地域から起こるこれからのワークライフスタイル探求プロジェクト

秋田県五城目から世界にハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(2)

2015年3月6日



秋田県五城目から世界にハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(2)

秋田県五城目から世界へハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(1)
秋田県五城目から世界にハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(3)
秋田県五城目から世界へハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(4)

秋田県五城目町(以下、五城目)に移住し、拠点を設けて活動している丑田さん。そこでの働き方はどのようなものなのか、また、それまで働いていた都市と比べてどんな違いがあるのか、前回に引き続き丑田さんのプレゼンテーションの様子をレポートします。

外に頼りきるのではなく、地域にあるものを活かすという視点を深める

丑田さんは2013年11月から五城目で、小学校の廃校舎を活用したインキュベーションセンターに入居し、地域発の起業家を増殖させる活動をしています。大企業や下請け産業の誘致などの外的要因に左右されやすい施策に頼りきるだけでなく、地域にある資源を活かす「あるものさがし」へ。このような考えのもと展開されるハバタクの事業の柱は、「地域に根ざした仕事づくり」「地域ならではの学び場づくり」の2つです。

FDLevent1_2_1
廃校舎を活用したインキュベーションセンターのオフィスの様子 提供:ハバタク株式会社

前者の「地域に根ざした仕事づくり」としては、田舎起業家=土着ベンチャー、略して「ドチャベン」の生態系をつくるべく、ラーニングツーリズムやキイチゴの6次産業化、全国の古民家をつないでネットワーク型の村をつくる「シェアビレッジ・プロジェクト」、保存食・発酵食のブランド化などさまざまな草の根プロジェクトが進行中です。

FDLevent1_2_2
国際教養大学と五城目小学校の生徒が交流する「ごじょうめで、世界一周」の授業の1コマ 
提供:ハバタク株式会社

後者の「地域ならではの学び場づくり」としては、近くの国際教養大学の留学生と子どもたちが触れ合える機会をつくったり、大人の学び場「ごじょうめ朝市大学」を立ち上げたりと、町の課題を話し合う場づくりをしています。地域でカッコよく働く大人が増え、その背中を見て子どもが育つことでまちがおもしろくなる。それが丑田さんの描く未来像です。

ソーシャルキャピタルが事業立ち上げの資源になる

東京ではなく五城目だからこそできたことは何でしょうか。「自分でつくった米を食べたり、薪ストーブで暖をとったのは生まれてはじめて。野菜や魚の「おすそわけ」の習慣も新鮮だった」と丑田さんは語ります。

自給自足と相互扶助がセーフティネットとして機能しているため、極論を言えば、生きていくのは何とかなる。その分、起業などのチャレンジがしやすいとも捉えることができる。これは地域ならではの恩恵です。

東京にいれば「自然」は抽象的な概念ですが、五城目では自分と「自然」の具体的な関係を想像できる。その想像力の土台があるからこそ、地球規模の環境問題にもイメージを拡張できるのかもしれない、と丑田さんは考えます。

FDLevent1_2_3
地域には、具体性のある創造力の源があると話す丑田さん

都市部と比べて、まちの規模が小さいため、自分とコミュニティーと社会の間に串を通しやすいこと。顔の見えるつながりがソーシャルキャピタル(社会関係資本)をかたちづくり、それが事業を立ち上げる資源となること。五城目に来て、これらの感覚を身体知として学ぶことができたそうです。

一方で、地域内で完結する仕事もあれば、もちろん都心や海外とやり取りする仕事もある。都市か地方かの二者択一ではなく、働き方、生き方を柔軟にデザインする姿勢を丑田さんは大切にしています。

地域で事業を展開することの強みを「自分とコミュニティーと社会の間に串を通しやすいこと」と話す丑田さん。その気づきには「よそ者」ならではの視点もあったようです。次は参加者からの質疑応答の様子をお伝えします。

秋田県五城目から世界にハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(3)へ続く
秋田県五城目から世界へハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(1)
秋田県五城目から世界へハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(4)


秋田県五城目から世界にハバタク! これからのワークライフスタイル探求プロジェクト――第1回イベントレポート(2)

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!


活動報告目次




  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ