注目のキーワード
中村ブレイス

患者さんのために「考え続ける」 ──ぶれない哲学から生まれる普遍的な価値とは(前編)
2018年07月20日

世界遺産の石見銀山を抱える島根県大田市大森町。人口わずか400人の山間の静かな集落に、全国のユーザーに強く支持される2つのメーカーがある。どちらにも共通するのは確固とした企業理念。どのような哲学が企業に普遍的な価値をもたらし、小規模で革新的なものづくりを可能にしているのか。前編では、病気や事故で身体の一部を失った人たちのために義肢装具をつくる「中村ブレイス」の事例を取り上げる。企業理念にもとづき、徹底的に顧客に向き合うことで生み出されるものづくりの価値について考える。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ