Discussions
あしたラボのイベントとその様子をご紹介します。

あしたラボUNIVESRITYハッカソン! ~半径3メートルから世界を変えよう~

2017年1月、あしたラボUNIVERSITYとして初のハッカソンを開催します。
「私のスキル、アイデアをぶつけてやる!」という学生の方のご参加をお待ちしています!

【受付終了いたしました】

2015年2月、『あしたのまちHack~私のまちの魅力を100倍にするアイデアソン~』。
2016年2月、『大ガッコソン!~常識を覆せ、わたしの考えるみらいの大学』。

これまで“学生×社会人”によるアイデアソンを核とした共創の場を数多くつくり続けてきた「あしたラボUNIVERSITY」。2014年11月の活動開始以来、大学との共創プロジェクトやトークイベントなども含め、ご参加いただいた方の数は500名を超えました。

1年目のアイデアソンに参加した学生さんが2年目には運営スタッフとなったり、ファシリテーターを務めたり。アイデアソンで出会ったチームメンバーたちが継続してアイデアをブラッシュアップし、ビジネスコンテストにチャレンジしたり。アメリカテキサス州オースティンで開催されたSXSW(サウスバイ・サウスウエスト)に、社会人とともに出展した学生さんも出てきました。

「参加したらそこで終わり」の場ではなく、あしたラボUNIVERSITYをきっかけとした“ゆるやかにつながる共創コミュニティー”が少しずつできはじめているのかな、と運営メンバー一同も感じています。

昨年度開催「大ガッコソン!~常識を覆せ、わたしの考えるみらいの大学~」の模様
昨年度開催「大ガッコソン!~常識を覆せ、わたしの考えるみらいの大学~」の模様

そして、来年2017年1月。
私たちは「あしたラボUNIVERSITY」初のハッカソン※を開催することとなりました。

※ハッカソンとは・・・
ハック(Hack)と「マラソン(Marathon)」を組み合わせて作られた造語。ソフトウェア技術者などが短期間でソフトウェアやサービスを開発(アイデア創出)するイベントとして世界中で開催されています。

会場は2016年5月にオープンした共創実践の場「FUJITSU Knowledge Integration Base PLY」。“より合わせる、積み重ねる”の意味を持つこのPLY(プライ)で、参加者のみなさんが“学生”や“社会人”といった肩書きをとり払って、対等な立場でアイデア・意見を出し合い、お互いの視点や考え方を理解して学び合う、そんな関係をつくり上げられたらと思っています。

今回のハッカソンのテーマは、“半径3メートルから世界を変えよう”

「イノベーションを起こそう!」「社会を良くしていこう!」そんな大きな目標も、最初は自分の周り”半径3メートル”くらいの人やもの、コトを大切に見つめ、ちょっと面倒なことを便利にしたり、つまらないことをワクワクに変えたりする身近なアイデアからスタートするのではないでしょうか。”半径3メートル”に眠るイノベーションのスイッチを、参加者の学生のみなさん、社会人とともに一緒に探し、考え、カタチにしていきたいと思います。

こんな方に参加してほしい!と思っています

・すでに何かのアクションをはじめていて、スキルを試したい、使いたいという方
・社会を変えるのは私だ!という方
・この場をステップに何かはじめてみよう!という方

文理は問いませんが、ハードウェア・ソフトウェアに関わらず、プロダクト・ウェブ/スマホアプリ開発等の経験のある方や、ビジネスコンテストに参加経験がある方、アイデアソン・ハッカソンの参加や、ファシリテーションの経験がある方も大歓迎です。

また、2日間のハッカソン前日に“翌日からのハッカソンですぐに使える技術”を富士通グループ社員がレクチャーしますので、「何かやってみたい!」「変化を起こしていきたい!」という意欲がある方のご参加もお待ちしています。ぜひお気軽にご応募ください!

あしたラボUNIVERSITYハッカソン!のポイント

1. ハッカソンで”勝つ”ための実践ノウハウの事前レクチャー「ハッカソンで”勝つ”ための実践講座」あり
2. 3Dプリンタ、レーザーカッターも完備したFabスペースが利用可能
3. 富士通グループ社員がチームメンバーとして参加(メンターではなく同じメンバーとして参加します)

あしたラボUNIVERSITYハッカソンは、富士通グループのデザイナー、エンジニア、コンサルタント、プランナー自身が企画・設計、運営を行います。実践講座やハッカソンプログラムなどもすべて社員によるオリジナルです。富士通グループでこれまで多数実施してきたアイデアソン・ハッカソンのノウハウが凝縮された場を、どうぞお楽しみに!

「ハッカソンで

「ハッカソンで

概要とお申し込み方法

■日程
2017年1月11日(水)~1月13日(金)の3日間
※3日間全プログラムへの参加が前提となります

・1月11日(水)10:00~18:00【ハッカソンで”勝つ”ための実践講座】
※終了後懇親会あり、参加任意
・1月12日(木)9:30~18:00【ハッカソンDay①】
・1月13日(金)9:30~18:00【ハッカソンDay②】

■場所
FUJITSU Knowledge Integration Base PLY
〒144-8588 東京都大田区新蒲田1-17-25 富士通ソリューションスクエア
http://www.fujitsu.com/jp/services/knowledge-integration/ply/

■対象者
大学生・大学院生・高等専門学校生、専門学校生 約30名程度。
※参加対象18歳以上(未成年の方のご参加については、親権者の同意が必要です)
※学生30名に富士通グループ社員10名が加わります

■参加費用
無料
※遠地からご参加いただく方には、規定に即し交通費及び宿泊費を支給させていただきます。詳細は参加が決定した方宛にお送りいたします。

■提供技術
ハッカソン期間中にご活用いただける各種技術をご準備いたします(interactive shoes hub他)。利用する技術は自由です。

■ハッカソン開催後の展開
ハッカソンを通じて創出されたアイデアの実現・実践や、個人のスキルアップ、コミュニティー形成に向けた継続的なフォローをいたします。海外で開催される展示会への出展の可能性も!?(参加者個人・チームの意向やアイデアの内容に応じて個別相談となります)

■応募方法
「参加申し込みボタン」を押下し、ご応募ください(お申し込みサイトへ遷移します)。お申し込み時には以下、アンケートにご回答いただきます。

  1. 「私が解決したいこと」と、その背景となるあなた自身の実体験を教えてください(200文字以内)
  2. 今回のハッカソンに参加するにあたって、活かしたいあなたの特技や試しにやってみたいことを教えてください(50文字以内)
  3. 事前講習(ハッカソンで”勝つ”ための実践講座)は「ビジネス」「デザイン」「ものづくり」の3つのコースのうち2つを受講いただきます。3つのなかから一番受講したいコースをご選択ください(選択式)

【参加申し込み】


遷移先サイトに掲載の「利用規約」、「参加規約」をご確認のうえお申し込みをお願いします。

■応募〆切
2016年12月16日(金)17:00
※お申し込み多数の場合には、選考させていただく可能性があります。

※参加可否は年内中にご連絡いたします。

■企画・運営
あしたのコミュニティーラボ、富士通株式会社

■本イベントに関するお問い合わせ
あしたラボUNIVERSITYハッカソン運営事務局
TEL:044-754-2262  Email: contact-fjevent@cs.jp.fujitsu.com

あしたラボUNIVERSITYとは

あしたラボUNIVERSITY

あしたのコミュニティーラボを運営する富士通では、これからの未来をつくる学生と社会人による共創チャレンジ「あしたラボUNIVERSITY」を2014年11月にスタート。これまで、“働く”をテーマにしたトークイベントや大学への出張授業、全国の学生のみなさんと社会人によるアイデアソン、3カ月にわたる共創プロジェクトなどさまざまな場づくりを行ってきました。

【ご参考】あしたラボUNIVERSITYこれまでの取り組み
▼あしたラボUNIVERSITY 
https://www.ashita-lab.jp/lab/openinnovationproject/


いいね!を押して
Facebookページをフォロー

あしたラボの最新情報をお届けします。

Twitterであしたラボ(@ashita_lab)をフォローしよう!

皆さんの感想をお聞かせください!





  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ