医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト

医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト


目的

・医療機器をものづくりの力で最適化することで、生活者に質の高い医療がもたらされる環境づくりを支援する
・とくに、現場の看護師の声を拾い上げた医療機器を製作することで業務負荷を減らす
・一方で、ものづくり企業が持つ世界最高レベルの技能を活かし、社会に還元する
・医療と工業という異なる分野の連携により、従来では実現し得なかったイノベーションを促進する

ステークホルダー

東京工科大学、東京北医療センター、大田区ものづくり企業、大田区産業振興協会、富士通

期間

2017年10月~2018年9月(予定)

概要

現場の看護師の声を拾い上げ、ものづくりの力で機能的な医療機器を創造していきます。具体的には、医療・看護の現場とものづくり企業とをつなげ、異業種の共創によって現場の声を反映した医療機器を企画・開発していきます。看護師の業務負担を軽減する、現場視点のイノベーション創発を後押し、日本の医療全体の質を向上させることを目指します。

医療と工業の連携で未来に備える

医療現場で使われている、さまざまな医療機器。その一部は長年にわたって変化しておらず、業務上最適化されているとは言いがたい、使いづらいものになっています。なぜなら、現状ではそういった医療機器の製品開発において、いちばん長く患者と接しているはずの現場の看護師の声が反映できていないから。つまりそれは、患者やその家族の声が充分に届いていない、ということでもあり、患者にとっても不便なままの医療機器を使用せざるを得ない状態になっている可能性があるのです。

本プロジェクトは、医療現場だけでは解決することが難しいこの現状に対して、医療と工業という異なる分野の連携による課題解決に挑戦します。既存の医工連携の取り組みとは異なり、課題当事者(看護師)、課題を抽出する人(一般企業)、かたちにする人(ものづくり企業)の3者がチームとなって、これまで実現し得なかったイノベーションを促進していきます。

具体的には町工場が持つ世界レベルの技能を活かし、現場で使いやすい新たな医療機器の開発を目指します。看護師をとおして生活者の声を拾い上げ、医療機器を最適化することで、日本の医療全体をさらに豊かにしていきたいと考えています。

生活者視点を持ち、こうした動きに関わっていきたい企業や介護・医療機関のみなさん、関心をお持ちの方はぜひお問い合わせください。

お問い合わせ先:富士通コンタクトライン

医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト

いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!

最新の活動報告一覧

“豊益潤福”な社会を目指すイノベーション・プロセスとは?【看工連携プロジェクト(5)】(後編)
“豊益潤福”な社会を目指すイノベーション・プロセスとは?【看工連携プロジェクト(5)】(後編)
2018年11月28日

2017年11月21日の「アイデア創出ワークショップ」から始まった「医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト」。プロジェクトが生んだ「誤嚥防止用噛むストロー」が、国際モダンホスピタルショウの「みんなのアイデアde賞」で準グランプリを授賞するなど一定の成果を得ることができました。後編では、前編で野城智也さんに解説いただいたIPMモデル(イノベーション・プロセス・メタモデル)において、プロジェ...

続きを読む
現場発のイノベーションを実装する組織形成のヒント【看工連携プロジェクト(5)】(前編)
現場発のイノベーションを実装する組織形成のヒント【看工連携プロジェクト(5)】(前編)
2018年11月28日

2018年、あしたのコミュニティーラボでは『医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト』と題し、医療(看護)と工業という異分野連携による課題解決の取り組みを追い、過去4回にわたって活動内容をレポートしてきました。今回は連載の振り返りとして、イノベーション・マネジメントを専門とする東京大学生産技術研究所 野城智也さんをお招きして、プロジェクトメンバーの大田区産業振興協会 吉田孝次さん、富士通株...

続きを読む
ケアの質を高めるカギは現場のひらめきにある!【看工連携プロジェクト(4)】
ケアの質を高めるカギは現場のひらめきにある!【看工連携プロジェクト(4)】
2018年10月03日

あしたのコミュニティーラボでは「医療現場の想いをかたちにする看工連携プロジェクト」をとおして、医療と工業という異なる分野の連携による課題解決の取り組みを追ってきました。このプロジェクトから生まれた“メディカルストロー”を「誤嚥(ごえん)防止用噛むストロー」として応募し、7月11〜13日に東京ビッグサイトで開催された国際モダンホスピタルショウ2018の特別企画「みんなのアイデアde賞」において準グラ...

続きを読む
万人にとって「ストレスフリー」な社会をつくる【看工連携プロジェクト(3)】(後編)
万人にとって「ストレスフリー」な社会をつくる【看工連携プロジェクト(3)】(後編)
2018年04月23日

医療・看護関係者とものづくり関係者の連携により、医療現場の声を反映した医療機器の製品化を目指す「看工連携プロジェクト」。前編では、大学教育機関の立場から参画する東京工科大学医療保健学部 看護学科長・教授の野澤美江子さんに「プロジェクトが社会にもたらす価値」について伺いました。では、ものづくり企業の側はどのように感じているのでしょうか。東京・大田区で医療機器開発事業に取り組む株式会社ライズアップの倉...

続きを読む
看工連携の取り組みが社会にもたらす価値とは?【看工連携プロジェクト(3)】(前編)
看工連携の取り組みが社会にもたらす価値とは?【看工連携プロジェクト(3)】(前編)
2018年04月23日

医療現場の声を反映した医療機器の製品化を目指す「看工連携プロジェクト」。これまでに公開した2つの記事では、医療・看護現場の課題とその抽出方法について、課題当事者である東京北医療センターと、プロジェクトの牽引役である公益財団法人大田区産業振興協会と富士通の双方からお話を伺いました。 3回目となる今回は、看工連携のポリシーに共感しプロジェクトに参画することとなった2組を取材。前編では東京工科大学医療保...

続きを読む
現場の課題をどのように掘り下げたのか?【看工連携プロジェクト(2)】
現場の課題をどのように掘り下げたのか?【看工連携プロジェクト(2)】
2018年02月05日

人の命を守り、健康を支える医療現場の声を反映した医療機器の製品化を目指す「看工連携プロジェクト」。その名のとおり、医療・看護関係者(看)である東京北医療センター、東京工科大学、ものづくり関係者(工)である東京都大田区のものづくり企業、富士通などが連携。医療・看護現場の課題を伺った(1)に続き、(2)では「アイデア創出ワークショップ」を企画・開催した中心メンバー2名に、医療・看護現場の課題をどのよう...

続きを読む

活動報告一覧を見る




  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ