注目のキーワード
イントレプレナー

【座談会】「社会課題に取り組むマインドセットをどう育むか?」──一橋大学大学院特任講師・廣瀬文乃さんと考えてみた
2016年01月08日

2015年夏より展開してきた特集「社会課題は誰が解決するのか?」では、さまざまな社会課題への取り組みを紹介してきました。企業、自治体、大学、NPO法人と立場の異なるプレイヤーが登場しましたが、いずれも個人や組織のマインドセットが出発点となっているようです。それは、具体的に育めるものなのでしょうか。
今回は、『実践 ソーシャルイノベーション──知を価値に変えたコミュニティ・企業・NPO』の著者(野中郁次郎氏、平田透氏との共著)で、ソーシャルイノベーションの潮流や事例に詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科・廣瀬文乃さん(国際経営戦略コース特任講師)をお招きし、あしたラボ編集部の3名と対話しました。これまでの取材から得た知見をもとに、実践のためのヒントを掘り下げていきます。

続きを読む
“社内起業家”を潰さないためのしくみづくり──石倉洋子さんインタビュー後編
2014年08月29日

何かをきっかけに自分が突き詰めたい道を見つけ、イノベーションの渦を大きくしていった結果、所属する組織に大変革が起こるという事例は企業内においてはなかなか聞かれない。しかし、一橋大学名誉教授石倉洋子さんは、そういった渦を起こす“イントレプレナー”(社内起業家)こそが、今後の企業に非常に重要な存在になると話す。企業のイノベーションを主導するその存在と、その人たちを生かすための方法について伺った。 イノ…

続きを読む
イノベーションを大げさに考えても仕方ない ──石倉洋子さんインタビュー前編
2014年08月28日

“イノベーションを生みやすい仕事の進め方や働き方”に求められる条件とはなんだろう。そのために個人と組織はどうあるべきか。世界に通用する人材を養成する「グローバルアジェンダセミナー」などを主宰し、イノベーティブな活動に取り組む企業や個人の取り組みを数多くサポートしてきた一橋大学名誉教授の石倉洋子さんに話を伺う。 “社内起業家”を潰さないためのしくみづくり ──石倉洋子さんインタビュー後編 “過去の延…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ