注目のキーワード
超人スポーツ

“超人化”と “スポーツ化”の技術が⼈間の身体を拡張する──超人スポーツ学術研究会
2018年03月16日

超人スポーツは、テクノロジーで身体を拡張し「人機一体」の新しいスポーツを開発しようという新しい試みだ。あしたのコミュニティーラボではこれまで、超人スポーツ協会代表の中村伊知哉さん、同協会理事・事務局長の南澤孝太さんにご登場いただいた。このたび編集部が訪れたのは「第3回超人スポーツ学術研究会」。研究者がスポーツクリエイションへ関わることの意義とは? 「超人スポーツ」のなかでアカデミズムが果たす役割とは? 「学術研究会は”新しいもの”を生み出し、評価する場」だと話す、研究会実行委員長(超人スポーツ協会理事/広島大学大学院工学研究科准教授)の栗田雄一さんにお話を伺った。

続きを読む
【イベントレポート】人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント
2017年11月24日

試合の勝ち負けや記録を競う。プロのアスリートの試合を観戦する。2020年東京オリンピック・パラリンピックを前にして、それだけではないスポーツの楽しみ方、活用が拡がっています。今回は、去る2017年9月12日にあしたのコミュニティーラボが開催したイベント「人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント」@SIBAURAHOUSE(田町)をレポート。新たなテクノロジーやアプローチを活用した「これからのスポーツのあり方」について、実践者や専門家をゲストに招き、参加者に体験してもらいながら考えてみました。

続きを読む
「身体を動かすこと」が人類最後の娯楽になる?──中村伊知哉さんインタビュー
2017年11月01日

テクノロジーで身体を拡張し「人機一体」の新しいスポーツを開発しようという「超人スポーツ」。スポーツの苦手な人からアスリートまで、誰でも同じスタートラインから参加できる。テクノロジーの力を借りることでスポーツの敷居がグンと低くなり、百人百様の“超人観”を持つ人たちが集まる競技者や開発者のコミュニティーができあがっている。いったい、超人スポーツの何が人を惹きつけるのか?
超人スポーツ協会代表の中村伊知哉教授(慶應義塾大学メディアデザイン研究科)にその未来の可能性を伺った。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ