注目のキーワード
コミュニティ

組織を変える対話には「覚悟」が必要?──埼玉大学大学院・宇田川元一准教授×One JAPAN代表・濱松誠さん(後編)
2018年09月14日

ナラティヴな対話の実践を経て、変革期を迎えつつあるOne JAPAN。One JAPAN代表・濱松誠さんは、メンバーとの「対話」により、One JAPANを「弱さを語れるコミュニティー」へと激変させ、埼玉大学大学院・宇田川元一准教授は「メンバーのOne JAPANとの関わり方が変わっていった」と評価する。では、それと同様のアプローチは会社組織でも展開は可能なのか。引き続き、濱松さんと宇田川さんの対談から探っていこう。

続きを読む
対話促進型のアプローチによって生み出される組織の活力──埼玉大学大学院・宇田川元一准教授×One JAPAN代表・濱松誠さん(前編)
2018年09月14日

あしたのコミュニティーラボが2015年秋に取材した「One Panasonic」の活動は、大企業の若手有志団体のコミュニティー「One JAPAN」へと発展した。One JAPANでは各企業の有志団体を集め「共創」していくことを大きな目的に置いている。

そんなOne JAPANで代表を務める濱松誠さんは、その目的を実現するために自身および幹部メンバーの所作として「対話を促進するアプローチ」をとるようになったという。対話を促進するアプローチとは何か? 濱松さんの言うそのようなアプローチは、近年学術界で「ナラティヴ・アプローチ」としても注目されつつあり、「組織の枠組みではやりたいことがやれない」「会社で働くのは息苦しい」など、組織に課題を感じる社員の課題解決の手法としても期待されている。

コミュニティー・組織における「対話を促進するアプローチ」の効果とは? 濱松さんと、ナラティヴ・アプローチの組織論に詳しい埼玉大学大学院・宇田川元一准教授対談から探ってみよう。

続きを読む
地域を巻き込む楽しさや驚きをどうつくり出すか ——情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] のハブ機能(後編)
地域を巻き込む楽しさや驚きをどうつくり出すか ──情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] のハブ機能(後編)
2016年07月28日

岐阜県大垣市の情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] は、1996年に専修学校として開校以来「科学と芸術の融合」を掲げ、さまざまなクリエイターを輩出してきた。最近では地域社会との接点を増やし、地元企業との連携も強めている。地域のコミュニティーと連携して賑わいを創出し、それを一過性のイベントではなく新たな価値として継続させるにはどうすればよいのか。地域を結び合わせるハブ機能の窓口となるIAMAS産業文化研究センター長の金山智子さんに聞いた。

続きを読む
石巻発、制作・教育の両輪で駆動するIT人材の育成機関 ──一般社団法人イトナブ石巻(前編)
2016年06月24日

2016年7月29〜31日、宮城県石巻市にある石巻工業高校で「石巻Hackathon」が開催される。参加者のコア層は、国内から集まるエンジニア・デザイナーといった技術者と、地元の小学生〜大学生たちだ。“初心者大歓迎”を掲げるユニークなハッカソンを主催するのは、一般社団法人イトナブ石巻。地元・石巻からIT人材を輩出するというビジョンの先には、いったいどんな未来が待っているのだろうか。代表理事・古山隆幸さんに話を伺った。前後編でお伝えする。

続きを読む
若手有志のネットワークを外に拡げ、日本の未来にイノベーションを! ──パナソニック有志の会“One Panasonic”(後編)
2015年11月18日

たった1人の想いから生まれた、社内2,000人のネットワーク ──パナソニック有志の会“One Panasonic”(前編) 参加者数にノルマはない、盛り上がれば、それでいい! 2012年3月の結成から約3年半。一定の成功を収めたように思えるが、濱松誠さんは「400〜500人の仲間がいるところからはじめられたのが非常に大きかった」と振り返る。 「こうした有志活動を、社内外でもたくさん見てきました。…

続きを読む
たった1人の想いから生まれた、
社内2,000人のネットワーク ──パナソニック有志の会“One Panasonic”(前編)
2015年11月17日

“One Panasonic”は、社員のモチベーションの向上・知識拡大・人脈形成を目的とした有志の会(2012年3月〜)。社内外での交流からイノベーションの種を生み出そうとする取り組みは外部からも評価され、社内コミュニケーションに関する多数の受賞歴がある。創設者は、2006年にパナソニック株式会社に入社した濱松誠さん。普段はパナソニックのコーポレート戦略本部に在籍し、同社の人材戦略に関わる仕事を本業としている濱松さんが、時間外の手当も出ないこの活動に没頭するのはなぜなのか。大阪府門真市にあるパナソニック本社で話を伺った。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ