Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

社会課題解決と企業成長を両立させる方法を、事例から学ぼう!

12月12日(土)、「あしたのコミュニティーラボ」は共存在企業研究会と共同で、“社会課題解決と企業成長を両立させる方法”をテーマにイベントを開催します。

タイトルは、「社会課題はビジネスにつながる? ―社会課題解決と企業成長を両立させるには何が必要か―」。多様なメンバーが協働しながら、持続可能な社会をつくろうという気運が社会全体で高まるなか、これまでビジネスセクターを担っていた企業は、現状に加えてどのような役割を担い協働していくことができるのか、すでに企業内でプロジェクトを立ち上げ他者との協働に取り組む先駆者の事例や、あしたのコミュニティーラボの活動実績から考えます。

今回は、「企業」という存在を社会の一部として捉え、企業が社会と交わりながらどのような経営戦略を取るべきか多種多様な企業人が集い、ともに考える「共存在企業研究会」との共同イベントです。企業の立場から社会課題に関わる実践者の方々を登壇者に迎え、対話を通じて参加者とともに考えていきます。

モデレーターは、エーザイ株式会社知創部で課題当事者やステークホルダーの課題解決や利益向上を通じ、社会や事業に貢献しようという企業理念「hhc(ヒューマン・ヘルスケア)」の考えを社内に広める高山千弘さん。パネラーに、認知症の人々や家族を包摂するための企業間を越えた各種プロジェクトを立ち上げ、人と人とをつなぐしくみづくりを研究する富士通研究所の岡田誠さんと、社会課題を目の当たりにし、宅急便と高齢者の見守りシステムを掛け合わせた「まごころ宅急便」を実現したヤマト運輸の松本まゆみさんをお招きし、企業が社会課題に向き合い、ステークホルダーとどのように協働すべきか、具体的な議論を展開していく予定です。

さらに、あしたのコミュニティーラボ代表の柴崎辰彦より、約3年半にわたって取り組んできた「あしたのコミュニティーラボ」活動とその成果についてもご紹介します。

会場は、エーザイ株式会社(茗荷谷駅)。参加費は無料ですのでふるってご応募ください。下記、外部リンクよりお気軽にご応募いただけます。

企業内で積極的に社会課題解決に取り組んでいる先駆者のエピソードを周りの参加者とともに内容を話し合うことで、新しい気づきや参加者同士の新しい関係性が見えてくるはずです。この機会にぜひご参加ください。

終了しました

【タイトル】
社会課題はビジネスにつながる? ―企業が社会とともに共生するには何が必要か―

【出演者(予定)】
高山 千弘(エーザイ株式会社)
岡田 誠(株式会社富士通研究所)
松本 まゆみ(ヤマト運輸株式会社)
柴崎 辰彦(富士通株式会社 あしたのコミュニティーラボ代表)
※登壇者追加予定

【日時】
12月12日(土)
16:00〜17:50(受付開始15:50 早めにお越しになった場合はエントランス等でお待ちいただく可能性がございます)
※共存在企業研究会が同日13:00よりスタートしております。ご興味のある方はFacebookメッセージからお問い合わせください。

【開催場所】
エーザイ株式会社 本社ホール
東京都文京区小石川4-6-10
http://www.eisai.co.jp/company/headoffice.html 
※東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅より徒歩7分

【受付場所】
5Fセミナー会場入り口
※応募時に入力したお名前を受付担当者にお伝えください。

【定員】
40名

【参加費】
無料

【応募締め切り】
定員をもって終了

【当イベント事務局】
あしたのコミュニティーラボ https://www.ashita-lab.jp/

【当イベントに関するお問い合わせ先】
あしたのコミュニティーラボFacebookページ https://www.facebook.com/ashita.lab 
※上記URL内の「メッセージ」からお問い合わせください。

【事務局運営時間】
平日11:00〜18:00
※土日祝日にお問い合わせいただいた場合は、翌営業日にご回答いたします。

【注意事項】
内容は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

企業内で日々奮闘する実践者たちのトークは、企業内からソーシャルイノベーションに取り組むヒントを与え、第1歩を踏むきっかけになるはずです。ぜひご参加ください!

終了しました


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ