注目のキーワード
ものづくり

古きを生かし、新しきを創る精神 ──ぶれない哲学から生まれる普遍的な価値とは(後編)
2018年07月20日

世界遺産の石見銀山を抱える島根県大田市大森町。人口わずか400人の山間の静かな集落に、全国のユーザーに強く支持される2つのメーカーがある。どちらにも共通するのは確固とした企業理念。どのような哲学が企業に普遍的な価値をもたらし、小規模で革新的なものづくりを可能にしているのか。後編では、古きよき知恵を今に生かしたライフスタイルを提案する「石見銀山生活文化研究所」の”復古創新”の理念と、そこから生まれる大森町の風土を生かしたものづくりについて伺った。

続きを読む
患者さんのために「考え続ける」 ──ぶれない哲学から生まれる普遍的な価値とは(前編)
2018年07月20日

世界遺産の石見銀山を抱える島根県大田市大森町。人口わずか400人の山間の静かな集落に、全国のユーザーに強く支持される2つのメーカーがある。どちらにも共通するのは確固とした企業理念。どのような哲学が企業に普遍的な価値をもたらし、小規模で革新的なものづくりを可能にしているのか。前編では、病気や事故で身体の一部を失った人たちのために義肢装具をつくる「中村ブレイス」の事例を取り上げる。企業理念にもとづき、徹底的に顧客に向き合うことで生み出されるものづくりの価値について考える。

続きを読む
万人にとって「ストレスフリー」な社会をつくる【看工連携プロジェクト(3)】(後編)
2018年04月23日

医療・看護関係者とものづくり関係者の連携により、医療現場の声を反映した医療機器の製品化を目指す「看工連携プロジェクト」。前編では、大学教育機関の立場から参画する東京工科大学医療保健学部 看護学科長・教授の野澤美江子さんに「プロジェクトが社会にもたらす価値」について伺いました。では、ものづくり企業の側はどのように感じているのでしょうか。東京・大田区で医療機器開発事業に取り組む株式会社ライズアップの倉…

続きを読む
新しい文化を社会へ広げていくためには? FabLab Setagaya 1st Anniversary Meetup ! から見えた「ファブ」の未来
2018年03月05日

あしたのコミュニティーラボ編集部の山本寛人です。突然ですが、みなさん、FabLab(以下、ファブラボ)というものづくりスペースを知っていますか? ファブラボは3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を使い、個人が自由な発想でものづくりに取り組む実験工房のことです。

ものづくりが企業のなかに閉じられることなく、広く世界に開かれ、誰もがものづくりをして多様なアイデアが世界に形になって現れる世界を体現する場、ファブラボ。しかし、一般の人々にとってはまだまだ足の遠い場所なのかもしれません。

今回、「FabLab Setagaya 1st Anniversary Meetup !」という、ファブラボ世田谷の一周年記念イベントの取材を通じて、ファブラボという1つの新しい文化が社会に開かれていく際に必要な3つのポイントを考えました。ファブラボを多面的に分析した各セッションの振り返りを通じてお伝えしたいと思います。

続きを読む
多様なバックグラウンドにしか、イノベーションの火種はない――exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(後編)
多様なバックグラウンドにしか、イノベーションの火種はない──exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(後編)
2016年10月06日

SF映画のサイボーグのようにメカニカルなデザインの電動義手。従来の義手のイメージを一新した「Handiii」はデジタルファブリケーションの活用によって劇的なコストダウンも成し遂げた。個人のニーズに応じたカスタマイズが可能で、マイナスをプラスに転化できる身体拡張ツールとして電動義手を普及させたい──。この思いをどのように広げていったのか、大企業とベンチャー双方の経験をもつexiii Inc. CEOの近藤玄大さんにソーシャルイノベーションを生み出し、持続させる方策について聞いた。

続きを読む
誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから――exiii Inc. CEO 近藤玄大さん インタビュー(前編)
誰もが振り向く電動義手のはじまりは、「ユーザー視点」への気づきから──exiii Inc. CEO 近藤玄大さんに聞く(前編)
2016年10月06日

メカニカルなデザインの電動義手。従来の義手のイメージを一新した「Handiii」は、3Dプリンターというデジタルファブリケーション機器の活用によって劇的なコストダウンも成し遂げ、大きな注目を集めている。開発者で、exiii Inc. CEOの近藤玄大さんが挑んでいるのは、「義手を必要とする人たちの目線に立ったソーシャルイノベーション」にほかならない。その想いを実現するために重ねてきた取り組みとは。前後編で伺う。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ