注目のキーワード
佐藤学

【イベントレポート】Play(遊び・楽しさ)からはじまるまちづくり@夕張
【イベントレポート】Play(遊び・楽しさ)からはじまるまちづくり@夕張
2018年10月10日

日本列島を襲う酷暑が嘘のように涼風が心地よい夏の北海道夕張市。2018年8月3〜7日、沼ノ沢地区の廃校を舞台に、地元の人もよそ者も入り混じって学び合うイベント「学交祭」が開催されました。交流と学び合いのなかから課題解決の知恵を探る「学交プロジェクト」を紹介した「あしたのコミュニティーラボ」もこのイベントに参加。「Playからはじまるまちづくり」をテーマに、トークセッションを展開しました。地域を元気にするのは、誰もが関わりやすい楽しさや遊び心ではないか──。そんな仮説をもとに対話したひとときをレポートします。

続きを読む
ギークな若者が創り出す!? これからの夕張コミュニティーの可能性 ──北海道夕張市・よそ者と地域が交わり課題に挑む(後編)
2018年07月10日

廃校を拠点に、地域内外の人たちが交じり学び合うことで課題解決の道筋を探る──民間から立ち上がった「学交」プロジェクトは、障害者福祉を起点にしたコミュニティーづくりに挑もうとしている。その一方、IT好きの「ギーク」が集まるシェアハウスが夕張に誕生、新たな「よそ者」たちの息吹も生まれつつある。後編では、夕張に吹きはじめた双方向からの「新しい風」に着目したい。

続きを読む
「一山一家」が導く夕張の未来 ──北海道夕張市・よそ者と地域が交わり課題に挑む(前編)
2018年07月10日

自治体で唯一の財政再生団体となった北海道夕張市こそ、日本一の課題先進地域かもしれない。職員みずから身を切り、市民も高い負担を強いられているが、裏を返せば未来の縮小ニッポンを先取りしているともいえるのではないか。

その一方でピンチをチャンスに変える新しい風も吹きはじめた。その姿を知ることは、あらゆる地域再生の取り組みにヒントとなるだろう。今回は「夕張市の今」を取材し、前後編でお伝えする。前編では、夕張市が自治体としてどんな将来ビジョンを描き、未来への希望を取り戻そうとしているか探ってみたい。

続きを読む


  • facebook
  •  twitter
  • RSS

Copyright 2018 あしたのコミュニティーラボ