注目のキーワード
サービスデザイン

“創発するエンジニア”になるためにエンジニアに求められることとは──成功するオープン・サービス・イノベーションのシステムとは? 澤谷由里子氏に聞く(後編)
2016年12月07日

自社単独ではなく、取引先から顧客まで多様なステークホルダーと共創しながら、今までになかった新たな価値を社会に提供する「オープン・サービス・イノベーション」。複雑で困難な社会課題や事業課題に取り組むためには、あらゆるリソースを持ち寄ることが必要だ。企業での研究開発を経て大学でサービスサイエンスの研究に携わる澤谷由里子先生に、パートナーやユーザーとともに開かれたイノベーションを実現するには何が求められるのか聞いた。(取材場所:FUJITSU Knowledge Integration Base PLY)

続きを読む
エンジニアこそサービスシステムを構想するカギ──成功するオープン・サービス・イノベーションのシステムとは? 澤谷由里子氏に聞く(前編)
2016年12月07日

取引先や顧客などに限らず、多様なステークホルダーと共創しながら、今までになかった新たな価値を社会に提供する「オープン・サービス・イノベーション」。あしたのコミュニティーラボでも、複雑で困難な社会課題や事業課題に取り組む企業や団体を数多く取り上げてきた。では、そこで結果を出すためにはどのような思考が必要となるのだろうか。企業での研究開発を経て、大学でサービスサイエンスの研究に携わる東京工科大学・澤谷由里子教授に、「サービス」の本質を踏まえて、外部に開かれたオープンなイノベーションを構想する手立てを聞いた。(取材場所:FUJITSU Knowledge Integration Base PLY)

続きを読む
【UXで考える伝統工芸6】平木さんと考える、UX THINKING PROJECTのこれから(後編)
2016年07月22日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 「UXの力で伝統工芸の新たな価値を生み出し、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしたい」——。染元平木屋さんと富士通のUXチームがはじめたこの挑戦、約半年のプロジェクト期間を経て、メンバーにはさまざまな展望が見えてきています。前回に引き続き、最終回となる今回は、プロジェクトのその後をご紹介します。 【UXで考える伝統工芸5】平…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸5】平木さんに聞く、UX起点で得られた気づきとは?(前編)
2016年07月22日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 「UXの力で伝統工芸の新たな価値を生み出し、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしたい」——。染元平木屋さんと富士通のUXチームがはじめたこの挑戦、約半年のプロジェクト期間を経て、果たしてどのような価値が生まれ、どんな新しい発見があったのでしょうか。活動報告の最終回は前後編にわたり、平木屋の平木良尚さんを含めたチームメンバーで…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸4】プロジェクトから見えてきた「本染め」がもたらすユーザー体験、現代生活との新しい関係性とは
2016年06月01日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの横田です。「伝統工芸を考える」一連の取り組みも、ついに終わりを迎えました。今回はこれまでの取り組みを振り返り、プロジェクトを通じて検討してきた伝統工芸と現代の生活の新しい関係性、ユーザー体験についてご報告します。 これまでの振り返り これまでのレポートでもご紹介したように、職人、デザイナー、エンジニア、バイヤー、学生、外国籍の方などさまざ…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸3】いよいよプロトタイピングとコンセプト検証へ!
2016年04月07日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 UXの力で伝統工芸を何とかしたい。染元平木屋と富士通のUXチームがはじめたこの挑戦もいよいよ佳境を迎えています。 プロジェクトスケジュール(現在、Day5,6を進行中) UXワークショップ、フィールドワークを経て見えてきたコンセプト(仮説)は「大切なときを共に彩る」。子どもの成長を願うとき、カフェで過ごすお気に入りの時間な…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ