注目のキーワード
伝統工芸

【UXで考える伝統工芸6】平木さんと考える、UX THINKING PROJECTのこれから(後編)
2016年07月22日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 「UXの力で伝統工芸の新たな価値を生み出し、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしたい」——。染元平木屋さんと富士通のUXチームがはじめたこの挑戦、約半年のプロジェクト期間を経て、メンバーにはさまざまな展望が見えてきています。前回に引き続き、最終回となる今回は、プロジェクトのその後をご紹介します。 【UXで考える伝統工芸5】平…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸5】平木さんに聞く、UX起点で得られた気づきとは?(前編)
2016年07月22日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 「UXの力で伝統工芸の新たな価値を生み出し、私たちと伝統工芸の関係性を豊かにしたい」——。染元平木屋さんと富士通のUXチームがはじめたこの挑戦、約半年のプロジェクト期間を経て、果たしてどのような価値が生まれ、どんな新しい発見があったのでしょうか。活動報告の最終回は前後編にわたり、平木屋の平木良尚さんを含めたチームメンバーで…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸4】プロジェクトから見えてきた「本染め」がもたらすユーザー体験、現代生活との新しい関係性とは
2016年06月01日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの横田です。「伝統工芸を考える」一連の取り組みも、ついに終わりを迎えました。今回はこれまでの取り組みを振り返り、プロジェクトを通じて検討してきた伝統工芸と現代の生活の新しい関係性、ユーザー体験についてご報告します。 これまでの振り返り これまでのレポートでもご紹介したように、職人、デザイナー、エンジニア、バイヤー、学生、外国籍の方などさまざ…

続きを読む
【UXで考える伝統工芸3】いよいよプロトタイピングとコンセプト検証へ!
2016年04月07日

こんにちは。UX THINKING PROJECTメンバーの岡田一志です。 UXの力で伝統工芸を何とかしたい。染元平木屋と富士通のUXチームがはじめたこの挑戦もいよいよ佳境を迎えています。 プロジェクトスケジュール(現在、Day5,6を進行中) UXワークショップ、フィールドワークを経て見えてきたコンセプト(仮説)は「大切なときを共に彩る」。子どもの成長を願うとき、カフェで過ごすお気に入りの時間な…

続きを読む
260年受け継がれる伝統の技が、いまも必要とされる理由 ──染元平木屋が現在に伝える仕事と、これから
2015年12月28日

石川県金沢市片町。ここに創業から約260年の老舗・染元平木屋がある。加賀藩御用達の染元としての歴史をもちながら、技術革新や効率性が追い求められる現代においても、昔ながらの技術や仕事は地域を越えて愛され続けている。そんな老舗に、昨年、若き跡取りが帰ってきた。最近では染物のまったく新たな体験を発掘し、これまでにない価値を創造する、「UXで考えてみるプロジェクト」(富士通グループとの共創プロジェクト)もスタート。伝統の名に甘んじず、イノベーティブな発想で新たなチャレンジに挑む、老舗の仕事観に迫る。

続きを読む
【UXで考える伝統工芸1】私たちがUXで伝統工芸にチャレンジする理由
2015年12月21日

みなさま、はじめまして。プロジェクトメンバーの岡田 一志です。 2015年11月、UX(ユーザー体験)で考えてみるチャレンジの第一弾、 UXで考える伝統工芸の取り組みがはじまりました。 これまで私たちは、ICTを中心としたUXを考えてきました。たとえば、個人商店で使用する販売管理システム。店員の方々との対話から「頼られ続ける店でありたい」という目指す姿を抽出し、必要な機能やユーザーインタフェースを…

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ