注目のキーワード
ソーシャルデザイン

モチベーションは、人類がコントロールすべき最大にして最強のエネルギー ──電通・岸勇希さんの「コミュニケーションデザイン」(3)
2016年01月22日

消費者がどちらの製品を選ぶのか、選択する要因に「エモーション」が寄与する時代。電通の岸勇希さんは、時代の流れと、自身が体系化した「コミュニケーションデザイン」という方法でクライアントの課題解決を行ってきた。コミュニケーションデザインのコンセプトを発表してから約8年。岸さんは「モチベーションをデザインする段階」が来ることを予測している。人を内面から動かす、新たな段階に求められるメッセージとはどんな要素を持つものなのだろうか。岸さんのインタビュー、最終回。

続きを読む
社会課題解決のアクションも1つの“デザイン”の結果──電通・岸勇希さんの「コミュニケーションデザイン」(2)
2016年01月22日

商品・サービスを販売するための「広告・プロモーション活動」も、今の時代に即した形でもう一度考え直すと「社会課題解決のためのアクション」になる。「コミュニケーションデザイン」という考えを提唱する株式会社電通のクリエーティブ・ディレクター岸勇希さんは、広告だけが答えではないと話す。人々の気持ちを動かすためにどんな仕掛けが必要なのか、その背景にある時代の変化とはどのようなものなのか、3回連続で伺う、第2回。

続きを読む
企業とユーザーの気持ちをつなげる「デザインの原則」とは──電通・岸勇希さんの「コミュニケーションデザイン」(1)
2016年01月22日

トヨタ自動車が小型ハイブリッドカー「AQUA」の販売を開始したのは2011年のこと。翌2012年からプロモーションの一貫としてスタートしたのが、水辺の自然を豊かにするアクションプログラム「AQUA SOCIAL FES!!」だ。過去、あしたのコミュニティーラボでも取材したこの活動は、のべ427回のイベントで4万人以上の参加者を集めている(2015年10月時点)。2015年上半期新車販売台数でもトップに立つなどAQUAの好調な売れ行きにも貢献しているこのキャンペーンで、クリエーティブ・ディレクターを務めたのが株式会社電通の岸勇希さんだ。岸さんの唱える「人の気持ちをデザインする」ための“コミュニケーションデザイン”という考えからは、企業活動を通じてアプローチできる社会課題解決の可能性と課題が見えてくる。3回にわたりお届けする。

続きを読む
ソーシャルデザインのポイントは“Friendly&Fun” ──氷見市×issue+design×富士通デザイン(後編)
2015年07月14日

“名産”“有名観光地”だけを楽しむ関係性に終わらせず、地域とそのステークホルダーたちが継続的な関係をつくる──。「ソーシャルデザイン」という考え方を根づかせ広めるには、どのような要素が必要なのでしょうか。漁業のまちとして有名な富山県氷見市が、都心のビジネスマンのアイデアにヒントを得、新しい氷見ブランドを模索する今回のイベント。後編は全国各地でソーシャルデザイン活動を推進してきたissue+design筧裕介さんのソーシャルデザインのヒントからスタートします。

続きを読む
氷見からはじめる “ソーシャルデザイン”入門 ──氷見市×issue+design×富士通デザイン(前編)
2015年07月13日

地域のブランド価値をさらに高めるには? 先進自治体が持つ課題を、地域と都心のビジネスマンが考えるイベントが、6月9日富士通デザイン主催のもと東京・六本木の「HAB-YU platform」で開催されました。今回のゲストは2名。元ファシリテーターの経歴を生かし、「魚食文化をリードするまち」富山県氷見市長として新しい試みに挑戦している本川祐治郎さん。2人目のゲストは氷見市をはじめ、地域市民を巻き込みながら新しい価値や機会を創出する「ソーシャルデザイン」で地域ブランディングに取り組むissue+design代表の筧裕介さん。多様な人々と新たな関係性をつくり出す“ソーシャルデザイン”の考えをベースに、氷見市の課題と新たな取り組み、求める協力者など現在の動きを聞き、会場全員でアイデアを紡ぎ出した様子を前後編でお届けします。(TOP画像提供:氷見市役所)

続きを読む
【ご参加ありがとうございました】“ソーシャルの力”で地域ブランドは「進化」する ──氷見市の地域創生、次のかたちとは?
2015年05月19日

「地域ブランド」の価値を高め、より大きくするヒントを学ぼう! 富士通デザイン株式会社と一般社団法人issue+designは、あしたのコミュニティーラボを共催パートナーとして、地域の特色を活かしたブランド価値を高めるアクションのあり方と、そこで生まれる価値を探るイベントを行います。 「地域ブランドを通じた地域活性化」の事例とされる自治体は、どのような取り組みを行っているのでしょうか。そこで近年注目…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2019 あしたのコミュニティーラボ