Special
あしたのコミュニティーラボでは、メインテーマに沿って特集を展開します。

“生命”のOSを解明し、次世代の産業を創り出す


“生命”のOSを解明し、次世代の産業を創り出す
私たちにとって最も身近でありながら、そのしくみが完全には解明されていない“生命”。近年では、多種多様な分野の人が集い、データやサイエンスを用いて“生命”の基本原理、いわば“生命”のオペレーティングシステム(OS)を突き止めようと活動しています。そして、その成果から新たな産業やサービスが生まれつつあります。今回の特集では、「あり得たかもしれない生命のかたち」を追求する人工生命、生体データを解析して衣食住を改善する取り組み、ゲノム技術を応用した次世代のものづくりなど、”生命”を取り巻く最新動向と新たなビジネスの種を探します。

Opinions 識者の視点

各界の専門分野を持つスピーカーから、問題提起と課題解決のヒントを学ぶインタビューコンテンツ。今回は、インタビューを通じて、“生命”のOSが解明されていくことで社会はどう変わっていくのかを考えます。
あしたのコミュニティーラボ
人工物が「生命性」をまとったとき、社会はどう変わるのか?——ALife Lab.青木竜太さんインタビュー
人工生命——ALife(Artificial Life)とは、生命の成り立ちやしくみなど生命現象の原理に迫ろうとする研究分野だ。研究が進み、生命のしくみが解明されていくことで、社会はどう変わっていくのかについてお話をうかがった。
●青木竜太(ALife Lab.) 続きを読む

Cases 事例紹介

テーマに基づき、課題解決に取り組む人々や事例を取り上げるケーススタディ。今回は、「生体データ」や「スマートセル」をキーワードに、次世代のビジネスの可能性を探ります。
データを元に眠りの“処方箋”を提供する——生体情報解析プロジェクト
富士通では人の睡眠に関するデータを解析、改善する技術を新たなサービス提供につなげる「睡眠状態解析プロジェクト」を行っている。東京西川とABCクッキングスタジオの活用事例からみえてくる、生体情報(バイタルデータ)がもたらす可能性とは。
●東京西川 ●ABCクッキングスタジオ ●富士通株式会社 続きを読む
ゲノムで未来を編集する? スマートセルがもたらす社会 ——共創プラットフォーム「SMARTCELL & DESIGN」
株式会社電通は、ゲノム技術をビジネスに活用する社内外横断組織「SMARTCELL & DESIGN」を発足させた。スマートセルとは、ゲノム編集などによって高度に機能がデザイン・制御された生物細胞のこと。「スマートセルがもたらす価値」をテーマに、プロジェクトメンバー5名に話をうかがった。
●SmartCell & Design 続きを読む

特集一覧へ戻る




  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ