Opinions
各界の専門分野を持つ有識者の方々から、社会を変えるイノベーションのヒントを学びます。

【座談会】ハッカソンをクリエイティブな場に様変わりさせる方法 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(後編)

2016年05月16日



【座談会】ハッカソンをクリエイティブな場に様変わりさせる方法 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(後編) | あしたのコミュニティーラボ
「IoT × Security Hackathon 2016」(レポートはこちら)をきっかけとしてはじまった今回の座談会。こうしたハッカソンもまた、アイデア創発の一連のコミュニティーとして重要なものだ。しかしそこで生まれたアイデアが“がらくた”ばかりでは本末転倒。後編では、ハッカソンがクリエイティブな場として機能するためにはどうすればよいのか、3名にお話を伺った。

〈座談会参加者〉
山寺純/株式会社Eyes, JAPAN 代表取締役社長
東博暢/株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 上席主任研究員/
融合戦略グループ長
江渡浩一郎/国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員、メディアアーティスト

【座談会】社会を変える出口戦略と、エコシステム形成の可能性 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(前編)

ぶっとんだアイデアも、実は既存の技術の掛け合わせ

──江渡さんにメディアアーティストのお立場としてお話しいただきたいのですが、ハッカソンで生まれたアイデアをビジネスにつなげるにしても社会実装するにしても、結局はそのアイデアそのものがクリエイティブなものでないといけませんよね。ハッカソンで個人がクリエイティビティを発揮するには、どうすればよいと思いますか?

座談会は、「IoT & Security Hackathon 2016」会場のアルツ磐梯で行われた
座談会は、「IoT × Security Hackathon 2016」会場のアルツ磐梯で行われた

江渡 まずは大前提として、モノをたくさん知っておく必要がありますよね。とんでもないぶっとんだアイデアもその背景を探ると、実は他から転用したしくみであることが多い。とある仕事で、新しいアイデアを提案した人に、どのようにしてそのしくみを思いついたのか聞いたところ、カメラのシャッターやディスクブレーキのしくみを転用したと言っていました。そんな既存の技術を掛け合わせることで新しいものが生まれていくものです。

国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員、メディアアーティスト 江渡浩一郎さん
国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員、メディアアーティスト 江渡浩一郎さん

 僕が日本にまだまだ可能性があると思っているのもそこなんですよ。アメリカは外からモノを買っている(企業を買収して大きくなる)から、日本のエンジニアに比べ、そうした細かな技術を知らない。既にあるものを組み合わせて新しいものをつくることは、日本のエンジニアが本来的に得意なはずですし、ハッカソンのようなコミュニティーならば、江渡さんのようなアーティスト、山寺さんのようなプロデューサーに指揮してもらうこともできます。

株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 上席主任研究員/融合戦略グループ長 東博暢さん
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 上席主任研究員/融合戦略グループ長 東博暢さん

江渡 そうですね。あともう1つ、クリエイティビティを発揮するには、アイデアの極限で考えてみることも肝心だと思います。1とか10を考えているときに、1,000や1万まで考える。もしくは0.01とかまで考える。振れ幅をとって物事を考えると見えてくるものがあるはずです。

──現在の日本のクリエイティビティに対して、江渡さんは実感をお持ちですか?

江渡 日本が持つ、本来のよさをまだまだ活かしきれていないと感じます。では日本のよさが何かというと、たとえばアニメやゲームです。日本ほどおもしろいアニメやゲームのコンテンツがある国は他にはほとんどないですよ。そうしたコンテンツの発想・アイデアを活かして、新しい製品を生んでいくというやり方もあるはずなのに。

──原作の世界観を追求した、「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」なんかがそうですよね。

江渡 ただ日本の場合は、そうした取り組みが広がっていないし、また意識的にそれができているとは言いがたい。僕は10年、20年もすれば、中国がそこに参入してきて、アニメに付帯する産業の分野で日本を追い抜いていくと思っています。そのときにはじめて、日本は自らの過ちに気づくんです。

山寺 僕も中国のシリコンバレーと言われる深圳に行ってすごいと思ったのは、デザインのことをよく知っている人が多いことでした。やはり経済がまわっているところは強い。近い将来、必ず脅威になりますよ。

江渡 僕が「ニコニコ学会β」でやりたいのもそういうことで、自分たちが持っている資源の良さを理解して、デザインやコンテンツと研究を融合した場をつくりたいと思っています。

株式会社Eyes, Japan 代表取締役社長 山寺純さん
株式会社Eyes, Japan 代表取締役社長 山寺純さん

 たしかにアメリカのアニメコンテンツなんて、どれも勧善懲悪のシンプルなもの。アイデアが枯渇しているのは明らかですよね。アメリカからすると、日本のようなストーリー性のあるコンテンツはうらやましいはずです。ハリウッドの映画監督の部屋に遊びに行くと、普通に「少年ジャンプ」や「少年マガジン」が置いてあったりしますから。「なぜ、日本では女子高生の日常がアニメになって成立しているんだ?」と言っています(笑)。

そうしてアイデアの源泉が国内にたくさんあるのに、日本は市場規模が小さいから、いまいち盛り上がっていかない。その点、中国はクリエイターに対して量で攻め、その結果、質も上がっています。ストーリーを描けるクリエイターも増えている。その点を日本はそろそろ気づかないといけません。

ハッカソンでやりたいことはショック・ドクトリン

──ところで、今回の「IoT × Security Hackathon2016」の以前にも、Eyes, JAPANによるハッカソンが開催されています。山寺さんはどんな思いでこれらのハッカソンを企画運営されているのでしょうか?

山寺 大企業のハッカソンであれば、社会実装まで容易にできるかもしれないのですが、いかんせん僕らベンチャーは、なかなかそこまで到達しないんです。僕が思うのは、ショック・ドクトリンとでもいいますか、このハッカソンで世のなかに衝撃を与えたいということです。

──医療分野をテーマに取り入れているのはなぜなんでしょうか?

山寺 なにもEyes, JAPANが医療分野に前のめりになっているわけではないんです。医療という分野は遅れていて、のびしろがあると思っているからこそやっています。医療じゃなくて農業でもなんでもよくて、みんながやりたがらない分野に足を踏み入れ、インパクトを与えてやろうと思っています。

──昨年の「Medical × Security Hackathon2015」でアプリ・サービス部門の優勝を勝ち取ったのは、会津大学の平均年齢19.5歳の学生チームでしたね。

山寺 チームリーダーの丸山滉太郎くんは今、Eyes, JAPANでインターン生として働いていて、優勝アイデアの眼病早期発見アプリ「Eye Checker」も現在、彼らのチームとEyes, JAPANによる共同開発が進んでいます。

Eyes, JAPANでインターン生として働く丸山滉太郎さん。2015年、「Medical × Security Hackathon2015」アプリ・サービス部門では学生チームを率いて優勝した
Eyes, JAPANでインターン生として働く丸山滉太郎さん。2015年、「Medical × Security Hackathon2015」アプリ・サービス部門では学生チームを率いて優勝した

──丸山さんは今回のハッカソンにも運営スタッフとして参加していて、私も話をする機会がありました。特に印象的だったのは、優勝した後、山寺さんのすすめもあって、ビジネスコンテスト(神戸発! めざせシリコンバレー!! 学生起業プランコンテスト)に応募したときのこと。丸山さんいわく「それまではビジネスプランが1人歩きしている状態だったが、ビジネスプランとして考えていくと、医療には制約がたくさんあることを知り、医療関係者とのコネクションなど自分たちに足らないことがよくわかった」ということでした。

山寺 もちろんビジネスとしてスケールできるものをここからつくっていきたい気持ちは常々持っています。ただやはり、ビジネス化に向けては難しいことも多い。とはいえハッカソンを開催するだけでも、先ほど言った社会へのインパクトを与えられるし、社内教育の点でも大きなメリットがあります。うちのエンジニアもホームですから外のエンジニアに負けたくないですし、運営として携わっていくことで学べることもあるんです。

「IoT × Security Hackathon」のホスト役として、場を盛り立てる山寺さん。緩急をつけたファシリテーションで、参加者の創発に努めていたのが印象的だった
「IoT × Security Hackathon」のホスト役として、場を盛り立てる山寺さん。緩急をつけたファシリテーションで、参加者の創発に努めていたのが印象的だった

社会の公器たる大企業でもイノベーションに取り組める

──ビジネスとしてのスケール、もしくは、社会実装をしていくという課題は、ハッカソンを含めたアイデア創発のコミュニティーがどこも抱えているものです。日本総研の場合、その点ではどんな取り組みをされているか、最後に伺いたいと思います。

 民間企業とともに、異業種コンソーシアムを設立・運営する取り組みがあります。背景の異なる企業を集め、アイデアを出してもらい、各社が出資して新たな会社をつくっていくんです。ここでも外に企業連合の“飛び地”をつくっているわけですから、各社とも組織に持って帰りやすい。みんなで「右向け右」すると、企業の意思決定も早いですから。

──大企業でも取り組みやすいしくみさえつくれば、可能性も広がりますね。

 大企業も「じゃあ、うちも明日からイノベーションだ」とかなんとかいって、既存の経営母体を支える何千億円の商売をいきなり止めることはできません。ましてや日本の場合、社会基盤を支えている「社会の公器」たる大企業が多い。だから組織をあげてイノベーションに取り組む難しさはあるでしょう。

しかし、結局は企業でイノベーションに取り組もうとした時の最も大きな課題の1つはリソース不足なのです。チャレンジしたい若者・学生を含め、今までに取り込めていない人たちと一緒に課題を解決する、そのしくみを会社のなかにつくっておくことが大事なんでしょうね。

──まだ先の見えない社会において、個人が取るべき行動、そして、組織が取るべき行動はどんなことなのか。そんなことを各自が考えることのできる、示唆に富んだ座談会でした。本日はどうもありがとうございました。

座談会を終えて
【座談会】社会を変える出口戦略と、エコシステム形成の可能性 ──IoT × Security Hackathon から読み解く(前編)

山寺純(やまでら・じゅん)
株式会社Eyes, JAPAN代表取締役/チーフ・カオス・オフィサー
1968年、福島県会津若松市生まれ。95年に大学生と会津大学発のベンチャー企業として「あいづ・ジャパン」を創業。「Government 2.0」「ITによる地域活性」など、プロジェクトを多数手掛ける。2013年には、アメリカで行われた「Health 2.0」の第7回ハッカソンに日本代表として参加し、優勝を果たした。

東博暢(あずま・ひろのぶ)
株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 上席主任研究員/融合戦略グループ長
大阪府立大学大学院工学研究科(電気・情報系)修士課程修了。2006年、株式会社日本総合研究所入社。民間組織に対する新規事業開発戦略策定、イノベーション戦略策定支援や、政府の情報通信分野における法制度改正、ガイドライン策定支援などに従事。ICTを軸にした産業界のインキュベーション、コンサルティング活動、海外政府機関支援なども行っている。現在は、主に日本の成長戦略の基盤となる先進性の高い技術やビジネスアイデアの事業化を支援しイノベーションを推進する異業種連携の事業コンソーシアム「Incubation & Innovation Initiative」を組成し、Program Directorとして全体統括を行っている。

江渡浩一郎(えと・こういちろう)
国立研究開発法人産業技術総合研究所 主任研究員、メディアアーティスト
東京大学大学院情報理工学系研究科博士課程修了。博士(情報理工学)。在学中よりメディアアーティストとしてネットワークを使ったアート作品を発表。2011年、ニコニコ学会βを立ち上げ、2012年にグッドデザイン賞、2013年にアルス・エレクトロニカ賞を受賞するなど高い評価を受ける。


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ