医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト

現場発のイノベーションを実装する組織形成のヒント【看工連携プロジェクト(5)】(前編)

2018年11月28日



現場発のイノベーションを実装する組織形成のヒント【看工連携プロジェクト(5)】(前編)

2018年、あしたのコミュニティーラボでは『医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト』と題し、医療(看護)と工業という異分野連携による課題解決の取り組みを追い、過去4回にわたって活動内容をレポートしてきました。今回は連載の振り返りとして、イノベーション・マネジメントを専門とする東京大学生産技術研究所 野城智也さんをお招きして、プロジェクトメンバーの大田区産業振興協会 吉田孝次さん、富士通株式会社 岡野貴史さんの3名で座談会を開催。 “現場発”のイノベーションを社会全体に拡げていくためのエコシステムについて考えます。(撮影協力:TechShop Tokyo

“豊益潤福”な社会を目指すイノベーション・プロセスとは?【看工連携プロジェクト(5)】(後編)

スピード感がメンバーの共感を生む

——まずは「医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト」の中心メンバーの1人、大田区産業振興協会の吉田孝次さんに、これまでの活動を振り返っていただきます。

吉田 プロジェクトの実質的なキックオフは、2017年11月21日開催の「アイデア創出ワークショップ」でした。課題当事者である東京北医療センターの医療・看護に関わるスタッフのみなさん、そして東京工科大学医療保健学部 看護学科長・教授の野澤美江子さん、大田区のものづくり企業のみなさんらが集まり、医療・看護現場の課題を解決するための共創ワークショップを実施しています。

吉田孝次さん
大田区産業振興協会 次世代産業創造コーディネーターの吉田孝次さん

ここでいくつかのアイデアが創出され、2018年1月31日〜2月2日の「おおた工業フェア」では試作品も発表。同年7月開催の「国際モダンホスピタルショウ」などいくつかの展示会では、そのなかから生まれた「誤嚥防止用噛むストロー」を出展しました。

——プロジェクトメンバーとしての率直な感想は?

吉田 私を含めメンバー全員が一番驚いているのは、そのスピード感です。当初は「たった1年足らずで本当に製品の出展まで漕ぎ着けるのだろうか?」と懐疑的な面もあったと思いますが、話が持ち上がってから2カ月後にはワークショップを開催。翌年には試作品を発表し、展示会出展も達成しました。活動中、常にスピード感のある動きができたからこそメンバー間に共感が生まれ、これらの目標を達成できたと感じています。

看工連携プロジェクトは指揮者がいない水平型オープンイノベーションの好例

——本日ゲストとしてお招きしている東京大学生産技術研究所 教授の野城智也さんにもお話を伺いたいと思います。野城さんは、イノベーションを達成するプロセス・組織のメカニズムを研究する「イノベーション・マネジメント」をご専門とされています。このたびの看工連携プロジェクトについてどのような感想をお持ちでしょうか?

野城 オープンイノベーションを実践するイノベーション・コミュニティーの良き実例だと思います。

吉田さんがおっしゃっていたように、イノベーション・プロセスにおいて「スピード感」はとても重要です。何か大きな目標に向けてメンバーで走り出したとしても、誰か1人が途中で立ち止まればさまざまな“雑音”が入ってくるもの。目先の損得勘定を言い出す人が出てきてもおかしくありません。

しかしプロジェクトがスピード感を持って走り出し、ものごとが常に動いている状態だと、立ち止まってあれこれ考えている淀みはなく前進する。結果としてメンバーそれぞれが大局的な判断を下すようになり、目先の損得勘定にとらわれずに、全員が未来に向けて期待を持つようになります。

野城智也さん
東京大学生産技術研究所 教授の野城智也さん

野城 もう1つ、私が特徴的だと思ったのはマネジメントの仕方です。一般的な日本のオープンイノベーションで多いのが「ほとんどのことは自社でできるから、最後の足りない1ピースだけをオープンに募り、穴埋めをする」といった補完型のオープンイノベーションです。

これに対して看工連携プロジェクトでは、複数の企業・団体が水平にアライアンスを組んでいる印象です。先の“補完型”とはずいぶん様相が異なるのではないかと思います。

吉田 おっしゃるとおり、明確なリーダーがいないプロジェクトだったと思います。

野城 これまでの日本企業における組織は、常にリーダーや指揮者のような存在がいて、その人のタクトに従って演奏する“オーケストラ”に似ていました。しかし水平なアライアンスを組んだオープンイノベーションは、演奏しながらお互いに「のり」を合わせていく“ジャズ・セッション”にも似ています。誰かが引っ張らないと迷走するが、特定の人ではない。そんな状態で走りながら共通の目標が見えてくれば共感が生まれ、セッションの求心力も働いていく——。看工連携プロジェクトは、そうしたことが「実際に起こるのだ」という、まさにお手本と言ってもいい、教科書的な好例になったのではないかと感じます。

イノベーションの俯瞰的な理解を促すIPMモデル

——看工連携プロジェクトのような“水平なアライアンスを組んだオープンイノベーション”を別のメンバーで再現する、あるいは社会的にもっと普及させることは可能なのでしょうか?

吉田 そのときに課題として立ちはだかるのは「しくみ化できるかどうか」だと思います。というのも、このコミュニティーの当事者として感じたことを振り返って言葉にしてみれば「雰囲気が醸成された」「おのずと一体化した」といった類いのもの……。なぜそのセッションがうまくいったのか、形式知化ができていません。その点は本日、ぜひとも野城先生に伺いたいところです。

野城 イノベーションの再現にはそうした難しさがつきまとうものです。「A→B→C→…」のように系統立てて行うものでは決してありませんから。プロスポーツ選手はたくさんの場数を踏みながら試行錯誤することで、コツをつかんで成長する。それと同じようなプロセスを経ることで、イノベーションの再現度は高まっていくかもしれません。

——野城先生は「イノベーションのプロセスの構造を俯瞰的に理解するための認識基盤」として、著作『イノベーション・マネジメント プロセス・組織の構造から考える』(東京大学出版会)で「IPMモデル(イノベーション・プロセス・メタモデル)」を提唱されています。このモデルについてご解説いただけますか?

野城 野球でヒットエンドランが成功したからといって何度もやっていれば、必ずや敵チームに策を講じられるでしょう。それと同様に、イノベーションにも局面ごとの采配があってしかるべきです。私はそうしたイノベーションの多様性を“理解していただく”ため、このIPMモデルを作成しました。

ご覧の通り、IPMモデルは複数のノード(節)で構成されています。特にイノベーションプロセスにおいて、活動・行動ノードにあたる8要素(青く塗られた要素)はポピュラーなアクティビティではないでしょうか。

IPMモデル
野城さんの提唱する「IPMモデル」(出典:野城智也『イノベーション・マネジメント プロセス・組織の構造から考える』東京大学出版会)

さて、このモデルにおいてすべての活動・行動ノード(四角で囲まれた要素)は「変革創始点」(イノベーションの出発点)となり得ます。つまりどこから始まってもよい。

たとえば今回の看工連携プロジェクトは「看護現場の潜在的な課題・ニーズの定義」が出発点となっていますが、「製品開発」や「技術開発」、さらには「効果評価」が出発点になるパターンもあり得るのです。

ここで重要なのは矢印の流れが示すように、複数のノードの間を行ったり来たりする「繰り返し循環」をしながらプロセスが進んでいくということ。決して「A→B→C→…」のような単線型ではありません。

左側の楕円で囲まれた要素は「結果・効果ノード」ですが、そこから「効果評価」「レビュー・見直し」へと進み、再び開発・生産・実装が繰り返されるようなフィードバックプロセスも起こりえます。

——「こうすればうまくいく」といったマニュアルのようなものではなく、まさしく「構造を俯瞰的に理解する」ためのモデルということですね。

野城 そうです。言い換えれば、イノベーションの多様性を“幅広く理解する”ための下敷きとなるモデルといったところでしょうか。このモデルを下敷きにみると、日本におけるイノベーションは「製品開発」「技術開発」を出発点にしていることが多いと感じます。

もちろんそれが間違いというわけではないのですが、「概念・解決策創造」から始まるケースがとても少ないようにも感じるのです。「概念・解決策創造」と「課題・ニーズの定義」、「技術・製品開発」との間のプロセスが、いったりきたり繰り返されることで、製品・サービスはより奥深いものへと変わっていくはずです。

これは、イノベーションプロセスを考えるうえでとても重要な視点だと考えています。

“豊益潤福”な社会を目指すイノベーション・プロセスとは?【看工連携プロジェクト(5)】(後編)へ続く

前編はここまで。看工連携プロジェクトの全般の振り返りと、イノベーションについて理解するためのIPMモデルの概要を解説いただいた。後編では、これら一連のイノベーションプロセスを踏襲するなかで重要な役割を果たす「中間組織」について議論していく。

2018年11月29日に「看工連携プロジェクト」のセミナーを実施いたします。興味のある方はぜひお越しください!

医工連携マーケットデザインセミナー ~上市して、売れる製品を作るには~(関東地域)
午前(セミナー) 午後(ワークショップ
主催:日本医療研究開発機構(AMED)


現場発のイノベーションを実装する組織形成のヒント【看工連携プロジェクト(5)】(前編)

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ