「福島の復興を担う人材を育てたい」──福島県南相馬市小高区出身の元東京電力執行役員が、原発事故への責任と地元復興への強い想いを胸に、小中学生の自然エネルギー体験学習や、実践経験を通して社会課題に挑む力を養う「高校生あすびと塾」などの活動に取り組んでいる。地域を再生し元気にするポテンシャルは「志を強くもつ人」の存在に負うところが大きい。日本の社会課題を先取りした被災地を舞台に、未来の社会起業家の育成に挑む一般社団法人「あすびと福島」の取り組みから、持続可能な地方創生モデルのヒントを探ってみたい。前後編でお伝えする。

続きを読む
届け、地元事業者たちへ! 「財団×信金」連携による持続可能な復興支援 ──ヤフー株式会社復興支援室/日本財団「わがまち基金」(後編)
2015年11月11日

東日本大震災から2年経過した2013年。設備復旧のめどは立ったものの、新規商品開発や販路再開拓などに運転資金を必要としている地元の事業者たちは後を絶たなかった。彼らを継続して支援するために、どのようにお金を巡らせるべきなのか。公益財団法人日本財団と東北5信用金庫による金融支援プロジェクト「わがまち基金」を事例に考える。

続きを読む
IT企業発! ECによる理想的な復興支援のかたち ──ヤフー株式会社復興支援室/日本財団「わがまち基金」(前編)
2015年11月10日

東日本大震災から4年半。震災直後、ボランティア活動や寄付による被災地支援に取り組んだ企業は多い。しかし継続的な復興支援となると、通常のビジネススキームに乗せることが難しい。地域が抱える社会課題の解決を企業が支援するにはどんな方法があるのか。「Web」と「融資」、それぞれを核に復興支援を続けている2つの事例を前後編で追い、ヒントを探る。

続きを読む

Lab



  • facebook
  •  twitter
  • USTREAM
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ