注目のキーワード
トライアルステイ

人生の“転機”に選択する、新しい働き方・暮らし方 ──神奈川県「三浦トライアルステイ」の取り組み(後編)
2018年05月16日

これまでの3年間で「59組・116名」が参加し、1組の移住者、2組の二拠点居住者を生んでいる「三浦トライアルステイ」。交流に重きを置くこの枠組みでは、地元住民や市民グループの協力が欠かせない。

後編では、トライアルステイ参加をきっかけに二拠点居住を決め、現在はトライアルステイの交流会などの支援をしている杉本篤彦さんと、14年前に移住し新しい生業に挑戦、地域活動にも取り組む藤沢宏光さんに話を聞き、三浦の魅力と地域に関わる暮らし方・働き方を探っていく。

続きを読む
人口減少を食い止める?“お試し居住”で地域の魅力を発見する ──神奈川県「三浦トライアルステイ」の取り組み(前編)
2018年05月16日

多くの地域が若年世代の人口減少に頭を悩ませる一方、自然を求めて地方移住を考えたり、二拠点居住で新しいライフスタイルを探る若者も増えている。そのきっかけづくりとして取り組みが活性化しているのが“お試し居住”。埼玉県秩父市や神奈川県箱根町、横浜市金沢区など、国内の複数の自治体で募集が行われている。

神奈川県三浦市もそんな自治体の1つだ。三浦市では、市内ツアーや交流会で地域住民と触れ合いながら新しいライフスタイルの選択肢を検討できる「三浦トライアルステイ」を2015年から実施。地元と移住希望者の「交流」に重きを置いたプログラムと、そこから生まれる新たな地域との関係性について、三浦市、トライアルステイ参加者の双方に話を聞いた。前後編でお送りする。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ